たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧
リンクシェルコミュニティーへの期待
「中長期的なリンクシェル活動への支援ツール」

リンクシェルコミュニティー(以下LSC)紹介文にそうありました。それはそうだろうけど、僕が感じたのは「リンクシェルの見本市」という印象でした。今までの個別に立ち上げたLSサイトは、あたりまえですが完全にメンバー向けで、「ネットの孤島」であることが半ば当然のように扱われてきました。僕の所属するLSでもホームページを持っていますが、このブログにリンクを貼ろうと思いませんし。

でも、このLSCはLSの一覧表を表示することができるし、他のLSのスペースへ容易に飛ぶことができる。この実にオープンなシステムはFFに蔓延していた「晒し」の文化とは正反対のベクトルに属すもので、今まではブログでも持たない限り、知り合い以外は知る術ももなかったその人の人となりやつながりが、自然と他のプレイヤーにも伝わるようになるかもしれない。同じLSにでも所属しない限り、さっぱりでしたよね、これまでは。せっかく同じワールドにいるというのに。

以前、LSとは別のコミュニティーを作るというコンセプト(だったらしい)で、グループフレンド機能がPOLに追加されましたが、全然ふるいませんでした。フレンド登録が前提であることと、肝心なチャットができないのが致命的で、多人数に同時にメッセージを送るのが便利なくらいでほとんど忘れ去られたシステムとなってしまいました。中途半端なものに人は集まらないという良い例ですよね。あの轍を踏まないでほしい、と思います。

大航海時代オンラインを無料期間少しかじっていたころ、商館(FFでいうLS)の紹介を各町に配置されたNPCが行ってくれるのが新鮮でした。各プレイヤーは自分達の商館をアピールして、新規プレイヤーを誘うシステムが作られていました。FFではどのプレイヤーがどのLSに所属しているのか、「じっと見つめる」くらいでしかわかりませんよね。情報は散発的だし、当然嫌われます。。

このシステムの利用がもっともっと進めば、いろんなLSの顔が見えるようになり、さらにはいろんなプレイヤーの顔も見えるようになるんじゃないかと過大な期待を寄せています^^

以下、使ってみて感じた、改善点など列記してみました。僕なんかが感じるくらいだから開発の人はとっくに気づいている点ばかりだろうけど。


○POL上でも動作するようにならないかな?

POLにログインする手間なくコミュニケーションを取れるのがウリだとはわかってはいるのですが、一々ログインパスワードを入力するのは面倒。パスワード書かれた紙を探すのと、POLにログインするの、どっちが早いかな・・僕はPOLを選ぶ。POL上で動作すれば、PS2でプレイしている方もスクリーンショットをLSCにアップすることができるし、いいのではないかと思います。それと同時に、モグハウス内でトリヴューンを読めたような感覚で、掲示板をチェックできたら可能性がさらに広がりそうです。WEB経由とPOL経由で選べると最高ですね。


○正式版は無料で

正式版の料金は未定となっていたけど、これ有料になったら僕は100%使いません。これは僕だけじゃないでしょ。上でも熱弁をふるいましたけど、このシステムはたくさんの人の登録の上に可能性が広がっていくものだと思う。ネットでよく見られる手法に「無料登録でユーザーを集めて、そのユーザーにコンテンツをアップロードさせて、サイト自体の魅力を増し、さらにユーザーを呼び込む」というのがありますが、無料というのは最大のポイント。人が集まらなきゃなんにもならないよ。せっかくおもしろそうなシステムなのに。

こういう脇を支えるシステムの繁栄が、幹であるFF本体の利益につながると思う。余談ですけどスクリーンショット機能はFFに絶大な貢献をしてますよね。スクリーンショット機能がなければFFのブログはあんなに広がることはなかっただろうし、個人運営のFFサイトなどの発展にも多大な寄与をしてます。脇がにぎやかになれば、人も残るわけで、そういう利益の生み出し方もあるのではないでしょうか。


○LSスペース以外にスレッドを立ち上げる場所が欲しい

LSを超越したイベントや呼びかけができるような共有のスレッドスペースが欲しいですね。以前頓挫した(?)パーソナルボードの進化系のような感じで。あれは中途半端だったから人が集まらず失敗したと思う(ある意味グループフレンドと同じ)。LSCがたくさんの人を集めて成功したのならば、荒らしの少ないオフィシャルのサーバー別掲示板として機能するのではないかと思います。あと、仲の良いLS同士で同盟や合従連衡みたいなつながりを示せるとおもしろそう(違う話ですけど)。


