たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
[AM]はるかなるスキルブーストと猫の絆(42.巨人の懐へ)
こんにちは。

ヴァナでは、アトルガンミッション(以下AM)を進めてきました。いよいよクライマックスといった雰囲気の中、バトルフィールドの難易度もどんどん上がっている気がします。

まあ、気合を入れていかねば!と思いつつ、遊び心をもって進めよう~というのがAMを進めるにあたっての僕のコンセプトみたいなもんなので、悲壮にならない程度に(?)作戦立案に取り組んでます(´ー`)



今回のミッションのポイントは、ギアを抑えることであり、ギアを寝かすことができるのはリポーズを除くとララバイだけみたいです。このララバイが安定して入れば、ギアの足止めもスムーズに行き、クリアも容易になるってものです。

・・で、その「安定して入る」レベルというのが、どうやら管楽器スキル270程度の模様。なんだってーーーー!どうやったらそんなにスキルブーストできるんだ・・。無理だろコレと思いつつ、管楽器ブースト装備を倉庫から集めておきます(僕は詩人の装備としてはMP増強が好きなのです)。

がんばっておけば、少しは入るかもしれないじゃない?

〇僕的管楽器スキルブースト

メリットポイント +4
ウィンドトルク +7
ミュージックピアス +5
ウィンドピアス +3
バードカフス +3
CHキャニオンズ+1 +8

合計 +30

僕の限界はスキル250程度だったようです。何270って・・。

ララバイでの安定した足止めはとても厳しそうなので、おとなしくメンバー一人一匹キープ作戦でいくことにしました。偉大な詩人なら仲間に楽をさせられるのになぁ・・僕には無理(*'-')

〇巨人の懐へBC概要
・3連戦方式
 1戦目=青魔導士HP3,800 &ギア×4 HP2,000/体
 2戦目=青魔導士HP2,200 &3連ギア×4 HP2,000/体
 3戦目=ソウルフレアHP12,000
・青魔導士にはすべての寝かしが有効。グラビデも入る。
・ギアに対しては、
 リポーズ=〇
 ララバイ=△
 グラビデ=×
 バインド=〇
・ソウルフレアにディスペルは効かない。フィナーレがあると楽になる。
・猫型NPCが参戦。攻撃力は高いが打たれ弱い。
・猫型NPCがやられると敗北となる。

基本としては、寝かしやすい青魔導士を寝かせておいて、ギアをキープしつつ順次撃破していくイメージで実戦に臨みました。

編成は、忍/戦 侍/踊 踊/忍 詩/白 赤/忍 赤/暗 (僕は詩人で参加)。忍踊赤赤の4人がそれぞれ一匹ずつギアを担当し、侍詩がサポートとしてギアを撃破してまわります。たぶんこれでいけるはず。問題は猫NPCがどう動くかわからないことです。とりあえず入ってみよう~ということで、突入。

突入すると奥の部屋に青魔導士が1体待ち構えているのが見えます。こいつに敵対行為を取ると、台詞と共にギアを召還してくる仕組みになっています。突入前に混乱しないよう、誰が左側のギアをとるとか決めておいたのですが、逆にそれが混乱を招く羽目に!

というのは、ギアの動きはかなり早く、しかも左右にふらふらしながらこちらに向かってくるため、どれがどれなんだか判別しにくいのです。さらには、直接攻撃でターゲットをとろうとしていたところ、動きが早すぎて攻撃が当らないという事実も混乱を助長しました。

それでも各自のうけもちを修正しつつ分担できたのは、各々の経験のなせる技だと思います。ただ、猫NPCがやっかいで、寝ているギアをたたき起こしたり、これでは味方してくれてるんだか邪魔してるんだかわからない(;´д⊂)

結局、あっけなく猫NPCが昇天なさって、1戦目は終了。ロゼ猫さんいわく「猫だから許す」。おなじく猫の踊り子さんも賛同していたので、猫の絆はNPCにまで及んでいるようです!

c0048329_04677.jpg
      ↑せいいっぱいブーストしてみましたー!の図。あまり役に立たなかったけどね・・。

さて、気を取り直して突入した2戦目も猫NPCに振り回されることに。今度は前回の轍を踏まぬよう、猫NPCが攻撃した敵を忍者のずーさんが挑発でかっさらうことを確認しての突入だったのですが・・。なんと、一直線に青魔導士を襲う猫NPC。青魔導士はギアよりも数段硬く(あたりまえか)、倒すのに手間取っているうちにマラソン陣が壊滅してジ・エンド。

続いて3戦目。これまで悩ませてくれた猫NPCの挙動にだんだん慣れてきました。この猫NPCは、視覚アクティブ状態に近く、自分の目線の一番近くにいる敵を自動的に襲うようです。普段はギアを襲いますが、青魔導士のギア召還のタイミング如何では青魔導士を襲うようです。これは運の要素もかなりあるかなー。

