たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
気づいたらもうすぐ3周年
こんにちは。

正月休みがあるからなのか、1月は時間の流れが速いように感じます。もう月末なのか!って感じです。僕だけかな。2月になると、このブログは3年前の2月1日に開設したので3周年ということになります。

なんだかんだ言って3年もブログを更新し続けているのは、このブログを更新することが僕の生活の一部と化しているのと、自分の作り上げてきたブログへの愛着が強いからかもしれません。明日このブログが消滅したら、泣くかも。

2月1日には、毎回質問を集めてそれに答えるという企画をやっているんですけど、いい加減マンネリですし、今回は何をやろうかな~。考え中です。考え中のまま2月1日が過ぎる可能性も否定できませんが。

どうなることやら('~')

c0048329_23353935.jpg
     ↑朝もやにけぶるワジャームの木々。綺麗なエリアですよねぇ。

いつの間にか昇格クエストが発生するくらいアサルトに行っていたようで、特務曹長に昇格しました。最近ホームポイントをサンドリアに移した関係で、いたって静かな生活を送っていますが、そろそろ白門のシャウトを聞きに行こうかなぁ。


c0048329_23414782.jpg
     ↑愛鳥スタ君と今日も宝を探して。

チョコボの宝探しをするためだけにログインしたくなる今日この頃です。テレポで行ける土地は掘れるランクが低いのですが、10000ギル相当のものが良く出土するので、それなりに金策として機能してます。売れ筋のモノがでるとは限りませんがネ。


c0048329_23452090.jpg
     ↑ほつまさんのソボロお手伝い。この20分後にPTを悲劇が襲う!

久しぶりにソボロのお手伝いに行ってきました。ソボロに行くことは決まっていたみたいですけど、なかなかLSメンバーの足並みがそろわず、6人で出発することに。

僕は黒魔でクラスターさんの自爆を止めるのが役目だったんですが、自爆をするそぶりすらありませんでした。こっちは待ち構えてるってのに。そんなこと考えているうちに、PTのバランスが崩れ、一気に全滅へ雪崩をうってしまいました(;´д⊂)

6人でも楽勝だろーと甘く見ていただけに、ホロ苦い敗戦となりました。また行きましょう!


今日はこんなところで。
では!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-30 23:55 | FF11 日記/雑録
[リンバス記]完勝と別れと(アポリオンCN)
こんにちは。

エキサイトブログのヴァージョンアップが行われ、コメントのIP拒否機能が追加されました。最近、毎日のようにスパムコメントがつけられていて、いささかうんざりしていたので、これは快適です。どんどんIP拒否したるぜー。

でも、今度はよくわからないトラックバックが増えてきました^^;いたちごっこなんですが、対策はしないといけないし、大変ですね・・。



さて、今週のリンバス活動はアポリオンCN、つまりプロトオメガ戦でした。集まったメンバーは17人。プロトオメガに対する、いやホマム装備に対する熱い気持ちをひしひしと感じます。獲得の機会を増やしたいところですが、うーん。もう少しLS戦略を練らせてくださいな。

編成は、[忍忍忍青赤白][忍狩詩赤黒白][忍赤黒黒黒]でした。特にジョブチェンジをお願いしたわけではないのですが、自然とバランスの取れた編成に落ち着きましたね。

みんな様子を見て足りないジョブに着替えてくれたのかな?忍者さんが普段より多いのは、カンパニエの影響が大きいのではないかと勝手に想像してますw

c0048329_194197.jpg
     ↑突入間近の図。突入して良ござんすか?

今回はプロトアルテマ戦に続き、赤盾を試してみました。この日は後衛も厚めでしたし、特定ジョブバンザイな戦術はあまり好きではありませんがこの先、少人数で戦うこともあるだろうと思いますし、有用な戦術はどんどん試していこうと考えています。まずはその1つをここで試す、というわけです。

赤盾の感想ですが、プロトアルテマに対してほどのメリットは感じなかったものの、終始安定していましたし、アライアンス全体の攻め急ぎを抑える結果にもつながって、戦局の安定にも役立ったと思います。

問題は、赤盾を張るにはそれなりの用意が必要なことでしょうか。いきなり赤盾をやってくれと言われても困惑するでしょうし、人によると思います。あまり無理強いはしたくないので、赤盾が行けそうなときは行くといった感じで運用していければいいかな。