○テンプレートの種類がもっと欲しい

LSの看板として、またはプレイヤーの紹介としてテンプレートかスクリーンショットを選べるようになっていますが、テンプレートがもっと増えると良いですね。POLフレンドリストで使える顔のパーツくらい種類があれば、多彩な画面がつくられて楽しげな雰囲気が出るんじゃないかな。タルタルとかのリアルな顔ばかりだと、なんか怖いですw


○スケジューリング機能が欲しい

デュナミスやリンバスなどの継続的攻略LSは決まった時間に活動することが多いのに、その調整をする場がオフィシャルで作られてきませんでした。プレイヤー同士で解決して欲しい、という言葉はご立派ですけど、プレイヤーの力は万能ではないし、特に広く周知する力に欠けていると思います。それを補完する機能があると、悲しい出来事が減るはずなんですけど。

例えば、「攻略」をLSの目標に掲げているLSはさらに時間帯設定ができる。月曜日から金曜日の時間帯を複数選択する。その設定を行うと、サーバーごとの共有スペースに儲けられたデュナミスやリンバス予定表に反映される・・とか。それなら占有希望時間が一目瞭然ですよね。占有がかぶったときの不毛な時間はほんとに無駄だし、交渉は多大なエネルギーを消費するので、まったく楽しくないから。


○JPとENとJP/ENのわかりやすい表示が欲しい

細かいけど、これは大事では。



ここに書いたことをプレミアサイトに投稿しようかと思ったけど、メンバー登録する気が起こらなかったのでやめました・・。なんでメールアドレスを打ち込まなきゃらならいの~。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-30 20:27 | FF11 考えてみた
リンクシェルコミュニティー
使ってみた印象=重い・・・重すぎる。


なんだかアトルガンのコンテンツ登録を思い出しました。おもしろそうだから登録してみたかったけど、しばらく放置かなぁ。

ヴァナディール国勢調査でもあったけど、LSはほとんどが1~9人規模でバラバラに完成された状態ですよね。LSはチャットルームでもあるから、他と合併したり大きければいいもんじゃないと思うし、これはいじってはいけない気がします。でも、LSでミッションとか進めたいという欲求は他方にあるわけで、それを補完するおもしろい試みに感じました。

従来のLS掲示板と違って、他のLSのスペースに簡単に飛べるのが最大の魅力です。このシステムがうまく育てば、LS合同イベントなども開きやすくなるかもしれませんね。改善して欲しい点といえば、どうやら手持ちのLPしか表示されないことかな。常時つけているLP以外(裏LPとか)は倉庫にあること多いので、常に手持ちするのは少し大変かも。

リンバスLSの登録はしてみたいので、もうちょいがんばってみようかな。
追記:PreStageで登録できました。気が向いたら見てみてください。まだ寒々しいけど!
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-29 23:05 | 雑談&戯言
第6回ヴァナディール国勢調査
毎年あまり代わり映えのしない国勢調査。でも、今年は追加項目が多くて気合はいってます。ちょっとだけおもしろかったところを列記してみました。


○新エキストラジョブ取得状況 3ジョブ取得は57%

アトルガンエリアの紹介的なクエストも多くて、新エリアの冒険がてら取ったという人が多いのかな?とったらほったらかしにしている人のパーセンテージも知りたかった・・ちなみに僕は全てLv1。


○それぞれのフェイスタイプの人気度は前回とほぼ変わっていませんが、エルヴァーン(♀)においては変動が起きています。

フェイスタイプ人気度の変動ってどういうときにおきるんだろう?新規プレイヤーの嗜好の偏り?倉庫キャラをつくりかえている?案外後者のような気がします。裸で歩き回っている倉庫キャラ多いですしね、サンドリア港。


○アサルト人気ランキング。作戦の人気は「ラミア13号討伐作戦」がトップで、「土竜作戦」がそれに次ぎます。

ラミアがそんなに人気があったとは・・ぶっちぎりで土竜だと思ってたのに。ラミアのシャウトは土竜よりも少なく感じるので、身内でさくっと遊ぶのに使われているということかな。あそこ、意識が飛ぶくらい退屈ですけど・・文字うっててフィナーレ遅れるとまずいから文字打ちにくいし。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-29 00:13 | FF11 考えてみた
神威作戦案
倒す順番はこんな感じ。