3戦目は、それぞれの仕事をきっちりとこなすだけでなく、メンバーの距離感も良く、さくさく攻略していきます。パーティがまとまると、さっきまで惨敗していたのに、スムーズで美しい戦闘が行えるようになるなんて。まさにMMOの醍醐味というやつでしょうか^^

今回のバトルフィールドは、ナイズル島という設定なので、いつものナイズルと同じように部屋が連なった構造になっています。こんなに広いバトルフィールドでミッションの戦闘を行うというのも、なかなかに新鮮な感じがしました。

最後のソウルフレアはもっとも楽で、あっさり勝たせていただきました。2戦目の3連ギアがやけにでかくて、ギアが12匹いるように見えたのには驚きましたが・・。3戦目まできてしまえば、勝ったも同然のバトルフィールドですね、ここは。

あー、あと管楽器スキル250程度でもララバイはそれなりに効きました。50%には行っていない感じで、達ララまで使うことになるので、周囲に影響を及ぼしてしまう恐れはありますが、詩人でキープするという手もありかな・・とは感じさせてくれました。

c0048329_055919.jpg
      ↑過去世界の彗星。アルタナミッションもいずれは追加されていくのかなぁ。

これで残すは「44.少女の決意」のみ。今日はおしまいにしようと思いきや、踊り子猫さんから、次もためしで突入してみませんか?との提案が。一気に終わらせるのはあまり気乗りしなかったのですが、無下に断るのもどうかと思いまして。

というのは、この踊り子猫さんは、僕らと同じ時間帯にシャウト募集をしていた方で、「前回のミッションも一緒に戦ったしよかったら一緒にどうですか^^」とお誘いした方だったのです。彼女がリーダーだったなら、ラストまで進めてしまおうと考えていたかもしれない。

こっちの都合にあわせていただいたので、そこは尊重したいなと。それに、この勢いのままだったら、いける!という先へ先へという気持ちもあったのでした。

c0048329_07338.jpg


でーもー、折りしもナイズルは人でごった返していまして、バトルフィールドに入ろうとしても、「占有中です」と冷たい返事が返ってくるばかり。アサルト形式で占有中って初めて見ました。結局12時をまわりそうだったので、この日は断念して撤退することにしました。

その代わり、今回のメンバー全員の都合を、木曜日か週末にでも確認して一緒に進もうという提案をさせていただきました。袖触れ合うも何かの縁。踊り子猫さんとはこの一連のミッションではじめて組ませていただきましたが、ラストまで一緒にいくことになったのでした。

こういう展開も、なんだか今までAMを進めてきたコンセプトにあっている気がして可笑しくてしかたないです。シャルさん&ヒガンさんを核に開始し、シャウトで人を集めながら、時にはLSのメンバーに助けていただきながら、進行度が同じだったロゼ猫さんを迎え、先行者のずーさんを巻き込み、最後の6人目は野良シャウトで知り合った踊り子猫さんが入ることになったのですから。

最初から計算していたわけではなくて、ミッションを進めるごとに次第にパーティが出来上がっていった感じがすごくいいんです。ヴァナの神様は存在するかもしれないと思ったくらいに^^

これで6人メンバーが固まり、いよいよラストです!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-31 00:10 | FF11 アトルガンM
なんでお酒を飲むんだろう
こんばんは。なんか寝付けないので連続投稿です。

4月1日付けの異動が発表になり、僕はこんなに人気者だったのか!と勘違いしてしまうほど、毎日の昼飯と夜の飲み会に約束が入る日が続いています。仲が良い人はともかく、お義理で誘ってくれる人もいると思いますけど、そうしてくれる心遣いだけで十分すぎるほどありがたいです。僕なんてたいしたもんじゃないのにって良く思います。



そんな中、「からみ酒」の人も混じっているわけで。普段は理知的で感じのよい人なのですが、お酒が入るとやたらめったら議論をふきかけてくるのです。この日は「なぜ人は酒を飲むのか?」。やけに哲学的なテーマです。僕の送別会じゃなかったのか。。


「お酒にもいろいろな飲み方があり、人を癒してくれたり、気分を朗らかにしてくれたり、考えを深めるのに役立ったり・・。今はおおいに笑い、おおいに話すための潤滑油として、お酒を飲んでいるのだと思います。」
「ふーん。だったら、お酒を飲まなければ、おおいに笑ったり、おおいに話したりできないのか。それはイツワリじゃないのか?」