今回のプロトオメガ戦は、戦局が終始安定して推移し、そのまま最終形態に突入して勝利!という完勝でした。ここまで安定していたのは久しぶりで、「モノタリナイ」などど罰当たりな(!)意見も飛びだすほど。プリケツ0は僕にとっては勝利なのですよ、フフフヽ(´ー`)ノ

ドロップは頭胴手で、久しぶりに胴がドロップして良かった~!ホマム・ナシラ装備の入手について、僕の中では連綿と続くハクタク戦のようなイメージでして、各人1個は希望部位を入手して欲しいと考えています。

ホマム胴や脚のような激戦部位は、なかなかいきわたりにくいので、ともかく一歩前進してほっとしたというのが本音です。希望部位を入手して喜んでいる人がいるのはほんとうれしいことですしね^^

プロトオメガ戦後のクラゲ狩も快調で、順調にヨブラ器官がいきわたってきました。が!ロット勝負の激しさはあまり変わらないんですよね。これは空からクラゲがいなくなっちゃうわけですよ。僕にとっては喜ばしいことだけどw



活動終了後、メンバーの一人からLSを移籍する旨の連絡を受けました。別に何も言わずにフェードアウトしたってかまわないと公言しているLSにもかかわらず、きちんと事情を説明してくれる態度は素直に好感が持てます。いつも直言をずばっと言ってくれていたしね。

僕個人としてはさびしいし、LS的にも優秀な人材を失って大きな痛手です。でも、僕自身裏LSを辞めるときに葛藤がありましたし、なるべく気持ちよく送り出したいと思っています。

このLSの戦略を練り実行している僕が言うのもなんなのですが、うちのLSでホマム装備をコンプリートするのは非常に難しいでしょう。それがこのLSの長所であり短所でもあります。ほかのLSさんにも長所と短所があるわけで、自分の今の気持ちによりあったLSを選べば良いんです。

Tellでもお話しましたが、LSを移籍したって仲間であり友人(勝手にそう呼んでよいのかわかりませんが^^;)であることは変わりないですし、新しいLSにうまく溶け込んで楽しいヴァナ生活を送られることを願っています。

まあ、ヴァナは狭いですし・・またどこかで会ったらよろしくね^^


〇1月27日の活動結果
アポリオンCN
編成 [忍忍忍青赤白][忍狩詩赤黒白][忍赤黒黒黒]
素材 古銭×6 暗素材 ダーク版 ホマム=頭胴手  
結果 クリア
チップ Lar 北

[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-30 01:34 | FF11 リンバス
[ナイズル]ひとがそろわないときでも
こんにちは。

PC版FFXIに本格的に移って、ディスクを読み込まない僕のPS2は完全にただのハコと化してしまいました・・かなしい。ひじょーにかなしいです;;

キーボードはUSB接続でPS3に接続できるので良いのですが、本体はどうしようもありません。いちおう動くので、なんとなく捨てにくいんですよね・・貧乏性バンザイ。



さて、ヴァナでは定例のナイズル活動でした・・が、人が集まらず中止になっちゃいました。やっぱ、ナルさんとラウさんがいないと活動自体が成り立たない感じです。おふたりは家庭をそれぞれ持っているわけで、なかなか定例というわけにはいかないのは、仕方のないことですけどね。

ナイズルの装備はなかなかに魅力的なので、きちんと活動したいところですけど、そう急ぐのも面白みにかけますし、遊べるときに遊べれば良いやと気楽にやっております。ナイズルはけっこう野良の募集が多いので、そちらで装備入手の機会を確保して、定例活動では友人たちと遊ぶ感覚です。

なんだか逆なような気もしますが(!)、僕たちらしいやとも思います。サービス終了までには100層到達したいです(´ー`)

c0048329_23551432.jpg
     ↑裸族の祭典、AS黒羊買付!