AAGK(+pet)>AAMR(+pet)>AAEV>AAHN>AATT

AATTを最後に持ってくるところが作戦の肝です。AATTはワープで移動する都合上(?)闘技場のサークルから出てきません。なので、全員でバトルフィールド入口から階段中段までのスペースに布陣して戦いに臨みます。これはAATTを無力化するという狙いのほかに、崩れた場合ゾンビ作戦をスムーズに行える利点も考慮した結果です。

AA達はこちらを全滅させると、闘技場中央に戻っていきますので、通路で全員が倒れている状態ならば、十分蘇生して建て直しが可能です。マラソンやガチが崩れても、全滅するまでには少し時間がありますので、それまでに1人でもAAを倒せるならば、全滅>蘇生というゾンビ後でも十分優位な状況を作れるでしょう。まぁ、時間の都合上、それができるのは一回だけだとは思いますが・・。

AA達の攻撃を凌ぐにはマラソン戦術が一般的ですが、今回AAEV以外はガチンコ勝負形式を採ります。理由としては、全軍が通路上に展開するためにスペースがとりにくいという現実的な側面もありますが、忍者を中心とした3人程度のユニットで、弱体を駆使しつつ腰を落ち着けて戦えば、突発的な事故でもない限りそうそう崩れることはないと考えたからです。AATTをほっといても良いので、その分人数をAAキープに振り分けられるはず。

以上が大まかな作戦のイメージです。次に各AAごとの作戦を列記してみます。


○AAGK
AAGKは竜/侍という正統派の戦士です。凶悪な攻撃力と高いHPを誇りますが、クセはありません。しかし、「明鏡止水無限使用」という特性と「WS抗竜の範囲バインド」という特性があるため、キープする場合事故の危険性が高いという特徴があります、まさに、最初に倒しておくべき相手といえます。ペットは黒魔3人のスリプルIIでカバーします。

開幕黒魔3人によるサンダーIV一斉射撃。この時点で、全員あらかじめ服毒しておいてください。階段中段までひきつけた後、イカロス服用の戦士WSと侍の黙想WS、黒魔の精霊連打でたたみかけます。これだけで半分以上削れるでしょう。とどめは侍3人組の明鏡止水でしとめます。子竜もすぐに後を追わせておしまいです。


○AAMR
開幕、忍者2(グレさん)が挑発を入れ、階段を登りきった場所までひきつけ、ガチに入ります。ユニットは、忍者2、詩人(ポペさん)、白魔2(わいさん)。AAGKが沈むまでの短いガチですが、トリプルアタックを持っているため気が抜けません。ペットは詩人が管理して、黒魔の誰かがスリプルIIを上書きして対応します。

AAGKを倒し終わったら、詩人以外は本隊と合流して倒しきります。詩人はそのままAAHN組に合流します。AAMRは途中で「魅了」を行ってくるので、あやつられた人は教えてください。前衛は蝉持ちばかりですので、寝かしはスリプガで。戦士3人組のマイティは魅了終了後使おうかなと思ってます(マイティ怖いので)。

AAMRは絶対回避で粘るくらいで特別怖いところはありません。こいつを倒しきったらペットを叩いて終了。ここで服毒が解除されます。忍者2には、状況に応じてAAEVのマラソンサポートについてもらいます。マラソンが安定しているならば、そのまま本隊に残ります。


○AAEV
恐ろしい威力のスピリッツウィズインを繰り出してくるAAEV。最初に倒したいところですが、白魔法と女神の祝福で粘るため、3番目に持ってきました。それまでは、赤1(イマさん)と赤2(シャルさん)によるグラビデマラソンで凌ぎます。場所はBC入口から階段に至る通路を予定しています。

盾と赤というユニットでのマラソンが多いのですが、グラビデがレジストされると一気に崩れることが多いので、ここはグラビデ2枚の方が安全かなと思い、赤魔2人によるマラソンとしました。AAEVの通常攻撃はAA中でも低いほうでそれほど脅威ではありませんし、連続魔グラビデorバインドでしのぐこともできると思います。基本的にクリム脚で速度アップした赤1(イマさん)を赤2(シャルさん)がサポートする形を考えてます。連続魔発動後は、本隊から増援をひとりつけます。