せっかくの楽しい雰囲気が・・やれやれ^^;サシでの飲みだったら、こういう議論も嫌いじゃないんですけどね。


「確かにお酒の力を借りて笑ったりすることには違いありませんし、それは見方によっては偽りかもしれません。でも、人と人との関係を滑らかにするのだったら、それで十分ではありませんか。」
「それが偽りであってもか?」
「そうです。だいたい、何が純粋で何が偽りかなんて、しらふのときだってあやふやじゃないですか。偽りだったとしても、全てを否定するのは行き過ぎだと思います。」
「清濁併せ呑むってやつか。」
「それに近いかもしれませんね。でも、僕はお酒を飲んだときのほうが、その人の素の顔が見える気がして好きですよ。」
「君は偽善者だな。」
「はは・・そうかもしれません。でも、偽悪者よりも良いと思いますよ。」


だんだんうんざりしてきたのが話しぶりからもわかります。この後、別の人に話しかける振りをして、強引に会話終了。おつかれさまでした^^;
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-30 03:37 | 徒然生活
[サッカー]日本代表vsバーレーン
W杯アジア3次予選の山場、アウェーでのバーレーン戦は、相手は格下なのに負けるべくして負けた、そんな試合でした。何度TVのスイッチを消そうとしたことかヽ(`Д´)ノ

いままで日本代表は、実力が拮抗している相手よりも、格下と目されるチームとの対戦で苦労を重ねてきました。それが、格下は格下でも、しっかりとした組織と技術、強力なFWを擁するチームならなおさら苦しむのは自明の理。バーレーンが実像よりも嫌な相手に映るのは、そういった理由からだと思います。

さらに、岡田体制になってから、なぜか怪我人や不調者が続出し、満足な布陣をしけなかったのも、この試合を困難なものにさせた要因かもしれません。中盤でハードな守備をこなしつつ、前線への力強い攻め上がりが期待できた稲本選手の離脱は残念です。

一方、バーレーンは予想以上に良いチームでした。前回のアジア最終予選で対戦したとき、後半終盤にまさかの自殺点を献上して泣きながらピッチを去った10番のサルミーン選手は精悍さを増し、9番のA.フバイル選手は難しいヘッドをゴールに結びつけて結果を出しました。試合後の監督の「ホームでは勝てる」という言葉に、誰も(?)根拠を感じなかったのも無理はありません。



僕なりに一番大きな敗因と感じられたのは、日本DF陣の不安定さです。中澤選手を中心とし、阿部選手、今野選手で組むなんとも不思議な3バックは、試合を通して実に不安定でした。本職がボランチである選手をDFに起用したのは、正確なフィードからのビルドアップを期待してでしょうが、この試合のようにロングボールの蹴りあいとなってしまうと、脆弱さばかりが前に出てしまった観があります。

一発で体を入れ替えられたり、マークしている選手への詰めがあまかったり、危ない!というシーンは山ほどありました。極めつけは失点のシーンですよね。これなら、阿部選手をボランチで起用し、代わりに本職のDFを起用したほうが良かったのでは?と誰もが思うところでしょう。

これでは、川崎のジュニーニョ選手が帰化して日本代表入りしても、旧態依然としたサッカーの中で埋没するだけかもしれません。見ていて気分が重くなるような試合でした。やってる選手はなおさらでしょう・・チーム内の雰囲気が険悪にならなければいいけれど。

それでも今後の奮起に期待しちゃうんですけどね・・(*'-')
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-30 03:13 | スポーツ
[リンバス記]引くに引けぬ1時間(アポリオンNW)
こんにちは。

少し前の話題なのですが、フィギュアスケート世界選手権で浅田選手が優勝しましたね。彼女の演技になると、なんだか解説者陣まで緊張しているのがTVから伝わってきて、技が決まるたびに「うっ・・」とか「はぁ・・」とか声まで聞こえてきたり。それだけ親身になって応援しているということなのでしょうか。

浅田選手のフリー演技の中では、最初の3回転ジャンプに失敗したあとの表情やしぐさが一番印象に残りました。無心と表現すべきなのか、頭を切り替えたというよりも本能的に演技に復帰した姿勢は途方もない練習量を想起させましたし、勝利への執念なのか目がギラリと光ったように感じました。さすが世界のトップを行く選手は違いますね・・。

これで日本選手が大会二連覇。ヨーロッパで行われた大会であるにもかかわらず、この圧倒的な勢い。いつかジャンプ競技と同じく、欧米主体の競技団体がルール改正、という動きがでるんじゃないかと不安になるくらいです。それにしても安藤選手は残念でしたね・・。

c0048329_132553.jpg
     ↑あさやけのジュノ上層。

さて、今週のリンバス活動はアポリオンNWでした。ひさしぶりに突入までむちゃくちゃ待たされた回になっちゃいました。

14時に集合した時点で、突入中のグループが13時30分に突入したことをつかんでいたので、道中で適当に器官取りでもしながら、ゆっくり到着すれば、それほど待たないで突入できるのでは?と思い、編成もNW仕様にしてやる気満々。

途中、アポリオンの中を行ったりきたりして突入待ちの有無を確認しつつ、外ではクラゲさんを2匹狩ったり、まさにヨユーの行進。しかし、余裕かましすぎたかもしれません。僕らが外でクラゲさんと戦闘している間に、他のグループがNWへ突入するのを見逃してしまったのです!