そんなわけで、ここ2週間は無理に突入せずに適当なアサルトをやってます。ナイズルはいつも2連戦の予定なので、みんな2枚チケットを確保していますし、足並みを揃えやすいんです。

行くアサルトは、ほとんど黒羊!装備を整える手間もないですし、土筆作戦のような殺伐とした感じもない、ちょっと遊ぶにはもってこいの、とてもよくできたアサルトだと思います。キキルン・ディーラーと勝負するのが大好きです。なかなか勝てないけどね~。

来週は突入できるといいなぁ('∇')
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-29 00:09 | FF11 ナイズル
[LS]お手伝い日和
こんにちは。

最近は22時ごろログインしてみると、LSのみんながなんらかのお手伝いに向かうところに入ることが多いです。これもめぐり合わせかな、と手の空いているときはなるべくお手伝いにはせ参じるようにしてます。

全然関係ないですけど、この記事ビシージの合間にアップしてみました。書いている途中にクーパーさんとブラッドさんに会いましたよ!ビシージっていろんな方にばったり会えるのが楽しみなようなもので^^

ビシージ自体は五蛇将が全員戦闘不能になるという厳しい戦いでしたが、タイムアップ?で死者の軍勢が撤退。これは勝利と呼べるのかな・・まけなかっただけかもしれません(*゜ー゜)

c0048329_2144189.jpg
     ↑モンクAF3のNM

カツさんのモンクAF3のお手伝い。SSだとわかりにくいけど、奥にいるのがヤグーNMです。昔は強かったけど、今は百烈拳もむなしく空を切ります。

c0048329_21443449.jpg
     ↑モンクAF3のおまけ 

ハイプリ狩りへ。タクティクスパールもってくればよかったな~。残念。

c0048329_21451935.jpg
     ↑「亡者の影」クエ+3国ENM集合風景。

3国ENMでは白魔の経験値をがっぽり稼がせていただきました。本格的にPT組んでLv75目指そうかな。面白いですよね、白魔。

c0048329_21455975.jpg
     ↑「亡者の影」クエの大事なものを入手する不思議な壁。

この壁だけは綺麗だったのでパチリ。ほかは陰気な壁でござんした。
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-27 22:43 | FF11 LS
[リンバス記]スムーズな突入は良きことかな(アポリオンNW)
こんにちは。

最近、ログアウトする前に「チョコボの宝探し」をしてます。このコンテンツ、短い時間で遊べて軽いドキドキ感があり、金目のモノもゲットできるかも?という、なかなか良くできた遊びです。ちょっとしたコツをつかむと面白いように宝箱を掘り出すことができて、マイブームに(*'-')



さて、今週のリンバス活動はアポリオンNWでした。アポリオンチップ最後の一枚を得るべく、多少の待ち時間はやむを得ないと覚悟してましたが、あっさりはいれちゃいました。こういう日もあるんだね~、いやタイミングかな。

待ち時間が長くなっても、アル・タユの器官取りは今でも根強い人気(?)があるので、外でちょくちょく遊んでいればいいわけですが、興味のない人は外に出ないで本を読んだりして、その辺の温度差が気になったりもするわけです。

僕も外に出る人が多いときには中で放置して本を読んでいることがありますが、それはそれで悪くないすごし方ではあるんですよね。そう色々と待ち時間を埋めるべく企画して行動して・・という手もありますけど、かえってのんびりすごせたほうがありがたいときもありますし。

何が言いたいのか良くわからなくなってきましたが、ともかくもLSとしてまとまったモティベーションのまま突入できるメリットははかりしれないと思います。集合から比較的短い時間(1時間半~2時間)で終了することで疲労感が漂わないのも良いですね。

c0048329_030457.jpg
     ↑特記することもなくクリア!宝箱に埋もれてるのはリョカクさんです(゜▽゜)

雑魚と間違えてカイザーを釣ってしまうというハプニング(!)もありましたが、スムーズにクリアできました、よかったよかった^^

途中の中BOSSである真龍と戦うかどうかいつも迷うのですが、最近はナイト盾2枚ということが少ないので見送りにしています。赤や黒を中心としたコンビネーションでうまく倒せるとは思うのですが、そうすると前衛陣は暇になってしまうので、そういうズレの生じる戦いはなるべくしたくないなぁ・・と。

LS一丸となって!なんていうファッショなことは言いませんけど、ゆったりしながらでもなるべく同じ方向は向いていたいですからね^^

来週は12人以上の参加者でプロトオメガ戦を予定しています。


〇1月20日の活動結果
アポリオンNW
編成 [ナ戦狩青青赤][忍侍青赤黒黒][黒]
素材 古銭×43 侍侍狩獣赤召 
結果 クリア
チップ Lar 北 Mini NE NW SE SW