AAGK、AAMRを倒し終わったら戦闘開始です。6人で戦うと脅威ですが、アライアンスで袋叩きにすれば案外モロいはずです。


○AAHN
微塵が恐ろしいAAHN。開幕忍者1(ミニさん)が挑発を入れ、赤魔3(サバさん)がグラビデ。そのままBC入口まで持って行きます。ユニットは、忍1、忍3(ラリさん)、赤3。忍者2人でターゲットを交換しつつ、そのまま入口でガチ願います。AAGK撃破後、詩人の増援を行いますので、少しは楽になると思います。

マイティストライク発動までに本隊が駆けつける予定ですが、その前に発動してしまったら、グラビデを入れて通路をマラソンしてください。忍者のどちらかが死亡した場合、本隊から戦士1人の増援を送ります。

本隊と合流するまでかなり時間がありますので重要な役割ですが、よろしくお願いします。


○AATT
MPを回復した後、闘技場で袋叩きにして終わりです。


<各自の役割箇条書>

ミニさん(忍1) AAHNキープ
グレさん(忍2) AAMRキープ>本隊削りorAAEV増援
ラリさん(忍3) AAHNキープ
カゲさん(戦1) 本隊削り 本隊盾
タクさん(戦2) 本隊削り 増援
ギガさん(戦3) 本隊削り 増援
ヒガンさん(侍1) 本隊削り 
びちゅさん(侍2) 本隊削り
ほつまさん(侍3) 本隊削り
ポペさん(詩) AAMRキープ>AAHNキープ
イマさん(赤1) AAEVキープ
シャルさん(赤2) AAEVキープ
サバさん(赤3) AAHNキープ
フィウさん(黒1) 本隊削り ペット寝かし
アキさん(黒2) 本隊削り ペット寝かし 
僕(黒3) 本隊削り ペット寝かし 死人リレイズなしの場合レイズナー
ずーさん(白1) 本隊付き回復役
わいさん(白2) AAMRキープ>本隊付き回復役


<編成案>
PT1 忍1 忍2 忍3 詩 赤3 白2
PT2 戦1 戦2 戦3 侍1 侍2 白1
PT3 侍3 赤1 赤2 黒1 黒2 黒3


<持ち物>

○必須 
蘇生系アイテム(BC内では基本レイズ1しかしません)
毒薬6個以上
後衛はドリンク必要分

○持ってきてくれると嬉しいor配布
イカロス(戦士さんにおくばりします)
ハイポ希望分&ハイエ希望分(説明中、希望分タンクから取り出します)


<集合日時>

7月2日(日) 21時00分 白門モグハウス前or現地(現地の場合連絡ください)
24時には終わりたいので、20分まで遅刻を待ちます。それでこなければ補充シャウト。



長々と書きましたが以上です!
何かありましたらご教示ください_(._.)_
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-28 00:35 | FF11 ジラートM
神威いきます
ジーコジャパンの総決算がまだ終わっていないというのに、オシムジャパンの話題で持ちきりですね。日本サッカー協会はやり方が狡いです。わざとらしい。ただ、オシム監督という選択は良いですね。ジーコの遺産を受け継ぎつつ、ピリリとひと味違う良いチームが楽しめそうです。

それとはまったく関係ないのですが、ヴァナでは「何かやりたくて仕方がない時期」がやってきました(僕の中で)。僕は、ここをこうすればおもしろいかも・・という思いが抑えきれなくなる時があるのです。自分が起点にならないと気が済まないというのではなくて、他人に自分の意見を通すより自分でやってみるか~~に近いです。困難に立ち向かってみようシリーズで、18人バトルフィールドを自分なりの戦略と戦術で攻略したくなってきました。まず手始め(?)に神威に行きます。もう決めました。これがうまくいったら味を占めて、神99BCや応竜来来とかも良いですね。

僕は他の方が主催された神威に何度か参加したことがあり、1度目は死闘の末に敗れ去り(経験値ロスト10000^^;)、2度目は黒魔PTでサンダガ一斉射で蹴散らすという身も蓋もない作戦でクリアし、3度目は交代要員として出番がないうちに時間切れになってしまった。クリアはしているけど、神威ならではの一体感を伴った勝利をしたことがないんです。だから、正面からアークがーディアンに勝ってみたくて。

思い立ったら吉日ということで、LSリーダーに計画を話してLSメッセージに書き込んでもらい人を集め、フレンドに声をかけまくり、リンバスLSでも宣伝して、ようやく全容が明らかになってきました。参加者はこんな感じ。名前はちょっぴりぼかしてあります。