別の場所に突入する予定だったグループが、NWがあくのをみてNW突入に切り替えたらしいのです。目的地切り替えまでは予想してませんでした・・油断というか、僕のミスです(;´д⊂)

c0048329_1334962.jpg
     ↑過去世界の音楽を聞いていると、なんだかクロノ・トリガーを思い出します。

仕方ないので、外で器官取りをしたい人と中で放置してゆっくりしたい人にわかれて、NWがあくのを待ちます。SWに切り替えることも考えたのですが、ここまで待ったのならNWに突入しておきたいなと思い直し、あせらずに遊びながら待つことにしました。

突入中のグループには何度かTellを送ったのですが、少人数での突入で余裕がなかったのか、あるいはログにまぎれて見落としてしまったのか、まったく反応がありません。せめて現在何層を進行中かがわかれば、待ち時間も予測しやすいんですけど・・こればかりは仕方がないです。

さすがに執拗にTellを送るのはいかがなものかと思いますしね。

c0048329_1351687.jpg
     ↑倒してもあまり報われないことの多いカメさん戦。この日も(´_ゝ`)

そうこうしているうちに、15時スタートのラセンさんが所属するLSさんが到着(彼らはオメガ戦予定でした)。僕らは14時スタートですから、突入待ちの状態で会うことはあまりないので、この日の待ち時間がいかに長かったかがうかがえます。メンバーからは、「順番まちだし仕方ないよ^^」と温言をいただきましたけど、やっぱLSのリーダーとしては逐次たるものがありました。次に生かしたいです。

ようやく突入できたNWですが、やっぱこのコースは一番リンバスらしいコースですねぇ。HNMの出現を時間をかけて待たずとも、HNM風(!)のBOSSと気軽に戦えるのは、リンバスというコンテンツの原型なんじゃないかと思ったりします。最終層のカイザーベヒーモス戦は、まさに狩りという感じですしね!

たくさん待った影響か、この日は前衛さんたちがはりきっていて、カイザーがメテオを詠唱している間、果敢に攻撃を敢行していました。そのおかげでメテオの隕石が落下するする。ロゼ猫さんが白魔できていてほんと良かった(´ー`)。

来週は、リーチ状態のアポリオンに行くか、忍者などの素材を求めてテメナスを少し進めに行くのかフリーハンドなのがうれしいところ。さて、どっちにいこうかな^^

〇3月23日の活動結果
アポリオンNW
[ナ青詩黒黒白][侍狩シ召]
素材 古銭×56 忍忍戦侍シ獣
結果 クリア
チップ Lar [北 1F 2F 3F] [NE NW SE]  Roze [西]

[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-28 01:51 | FF11 リンバス
[AM]34.山猫の皮算用&35.亡国の遺産
こんにちは。

3月も残り少なくなってきた今日この頃、ひたひたと迫ってくる花粉症の恐怖(?)におののいています。あれって体内に蓄積された花粉の量が一定に達すると(人によって違う)発症するらしいじゃないですか。

花粉症の人はとてもつらそうだし、いつかは鼻が~とか頭がいたい~とか目がいたい~とか毎年苦しむことになるのかな。すでに発症している人から見れば何をバカな!という感じかもしれませんけど、ひたひたと発症の時期が迫っているのではないかという想像もなかなかに苦しいものです。

ま、桜咲くこの時期はかわらず好きなんですけどね!

c0048329_1414192.jpg


さて、ヴァナではアトルガンミッション(以下AM)をすすめてきました。3月の終わりにちょうどクライマックスがくるようにスケジューリングしたのですが、今のところ順調に進んできていると思います。

この日は朝から体の調子が悪くて、ゲームやってる場合じゃないよなーと思いつつ、約束は守りたいのでログインします。オンラインゲームを知らない人から見ればバカみたいな行為かもしれませんけど、現実のつきあいの中であってもゲーム内であっても、それは同じ重みを持つ約束なんですよね。

・・といういいわけを書きつつ(!)、この日は段取りがとてもとても悪く、参加者のみなさまによけいな時間を使わせてしまいました。「いいよ~それで」で適当に決めていくと、全員を巻き込んでしまうんだね。まことに申し訳ない(;´д⊂)



具体的には、このミッションで必要となるイフラマド金貨を持っていなかったのは僕だけで、参加者募集シャウト終了後に急いで取りに行こうとしたら、PTのメンバーの大半がつきあってくれちゃったわけです。アズーフに飛ぶ>金貨取る>白門戻る>ドゥブッカへ飛ぶ・・最初から白門にいてもよかったんじゃない?ってなことに。