[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-27 00:42 | FF11 リンバス
[ナイズル]あきらめたらそこでおしまい(16>20)
こんにちは。

今日、関東地方は雪に見舞われました。センター試験のときに振らなくてほんと良かったです。寒いのはつらいけれど、風に乗り雪の舞う姿はやはり風情があります。朝急いでなければ、ゆっくり見ていたかったのに。

雪といえば、バグダッドで100年ぶりに雪がふったそうですね~。中東で雪は平和の象徴とのことで・・きっと、砂漠に住む人々が雪に一瞬心をうばわれるからじゃないかな・・。



さて、ヴァナでは定例のナイズル活動でした。今年1回目はメンバーがそろわずほかのアサルトをやって終わっていたので、実質今年最初のナイズル活動になります。今回は侍のほつまさんをゲストに迎えて、忍忍侍モ詩赤(僕は詩人で出陣)の編成でした。

記録を担当している、ずーさんとらうさんのトークンが枯渇してきていて、そろそろ誰か別の人が新しく記録をしていく局面にさしかかってます。さしあたり僕かナルさんが適任だと思いますが、2人とも記録に成功したことがなく、つまり0層。なんつーか、運がないのですよー。

トークンは腐るほどあるんですけどね(ーー;)

 

今回はらうさんのトークンと記録を使い、16>20に2回行くことに。1回目はお約束どおり(?)、特定殲滅(戦艦)とかやたらと広くて数の多い殲滅がてんこ盛りで、トドメはランプの点灯・・。今年最初の活動から運に見放されてます^^;

時間がなかったので、ランプ点灯作業もあわただしく行われ、結果としてバラバラに散ったメンバーが各個撃破されるという最悪の展開に・・。ランプの周囲にギアやその他もろもろがたむろっていて、少し掃除すればなんともなかったとこなのにね。あせりは失敗を生みやすいです。

地面に転がって、これはだめだわーなどと同じく転がっている方々と言っていたら、ユリ嬢から「あきらめるなよ」と叱咤されてしまいました。そうだよ、あきらめたらそこで終わりじゃないか。20層に到達するのは無理でも、このランプをどうにかしてトークンを得て帰還することはできるはず。

あきらめのはやさを反省しつつ、ランプの点灯作業を再開するも時間切れ→排出。くぅ。

c0048329_094131.jpg


気を取り直して2回目は、PT内で声も良く出ていて連携もうまく行き、こうなると失敗することはまずありません。20層のBOSSはファヴニールさんでした。一番会いたくない奴です。

侠者のクスリをがぶ飲みして前線に赴きます。歌ってる最中も範囲攻撃が激しいのが嫌なんですよねファヴって。カメみたいにおとなしければいいのに(それじゃつまらないかな)。見事撃破しましたが、装備のドロップはなし!

運にみはなされっぷりは去年と同じですけど、今年もぼちぼちいきましょう!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-24 00:19 | FF11 ナイズル
PC版FFXIの辞書登録(その2)
前回できないできないとふてくされてましたが、なんかできましたので、ご報告まで_(._.)_
フリーウェアを使わなくてもできるんですね。いろいろ試してみるもんだ・・。

c0048329_23233773.jpg
     ↑全然関係ないけど「サンドリア大聖堂」白AF2のついでにパチリ。

<Vistaでの登録方法例(僕の場合)>

FFXIオフィシャルHP 辞書ダウンロードページ

→真ん中のをダウンロード

→ダウンロードしたzip形式のファイルを右クリック

→「すべて展開」を選ぶ

→あとはご使用方法のページのまま作業を続ける

→できあがり!


な・・なんだ、こんなに簡単だったのか(´Д`)
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-21 23:21 | 雑談&戯言
[AM]13.亡国の墳墓~15.漆黒の柩(その2)
(その1から続き)

イフラマド金貨を全員入手したことを確認して、いざ出発。ドゥブッカ監視哨に飛んで、アラパゴ暗礁域へ入り桟橋(H-8)へ。この桟橋でちょっとしたイベントが挿入され、いよいよバトルか!という雰囲気になってきました。

