たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
黄金の遺産収集作戦(二等傭兵・イルルシ)
二等傭兵ラストとなる箱開けアサルトに行ってきました。いつものように(?)、アルザビでシャウトを待っていたら運良く入れて良かった~。

一等傭兵になれば、アサルトで選べる種類が増えて遊びの幅が広がるのに加えて、サンクションの効果時間が3時間から4時間になるのが大きいです。今まで高ランクのシグネットに慣れてしまっていたので、サンクションの切れるのが早いこと^^;ビシージとか肝心なときに切れていて、かけたくても後の祭りってことが多くて。

ぜひとも勝利して一等傭兵になりたいところです!

○黄金の遺産収集作戦

噂では、イルルシのどこかにかつての海賊王ルザフの乗船ブラックコフィン号の黄金の船首像が眠っているらしい。アサルト要員は、追環礁を調査して噂の真偽を確かめ、もし証拠品があるならば、持ち帰るのだ。

作戦目標:黄金の船首像の一部を発見
作戦戦績:3,000

今回の作戦のポイントは、ずばり運だと思います。広めのフィールドに散在しているチェストをあけまくるのですが、フィールドの広さ的に全部あけるのはおそらく不可能・・。制限時間内に見つけるには早めにあたりを引く運が重要になってきます。

しかし、運にたよってばかりではダメで、できるかぎり成功に近づける余地は残されています。ここではPT一団となった迅速な移動と、信じられないほど固い魚に絡まれないことが大切でしょう。

アタリを引けばそこで終了ながらも、ハズレを引くとチェストがミミックとなって襲ってきます。ミミックはたいして強くなくてあっけなく沈みますが、PTを分けて捜索していたり、ソロで箱を開けたりするのは危険な程度の強さは持っています。

チェストの分布は毎回ランダムのようですが、特定の方角に偏ることなくまんべんなく配置されるようです。なので、魚がいない東と南エリアを迅速に移動しつつ箱を開けていき、それでもなかったら北エリアに捜索の手を広げるといった作戦が主流になっているようです。


・・・・・・・


LSの話を聞く限りでは、あっけなくアタリを引いて終了になったという声が多くて、あまり参考にならない。で、アタリが簡単に引けるのかと思ったけど、なかなかアタリがでません。南、東と捜索が終わり、北エリアに向かう途中で、一瞬PTに不安そうな雰囲気がよぎりました・・。

さらに、北エリアに入った途端、魚(インスニ見破りらしい)にからまれ、なし崩しに戦闘に入る。時間が少ないってのになんて固さなんだ・・!焦燥感がPTを包みました。このまま終わってしまうのか、と思われたそのとき、「船首像みつけたー」の声が。このままだと終わってしまうと考えた白タルさんがミミック覚悟で箱をあけて、それが運良くアタリだった模様!こんなこともあるんだなぁ。

幸運にも助けられ、二等傭兵アサルト全クリアです!一等傭兵になったからといって急に何が変わるわけでもないですけど、素直に嬉しいです。次は上等傭兵を目指すというわけではなしに、気楽に遊びながら上に上がれたらいいなあくらいの気持ちでがんばりたいです^^

c0048329_20293485.jpg

[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-14 20:36 | FF11 アサルト