こんなのソロで取りにいけるのにね。ミッションの進行具合によって集合場所をはっきりさせておかなかったことが災いしました。集合場所がわからなければ、リーダーの元に集まってくるのは自明の理というか。

ロゼ猫さんいわく「なかったことにしとくよ(´з`)y-~」



そんなこんなで混乱しつつも意外に早くBC前に集結できました。AMは人数が集まるミッションでは、移動の手間をなるべくかけないようにつくられているのが、良くわかります。

それでは本番です!(編成:忍侍シ赤黒白、僕は黒魔で出撃)

〇亡国の遺産BC概要
・敵は1匹で忍者タイプ。
・HPを8~9割程減らせば、イベントが起こり戦闘終了となる。
・特殊技で分身を5体だしてくる。出現後、20秒程で消える。なお、分身は寝ない。
・分身は本体のターゲットを攻撃するが、ヘイトは継承しない。
・本体は、攻撃間隔は長いが二刀流&ダブルアタック発動率も高めで、運が悪いとさくっとやられてしまう攻撃力を持つ。WSも強力。
・ある程度削ると、微塵がくれを使用する。分身も連動して爆発する。

敵は一体ですが、分身を出してくるところがポイントとなりそうです。

分身は戦績BC「プークの幻影」と似たようなイメージですが、寝ないとのことなのでマラソンがベターと思われます。なので、赤魔のシャルさんにサポ白になってもらい、ストンスキン・ブリンク・ファランクスをかけた状態でなんらかのガ系魔法を撃ってマラソンにはいってもらうことにしました。

また、微塵がくれ使用時に分身も連動して微塵がくれをしてくるようなので、本体の体力が5割きった時点で分身を出してきたら、いったん攻撃を中断してマラソンに集中することを確認しました。

ここはナイト盾推奨なんですよ~と、忍者のロゼ猫さんにプレッシャーをかけつつ(?)、前衛は全てサポ忍にして時間を稼げるようにしてみました。シーフさんは踊り子もLv75とのことで、踊り子Lv75の戦いを見てみたい気もしましたが、シーフの回避力とヘイトを盗んでの持久力を選択。戦闘位置は崩れたときを考えて入り口とし、マラソンは広場で行うことに。

用意が整ったところで、いざ尋常に勝負!



意外に本体は弱いです。精霊はすぱすぱ通りますし、HPもばりばり削れていきます。これは楽勝かも?と思い始めた頃に、台詞と共に分身出現。それにしても良くしゃべる敵だなぁ。

分身は出現範囲が思ったより広めで、出現した位置にとどまって術や遠隔攻撃を行いだしたので、なかなかまとまりません。赤魔シャルさんのバニシュガも二体巻き込むにとどまり、僕が残りの三体にブリザガを撃ち込んでマラソンをサポートすることに。

やった感じ、分身は遠隔攻撃が多いので、あまり圧迫感はありません。赤魔じゃなくても五体ひっぱることは可能かもしれませんね。まあ、ひ弱な黒魔は余計なことをせずに削りに専念したほうが貢献できると思いますけど。



敵のHPが半分をきったあたりでロゼ猫さん戦死。WSか?と思いましたが、通常攻撃が2連発で入った即死でした。一撃360程度が2発+α。後衛陣なにもできず・・ごめん!

しばらく侍のヒガンさんとシーフさんでピンポン気味に耐えていましたが、ここで微塵隠れが炸裂!これでヒガンさんが倒れ、一気に戦況は緊迫してきました。ちなみに微塵隠れの最大ダメージは1000と思われます。1000というダメージだけきりの良い数字でした。

シーフさんが耐える中、じりじりと減っていく本体のHP。もう少し削ればイベント発生まで削れるかもしれない。ここで精霊の印+フリーズIIを撃ち、さらに魔力の泉を開放してラッシュに入ります。が、このラッシュでも削りきれず。僕、さくっと死亡(´ー`)

しかし、残りわずかなのは間違いないので、「スリップダメージをできるだけ入れてマラソンしよう!」という意見を採用してマラソンへ。最後はぐたぐたでしたが、なんとかイベント発生→勝利に持ち込みました。危なかった^^;



戦闘終了後、地理に明るいシーフさんの先導で残りのイベントも見て解散。それにしても、アトルガンの地理に全然疎いな僕は・・と、このときほど思ったことはありません。白門に座りっぱなしだからなあ。時間があるときにでも、少しまわってみようかな。風景も綺麗だしね。

AMも残すところあと二戦。急いでいるわけではないのですが、3月から4月という区切りの季節にAMも区切りをつけられたら良いなあ、と思ってます。ヒガンさん、シャルさんに加えてロゼ猫さんが今回加わり、次の巨人~でずーさんが加わり、少女~でもう一人加えてラストになだれ込みたいところです。