〇漆黒の柩BC概要
・二連戦形式
・一戦目は、フォモル5体(狩赤モ赤狩)が相手。全て倒すとすぐに2戦目の相手が出現し、たとえ距離を取っていても休憩はできない。
・二戦目は、BOSSのコルセアとフォモル4体(狩赤モ狩)が相手。全て倒さずとも、BOSSのコルセアをある程度削れば勝利となる。
・忍者タイプのNPCが味方として参戦する。こちらが抜刀すると攻撃を開始するので、強化&回復の間は攻撃態勢を取らないように注意。このNPCがやられてもBOSSのコルセアをある程度削れば勝利となる。
・基本的にフォモルは精霊の印がなければスリプル系をうけつけない(うけつけにくい)。ララバイは全レジストとのこと。BOSSコルセアは寝ない。

バトルフィールドに突入すると、思ったよりも狭い感じです。アシュタリフ号クエストをやりなれている方なら違う印象もあるかもしれませんね。目の前にNPCがどーんと立っていて、なんだか頼もしげです。

僕(黒魔)の印スリプガIIで開幕し、NPCが攻撃をしかけた敵を集中攻撃して削っていきます。NPCは真ん中のフォモルから狙っていく習性があるのか、遠隔攻撃を中心に攻撃を仕掛けていきます。こちらもそれにあわせてNPCの攻撃でおきたフォモルを攻撃していきます。

フォモルはそれほどHPがない印象で、ガスガスHPが削れていきます。真ん中の赤モ赤を倒したあたりでスリプガが切れて攻撃を受け始めます。が、狩人タイプのため、くっつかれる感じがなく、黒魔としては圧迫感がなくて助かりました。

最後の一匹はキープしながら、MPを回復しつつNPCの削りのみで倒し、一戦目は問題なくクリアです。フォモル5体というから苦戦するかと思いきや、それほど強くはないですね。もちろんなめてかかったら危険な相手ではありますが、スリプガがあれば5人でも問題ないレベルだと思います。

c0048329_2140525.jpg
     ↑PT編成=5樽+1人 ヒガンさん曰く「いつものことです^^」

二戦目は突然始まった!という感じです。出現から襲撃まで少し間があるのかと思いきや、いきなり襲ってきました。それも、黒魔の僕を集中的に・・^^;一戦目のヘイトが継続されているのかわかりませんが、序盤は赤魔さんたちのケアルシャワーがなかったらやばかったです。

一戦目があっさり終わっちゃったので、精霊の印はまだ復活していませんでした。しかし、とりあえずスリプガをうたなければ・・と撃ってみましたが全レジスト。一戦目は印なしでもスリプルIIがスムーズに通っていたので、フォモルさんたちはパワーアップしてるのかもしれません~。

二戦目はフォモルを無視してBOSSのコルセアを削り倒す作戦でしたので、フォモルさんの寝かしは印が残っている赤魔さんにおまかせして、BOSSのコルセアを2Hアビリティを開放して集中攻撃します。

BOSSのコルセアは、バルカンショット(前方範囲)で「650程度のダメージ+防御力ダウン」の攻撃を行うという事前情報でしたので、前に固まらないように注意して戦っていたのですが、ついにつかってきませんでした。ただ、HPはかなりあり、規定の8割を削るのには時間がかかりました。

その間、起きていた狩人タイプのフォモルさんにドカンドカン撃たれて精霊魔法を撃つどころのさわぎじゃないです。もう逃げ惑うただのタルタルでした^^;

結局、前衛陣の削り能力が勝り、BOSSコルセアを削りきって勝負アリ!二戦目については僕はほとんど何もしてませんけどね・・。



ほわわ~んとした雰囲気があったアトルガンミッション序盤でしたが、次第にシリアスな展開を見せるようになってきました。ナジャ社長の思惑、カラババさまの登場、皇宮の秘密・・。手が空いたらぼちぼち進めたいと思います。

お手伝いのミニさん&シャルさんをはじめ、参加されたみなさまおつかれさまでした&ありがとうございました!次も一緒に行けるといいですね^^

追記:これでサルベージに挑戦する資格を得ました。前からずーーっとサルベージLSに誘ってくれていたらりさんにさっそく連絡し、とりあえず来週の活動から参加することになりました。できるかぎりがんばりますので、LS[フルーツミックス]のみなさまよろしくお願いします!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-20 21:47 | FF11 アトルガンM
[AM]13.亡国の墳墓~15.漆黒の柩(その1)
こんにちは。

天気予報では、今日が今年の寒さの底みたいです。家の中でも寒さがしみこんでくるようで、キーボードをたたく指にも冷気が忍び寄る今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