1.ミニさん(忍1)
2.グレさん(忍2)
3.ラリさん(忍3)
4.カゲさん(戦1)
5.タクさん(戦2)
6.ギガさん(戦3)
7.ヒガンさん(侍1)
8.びちゅさん(侍2)
9.ほつまさん(侍3)
10.ポペさん(詩)
11.イマさん(赤1)
12.シャルさん(赤2)
13.サバさん(赤3)
14.フィウさん(黒1)
15.アキさん(黒2)
16.僕(黒3)
17.ずーさん(白1)
18.わいさん(白2)

知り合いに適当に声をかけていった割には良編成に落ち着きました。ちょっと奇跡。まあ、今は2ジョブ以上カンストされている方が多いですし、以前より編成はしやすいかな。ここに名前が挙がっている方で別のジョブで参加したい方はご連絡ください。出来る限り調整させていただきます。ほつまさんがまだデルクフ終わってなくて、これからクリアというのが少し気がかりですけど・・まあ、なんとかなると思ってます。当日シャウトしても良いですしね。

直接的なきっかけは、以前から抱いていた神威のスタンダードな作戦への疑問でした。最初一気に攻めかかる相手が強くはないけどクセ者のAATTであること。マラソン戦術に依存しすぎた作戦であること。AAはどれも強力な範囲技を持っているのに、ごちゃごちゃの乱戦になりやすいこと・・。これを整理して、自分なりのスタンダードをくみ上げられたらおもしろそうだと思い、パズルを解くような感覚で作戦を考えていましたが、なんとなく自分の中で形になったのです。それで今回の運びになりました。一応、上で挙げた問題点をそれなりにカバーした作戦に仕上がっていると思います。次回の記事で具体的に書きますので、ここがちがうよーとか、現実をわかっていない!などのご意見がありましたら、教えてください。

ま、石にかじりついても勝つ!という感じではなくて、もう少し気楽に、難関とよばれる戦いを楽しめればいいかなとは思っているんですけどね。もちろん必勝の体勢は整えた上ですけど!
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-27 01:03 | FF11 ジラートM
残り3分の綱渡り(アポリオンNE)
このごろ、LSメッセージに「次回のリンバスは○○に行く予定です!」と書き込んだはいいけど、なかなかその通りにいけてないなぁ。裏LSみたいに行き先があらかじめきちっと決まればいいんですけどね。なにか良いアイディアないだろうか。

さて、この日は13人の参加があり、人数が多くても楽しめて、古銭もたくさん稼げる場所ということで、アポリオンNEに行くことにしました。ひさしぶりだし、丁度いいかなって。

(編成)PT1ナナ詩赤黒白 PT2忍侍モシ詩黒 PT3シ 僕はPT2の詩人として参加。


・・・・・・・


今回ひさびさに詩人で参加してみました。詩人ばかりやってたときは黒魔で動くと指揮しにくいと思ってましたけど、黒魔で慣れてしまうと詩人で動きながら指揮するのは違った意味で難しかったです。ジョブ特性の違いというよりも、これは慣れなんだなあ・・。

それを差し引いても、いつもより人が多くなると気が大きくなるもので、この日はちょっと雑な部分が出てしまいました。敵を早く倒せる力があると、かえって先へ先へという気持ちが強くなるのかも。力をまだ持ちなれていないということかな。ばんばん進んでいって、ばんばん敵を釣って、ばんばんリンクして・・しかもボスがリンクしてる!!ぎゃー。

もう大混乱です。僕自身も間違って寝かしてあった黒マンドラにレクイエムを撃ち込んでしまい、混乱を広げてしまいました。ごめんなさい;; 混乱しているときに細かい指示を出しても余計混乱するので、いつもタイミングを見てひとつだけ指示を出してます。基本的には誰かの提案を少し退ける、あるいは修正して、自分の意見を言う感じ。ほんとは、その人の意見で十分いけるとは思っているのですが、みんなに落ち着きを見せるパフォーマンスをはさんでいるのです。少しは冷静じゃないか・・というメッセージになればいいなと。効果はどうかわからいですけど!