ま、3月30日に大団円を迎えられるかは誰にもわかりませんけど(*'-')b
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-23 13:53 | FF11 アトルガンM
[リンバス記]リポーズに負けたララバイ(アポリオンSE)
こんにちは。

今週のリンバス活動は、アポリオンSEでした。ほんとはNWを予定していたのですが、僕らが出発する同時刻に、白門でNW突入参加募集のシャウトがあったようなので、目的地を変更しての突入です。

別に先週から決めていたことなのだから、そのまま突入してしまえば良いんじゃないかな~という意見もあったのですが、少し考えた結果気になるところが何点かあったので、それはやめようと。

シャウトを知った上で先に到着してしまおう、というのはなんとなく気乗りしなかったのがひとつめ。そして、僕がそのシャウト主ならば、自分が叫んでいる間に仲間を先行させてNW突入待ちをさせると思うし、到着した後でNWに突入できない可能性がある、と踏んだことがふたつめ。

そんなわけで、平和的かつリスクの少ない突入になったのでした(´ー`)

c0048329_19282466.jpg


SEは、各層で無効となる武器(打・斬・突)があるかわりに、他の武器の攻撃力は2倍になるという、前衛さんバンザイのエリア。その恩恵は物理系青魔法にも与えられるようで、ヘッドバッドのダメージが、自分の頭まで割れそうなくらいのダメージに膨らんだりしてました。

そんなこんなでドカドカ進んでいくと、当然ながらリンクも発生するわけです。詩人で参加していた僕は当然リンク処理に参加するわけで。しかし、常に闇天候×2という特殊エリアであるアポリオンでは、ララバイの威力は半減するわけで・・。

もちろんスキル強化したり、もとから闇属性の敵(スケルトン族など)にはララバイも通じるのですが、やっぱり詩人としては悲しい。そんな中、同じ光属性の寝かしである、白魔法リポーズはすぱすぱ通ってるじゃないですか。ずーるーいー!

闇属性の寝かしであるスリプル系が、アポリオンのみならず、光天候×2という特殊エリアであるテメナスでも効果を発揮するのも、ありがたいけど変な話だなと思ってましたが、影響を受けているのはララバイだけだったのね(;´д⊂)

アポリオンだけではなく、プロミヴォンなどのエリアでもララバイが通じにくいのは、裏パッチでもいいから改善して欲しいと思ったこの日の活動でした。

〇3月16日の活動結果
アポリオンSE
[ナシ青詩黒白][侍侍暗]
素材 古銭×47 ナモシ黒召
結果 クリア
チップ Lar [北 1F 2F 3F] [NE SE]

[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-20 19:30 | FF11 リンバス
街は踊りにあふれていて
こんにちは。

先日のヴァージョンアップで、感情表現に/dance1~4が追加されました。簡単に言ってしまえば、踊り子のジョブを上げていない人でも、簡単に踊れてしまう素敵なコマンド。

これは・・街の風景が一変したというか、バトルフィールドの待合場所などでも、みんな踊る踊る。もともとアビリティのモーションとして作られているだけあって、従来の感情表現とくらべると、実に凝った動きができるので、踊っているだけで楽しい。そのうち飽きるかもですけど、これは素敵な変更点ですよ。

そのうち、別のジョブのアビリティも感情表現で使えるようにならないかな。精霊の印みたいな効果音がでるものは難しいかもしれませんが、アトルガンミッションでアフマウなどが見せる多彩な表現が使えるようになったら面白そう。壁の上に座って、脚をぶらぶらさせたりw

いきおいあまって詩人のマクロに組み込んでみましたけど、なんか使いにくい・・。動きが派手なだけに、モーションの終了と詩の効果発動が一致していないとどこかちぐはぐだし、詩を受けているほうもわかりにくいと思うんです。

いまのところ街の片隅で実験を繰り返しています。そのうち実戦投入するかもね(*'-')b
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-17 00:14 | FF11 ヴァージョンアップ
経験を伝えることの難しさ
こんにちは。

FF11とほとんど関係のないお話なので折りたたみにします。

More
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-16 23:53 | 雑談&戯言
[AM]一瞬の覚悟と勝機(31.暗雲の去来)
こんにちは。

日曜日の夜は久しぶりにアトルガンミッション(以下AM)を進めてきました。今回は「31.暗雲の去来」です。行きなれたペリキアでのアサルト形式の戦闘ということで、さくっと行けちゃうかな~と思いきや、聖都に魔笛がない!これじゃ戦績ワープつかえないじゃない(;´д⊂)