その一方で花粉も飛散をはじめるというのだから、季節感が狂っちゃいますね~。みんながほっとする春に飛散するから、少しはマシだったスギ花粉。僕はいまのところ花粉症ではありませんが、花粉は体内に蓄積するらしいので気にはなります。

だって、花粉症の人を見ているとつらそうなんだもの。いつかは花粉症が発症するのでしょうか・・。



さて、1月14日成人の日の夜、アトルガンミッションを進めてきました。

アトルガンミッションは、すべてがすべて戦闘が行われるわけではなく、指定された場所に行くとイベントだけが起きておしまい!というミッションもあります。こういうクエスト風に進められるのは、手が空いたときになんとなく進められるので良いですね。

まあ、それだけだと緊張感にかけるわけで、ちゃんと物語のターニングポイントでは、きちんとPTを組んで戦わなければ勝てないようなミッションが用意されています。今回の「漆黒の柩 」も、そういったミッションです。

ということで、ヒガンさん、シャルさん(シャルさんはクリア済み)と日程の調整をして、ミニさんとずーさんにお手伝いをお願いして当日を迎えます。6人全員決めておいたほうが当日の不確定要素が少なく、スムーズにいけるのですが、お手伝い要請を乱発するのもどうかと思うので、のこりの一人は当日決めれば良いや。



そして、当日。シャウトは最終手段だと思っていましたが、野良での参加希望者がいるかもしれないので、夕食前にログインして、サチコメに「AM漆黒の柩に21:00からいきます。」と書き込んで放置しておきました。

そして約束の21時の15分前に帰ってくると、Tellがたくさんきてるじゃないですか!これにはびっくり。アトルガンMの入り口ともいえるミッションなので、そんなにTellがくるとは思ってませんでしたよ。ほとんどの人はもっと先に進んでいるのかと・・。

一応、「夕食のため席をはずします」とはサチコメに書き込んでましたが、戻ってくる時間は書き込んでいなかったので、何度もTellをくれた方もいらして、まことに申し訳ない。読みが甘かったです^^;

で、先にTellをいただいた方からTellを返信していきます。何人かはすでにPTを組まれていて何かやっているみたいでしたが・・。やっぱ休日の夜は人が多いですから、いろいろやれることが多くてギリギリまで待っているのは、手持ち無沙汰になってしまうリスクもあるわけで。もう少し早く帰ってきたほうがよかったな。

次からは気をつけます。



お手伝いをお願いしていたずーさんは、「ゴルフ帰りでいけたらいきます^^」とのことでしたので疲れているだろうから無理に誘うことはせず、Tellをくださった方2人をお誘いして6人PT完成です。おふたりとも赤魔さんでしたので、赤魔のシャルさんに侍へジョブチェンジしていただき、PT編成は忍侍侍赤赤黒(ぼくは黒で出陣)でいくことに。

PTも組みあがったことだし、まずは「漆黒の柩」のバトルフィールド突入に必要なイフラマド金貨を入手すべくナシュモへ!と思ったら、金貨持ってないの僕だけでした^^;

お手伝いさんも入場に金貨が必要になるし、初突入の場合はAM「亡国の墳墓」でフォモルと戦わなければなりません(お手伝いさんは調べるだけでOK)。このフォモルはなかなかに攻撃力があり、ソロで撃破できるジョブはかなり絞られてくるのですが、みんな金貨持ってました。みんな用意良い!!!

いつ「漆黒の柩」のバトルフィールドに行くことになるかわからないので、みんな用意していたんですね。僕は、ソロで難しいならそれほど手間でもないし、「漆黒の柩」に向かうメンバーでちょろっと撃破すればいいんじゃない?くらいに簡単に考えていたのですが・・。

情けないけれど、用意が完了しているメンバーに助けてもらい、イフラマド金貨を取りに行くことに。みなさんお手数をおかけします_(._.)_



六門院からアズーフ監視哨に飛び、ナシュモを通過して、ナシュモ西のカダーバの浮沼(E-10)にある「Jazaraat's Headstone」を調べます。うらめしや・・うらめしや・・とそんなにうらまれても困るんですが、もう一回調べると襲われるよ!というニオイがほんのり(?)香るイベントを見終えた後、もう一度「Jazaraat's Headstone」を調べてフォモルさんをPOPさせます。

念のためにアンデット系モンスターが消える朝を待ってからPOPさせて、アクティブのモンスターにからまれる心配のない場所までひっぱっていって戦闘開始。そんな準備をせせ笑うかのようにフォモルさんはあっさりと撃破されました・・打たれ弱かったのね。

めでたくイフラマド金貨をゲットして、白門に戻り全員集合します。いよいよ本番です!