なんて間が悪いんだ・・と嘆きつつ、通常のアサルトを受けた状態でペリキアにワープしてもミッションの戦闘を選択できることを確認して一安心。歩いてペリキアまで行くのは遠すぎますからね~^^;



さっそくシャウトにとりかかりますが、この日は今までのAMで一番シャウトの食いつきが悪かったです。途方にくれてしまうくらい反応がありません。30分叫んで希望者ゼロって。

それを見かねたのか、ヒガンさんからジュノで叫んこよっか?と提案があり、お願いすることに。AMのシャウトを待っている人はジュノじゃなくて白門にいると考えるのが普通ですが、こうなったら「PT参加希望を出してたけど誘われなかった。じゃあ何しようかな~」という層にターゲットを向けたわけです。

そのかいあってか、2人の希望者からTellがあり、さらにグレさんを招聘してPT完成です。編成は、忍侍獣詩赤白(僕は詩人)。今度から叫び始めるのはPT希望者が誘われ待ちを止める21時ちょっと過ぎくらいに始めた方が良いかもしれません。

でも、21時からやるよ!と宣言した以上は21時前にシャウトを始めて、21時には出発できる体制を整える姿勢を示すことも大切かなとも思いますし、うーん。

c0048329_0174638.jpg
     ↑シャウトするの図・・・哀愁漂ってます。

シャウトはさておき、ペリキアに飛んで戦闘に入ります。

〇暗雲の去来事前情報
・ラミア(K23H1-LAMIA)を3匹倒すとイベントが発生して勝利となる。
・ラミアの遠隔攻撃の追加効果で毒(80hp/3sec)になるので毒消しがあったほうが良い。
・ラミアは大群(10匹前後)でいるので、リンクしたのを寝かして撃破かペット釣り。
・ラミアはそれほど強くなく、各個撃破できれば問題ないレベル。
・スリプルは入るが、耐性がつくのか寝にくくなる模様。
・死亡しても経験値ロストはなし。

要はリンクをどうさばくかがカギになりそうです。

経験値ロストなしの上に、再チャレンジも簡単ということで、上の注意点を確認してから気楽にいこーと突入。

スタート地点からみちなりに南東へ進むと、洞窟の出口にたどりつきます。その洞窟の出口にたむろするラミアの大群。これは・・。予想以上に密集していて動きも早いですし、ペット釣りでも成功するかどうか。

ゆっくり機を伺おう、と獣さんがじっくりタイミングをはかっているのを見守ります。あ、カニ君が動いた>ラミアにアタック!>めちゃくちゃリンクして戻ってきた(゜Д゜)

ダッシュで戻ってくる獣さん。ここはすかさず範囲寝かしを撃つところですが、獣さんはPTを通り過ぎて洞窟の中へ入ってマラソンに移る構え。そうか、その覚悟生かすよ・・かならず。



突入前には語らなかったことですけど、釣りが失敗した場合は無理に寝かしに入らずに、そのままマラソンで時間を稼ぎ、そのまま死んでもらうことも考えていました。だって、「経験値ロストなし」なんですから、この方法で一人一殺式にいけば2人程度の犠牲で楽勝なのです。

それに地形はマラソン向きで、さらにラミアは遠隔攻撃を良く使うようだし、十分粘れる可能性は高い。ただ、あまりにも非人道的(!)な作戦のため、なんにも言わなかっただけです。獣さんがそのままマラソンに入らずに、PTに助けを求めて駆け込んできたら、寝かしを駆使してリンクをさばきながら戦うつもりでした。

そのためにソウルボイスである程度の時間をしのげる詩人できたわけですし。ここで負けたとしても2戦目はその戦術を徹底させれば良い・・と考えてました。



でも、獣さんは上で書いたようなことをわかっていたのか、迷うことなくマラソンに入りました。ならば僕らはその覚悟を生かし、迅速にラミアを削っていくのが上策。獣さんが倒れるまでに2匹目を倒すか半分以上削れば・・勝つ。

ラミアは事前情報どおり弱く、強烈な毒攻撃を除けば、その辺にいるフツーのラミアとあまり変わらない感じです。セミ持ち前衛ならば、タイマンでいけると思います。そうこうしているうちに2匹目を撃破し、獣さんを追っていたラミアに挑発をいれて3匹目。獣さんも戦線復帰し、速攻の勝利です。

かわりに赤魔のシャルさんが死んでしまいました。彼は獣さんがマラソンに入るやいなや、マラソンのサポートにまわったのです。おかげで獣さんも死なずにもどってこれて、リンクしたラミアがPTを襲うこともなかったわけで、まさにグッジョブ!