(長くなってきたのでその2につづく)
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-19 19:53 | FF11 アトルガンM
[AM]アトルガンMをはじめるにあたって色々
こんにちは。

プロマシアミッションも終わり、次なるアトルガンミッションを進めています。やっぱり、ミッションはその追加ディスクの見所などを網羅しているというのもありますが、ミッション好きとしては進めてみたくて仕方ないのです!

そこで、どんなスタイルでミッションに関っていこうかなとずっと考えていました。プロマシアMのやり方をそのまま持ってきてもうまく行かないかもしれないし、あの頃と今では状況も考え方も変わってきていますから。



もともとプロマシアMのコンセプトには「共有」がありました。長いストーリーを順を追って進んでいくにあたり、その喜びを仲間と共有したいというところから、ああいった形になっていったわけです。そのやり方については、自分で言うのもなんですが、それなりにうまく行ったと思います。

ただ振り返ってみると、プロマシアMをはじめた当時の僕には、企画や運営に対する強い興味と自信(あるいは過信)があり、自己満足にはしってしまった部分もあったと思います。それに、メンバーのログイン状況の変化に対応できず、長い中断期間が生まれてしまいました。

そのたもろもろ、良かったところは多々あるけれど、反省すべき点も多々あります。そのあたりをうまく消化できればよいのですけど・・。



自分のやり方を振り返りながら、アトルガンMの性格にあったやり方ができれば良いなぁ、とあれこれ模索していましたが、そう簡単に見つかるわけがありませんよね。なので、進めながら決めていければ良いやと割り切ることにしました。

というのは、プロマシアMでは6人PTという形にこだわったところもあったので、今回はそんなにこだわらずにゆったり進めたらどうかなと思い当たったからです。形を構築すれば、中の結束は強まりますが外に対しては排他的になります。それは避けたかったんです。

そこで、周りで同じ進行度の仲間を募り、それを核として希望する方々を迎え入れながらすすめていくことにしました。LSメンバーやフレンドの参加もあれば、野良での参加を募っても良いし、お手伝いをお願いするのも良いですね。

「核」といっても、毎回固定するわけでもなく、進行具合を聞きながら、一緒だったら約束して日程の調整をして・・という感じかな。今のところ、シャルさんとヒガンさんが同じくらいの進行度で、一緒に進められたら良いね~という話をしていたので、彼らと歩調を合わせていくつもりです^^

そこから、先行している方々を巻き込んでいければ良いのですが!とりあえず、今回のコンセプトは「無形」です(途中で変わるかもですけど)。



お手伝いについては、積極的にお願いしていくつもりでいます。短い間隔で何度も何度も・・というのは論外としても、仲間の助力なしですべて自力で進んでみせると力むのは、はたから見ていると「みずくさい」んです。もっと頼ってくれよと。ぜんぜん迷惑じゃないし。

それは逆もまたしかりかなと。僕は自分なりにLSの仲間やフレンドに負担をかけないように、計画を練って実行していたけれど、こういう仲間内でのもちつもたれつというものを軽視していたかもしれません。こういったやりとりを繰り返しながら、物語を進めていくのも悪くないじゃないですか。そう思えたんです。

なので、お手伝いはガンガンお願いしていきます。LSの仲間やフレンドさんたちは覚悟しておいてください(`∇´) 

c0048329_0205779.jpg
     ↑似合わないと評判のブラクロ+ナシラ脚のくみあわせ。

余談ですが、プロマシアミッションを終えた後、本当ならばバハムート戦(日輪を担いて)を経て世界の終わりBCへと進む予定だったのですが、バハムート戦を行うには18人で突入する必要があり、これだけたくさんの人を集めて段取りをつけるには、どうしても気合が必要です。やるからには中途半端にしたくないし。

今はちょっとそういう勢いが僕の中にないので、約束していた方には大変申し訳ないのですが、少し時間をくださいませ。

では!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-01-18 00:33 | FF11 アトルガンM