一方、僕はほとんど役に立つ場面がありませんでした、ふっ・・(´ー`)


これで次は「35.亡国の遺産」というところまできました。ようやく追いついたぞ、ミニさん!来週の日曜日もメンバーの都合が悪くなければAMに行く予定なので、そろそろヴァナに復帰しないと追いてっちゃうよ。

なんてね^^
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-14 00:25 | FF11 アトルガンM
[リンバス記]寝てる間に生まれた36個目のパール(アポリオンNE)
こんにちは。

VU直後のR0現象(回線が不安定になること)は、どうやら僕だけではなかったようですね。VUの結果何かしらの不具合が生じているのかな。土日までには復旧して欲しいなぁ。



さて、今週のリンバス活動はアポリオンNEでした。3月の活動としては、アルテマ戦はひとまず置いておいて、アポリオンをひとつずつ回っていくことになりそうです。あせらず一歩一歩・・ですね。

副将格のミニさんとシロさんが多忙のためお休みしているので、その間は僕がふんばらないといけないですよね。そう思ってたんだけど・・いきなり寝坊してしまいました。あと1時間だなぁ・・と思いつつうたたねしたら集合の14時過ぎてたよ(;´д⊂)

ひじょーに申し訳なく思いつつ、みんなも困っているだろうと急いでログインすると、「おはよw」と迎えられてしまいました。理由説明する前にバレてる。そ・・そんなに遅刻多いわけじゃないんだけどな^^;

編成は混乱してたし出発も遅れてしまったし、本当にごめんなさい_(._.)_



それはさておき、この回から待望の新メンバーであるフィウさんがLSに加入しました。LS設立から通算して36人目で初のタルタル女の子のメンバーです。黒白召ができる後衛のエキスパートで、実に堅実なスキルを発揮するタルタルさん。僕の所属LSのLSメンバーでもあります。よろしくね!

フィウさんが初参加ということで、アポリオンの中でもリンバスらしさを満喫できる(?)NWに行きたいところでしたが、サーチの結果突入待ちがいる苦しい状況。次善の策ということでNEに向かうことにしました。

c0048329_23591958.jpg


アポリオンNEはリンバス屈指の古銭拾得数を誇るコースですが、編成の最中寝ぼけていたのか、トレハンがひとつもない編成であることに突入寸前で気づきました。後衛は十分足りていたので、いまじんさんに赤からシーフに着替えてもらえばよかったな・・と思いつつ突入です。

この日の釣り役はいまじんさんに一任してみました。いまじんさんは、僕の所属LSのリーダーであり、僕が駆け出しのころからレベルがカンストしていた大先輩。でも、それほど参加率の高いメンバーではありません。

釣り役にはそれなりの知識が必要なので、どんな釣りを展開するのか、先輩には申し訳ないけどチェックの意味もこめて釣り役に起用されていただきました。最近の釣り役だったシロさんが1ヶ月ほどお休みする可能性が高い今、新しい釣り役の発掘は至急命題といっても良いポイントですから。

結果としては内容が良く、いまじんさんが参加しているときにはシーフないしは赤魔で釣り役に走ってもらうことになりそうです。釣り役は釣りがうまいだけじゃなくて釣り役が好きというのも大きなポイントで、いまじんさんはそれをクリアしてるので安心して任せられそうです。

僕が釣りに走るのが一番良いけど、あまりうまくない上に良く死ぬからね(´_ゝ`) 
他のメンバーの手腕に頼るところ大です!



進行中、僕は黒魔で一人PTだったので、ロゼさんにサポートをお願いしました。「えー」なんて言いながら実に丁寧に面倒を見てくれました。範囲攻撃を食らって半死半生の目にあっ。たときにすばやくケアルIVが飛んできたのはちょっと感動しましたよ。やっぱ頼れる猫さんだな(*'-')b

そんなこんなでさくっとクリアです。フィウさんの加入に始まり明るい材料に満ちた回になりました。あとは4月に入ってからシロさんとミニさんの復帰を待ち、アークさんが完全復活すれば、布陣はかなりのレベルまで整います。

問題は4月に入ってから僕が少し入れない可能性があることですね・・。リアルでの人事異動がついに内示され、いよいよ臨戦態勢というところなのです。異動したら最初の3週間は職場に慣れるのも含めて、勢い良く飛ばしてバリバリ働きたいし、そうすると土日も出勤ということになるかも。

そうなるとリーダーも副リーダーも欠いた状態に陥ってしまうかもしれません。なるべくそうならないようにはしたいと考えてはいますが、副リーダーに続くナンバー3の人選も進めておいても良いかな。

LSの危機管理への備えってのも難しいですね~。まあ、なんとかなっちゃうんなじゃないかな、とは思いますけど(´з`)y-~

〇3月9日の活動結果
アポリオンNE
[ナ青暗詩赤黒][侍詩赤黒黒白][黒]
素材 古銭×70 戦戦狩白黒召
結果 クリア
チップ Lar 北 1F 2F 3F NE

[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-13 00:06 | FF11 リンバス