それにしても、ララバイがまったく効かない詩人は悲しい;;アポリオンは詩人の鬼門かもしれません。詩人やってて楽しいときは?ときかれたら、僕は「ララバイ入れた敵のかたわらで、調子こいてストンスキンかけること」なんて答えそうなくらいなので~。


・・・・・・・


第一層のマンドラ&クーブーエリアで予想外に時間を食ってしまったので、それ以降の層は常に時間との戦い。残り3分・・時間箱で+5分・・残り5分・・時間箱で+5分・・ああ10分代に回復したなぁなんて。時間箱を探す目も血走ってます。最初とは違った意味でつねに急いでました。中間層で残り時間一桁代とは、最終層のキリンさんボーナスステージはどれくらい戦えるだろうか。

ほとんど全てのリンバスに共通するのですが、最後の層に近づけば近づくほど、古銭入手率は高まっていきます。その中でも最終層は古銭を固定○枚ドロップといったように数を稼げる仕組みになっています。反面、最後ですので時間延長の箱は存在しません。つまり、そこまでにどれくらい時間を稼げるかが勝負になるわけです。

このNEはNWほど極端ではありませんが、最終層のキリンを倒すと固定で2枚手に入るのでとってもお得。中ボスクラスのマンティコアと戦う時間はないだろうけど、キリンを全滅させる時間くらいは残したい。じりじりとした焦燥感が襲います。4層目の3人の巨人(物理無効・精霊無効・遠隔無効)のどれが最終層へのカギになっているのか、それが勝敗を分けそうです。

無効の性質を見てもわかると思いますけど、「物理無効」の巨人クロノスを倒すのは恐ろしく時間がかかります。精霊と遠隔だけで、バカ高いHPを誇る中ボスを倒さなきゃならないんだから!ただでさえMPが枯渇気味で苦しいのに。ここまでくると祈るしかないです。なむ~。巨人の攻撃も半端じゃなくて、死人もたくさん。つよいなぁ・・2匹目の巨人で次の層への道は開かれました。なんとか・・なった。


・・・・・・・


残り10分ちょっとで最終層になだれ込む一同。猛然とキリンさんを倒していきます。僕はキリンさんの死んだ後、リアルに首をぴくぴくさせてるの嫌い(!)なのですが、そんなこと忘れてましたよ。この狩の間にシーフさんにクリア箱の前で待機してもらい、キリンを全滅させたら、絶対回避+とんずらでマンティを抜き去り箱を開けてゴール!ぐっじょぶ!

残り時間、たぶん1分くらいだったと思う。熱かったー。古銭もたくさん出て気分の良いラストとなりました。やっぱ、クリアできるのとできないのとでは、全然違います。ミニさんに預かってもらってるアポリオンのチップが、徐々にたまってきていて2セット目も作れそうかな。そうしたらオメガ2週連続攻略、なんてのもありかなと思ってます^^

(戦利品)古銭×69枚 素材=忍忍侍侍暗暗黒黒(なんか素材は2個ずつでました)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-27 00:19 | FF11 リンバス
調整と裏サンドリア制覇
裏LSは複数団体で突入がかぶると、人数が多いだけに収拾がつきにくいため、事前に裏LSのリーダー同士が話し合って、突入の予定を調整しているみたいです。わかりやすく掲示板みたいなのでもあるとわかりやすいのだけど、こういう調整って骨が折れますよね。毎回交渉おつかれさまです。

裏LS同士で調整しているとはいっても、それはオフィシャルな効力を持ちませんから、仕組みを知らない人は早い者勝ちだと思いますよね。そういったLSが出てきたら調整の場に誘っているのでしょうが、今回は少人数で裏世界を楽しもうという方だったようで、交渉の余地も少なく、先に入られてしまったようです。

その辺の事情に疎いのでなんとも言えませんけど・・向こうもそれなりのリスクと負担(100万ギル)を投じて裏世界を楽しもうとしているわけですし、一方こっちも50人そろった段階で1時間以上待ちぼうけを食らわされるのはやりきれない。どうすれば良いのか具体的な案は浮かんでこなかったけど、「BL」とか「晒す」とかいう言葉が飛び交ってて怖かったのはホント。なんとも気まずい突入になってしまいました。

c0048329_025761.jpgそんな事情があって、初めはけだるいような雰囲気があったのですが、次第にリズムに乗っていきます。僕は久しぶりにアタッカーPTに誘われて戦っていました。構成はナ侍狩赤白黒黒(7人組)で、僕は黒魔で参加していました。アタッカーPTの視界というのも自由でおもしろいです。

全体的な進行とか戦術は見えにくいのですが、四方八方で戦闘が繰り広げられている中、スペースを見つけて戦闘を組み立てるのはアタッカーPTならではだと思います。僕は酒がかなり入っていたのもあり、精霊ひゃほいしすぎだったかもしれません。死にかけてガルナイトさんに「かばう」で助けていただいて、ありがたいのと同時に、ちょっと反省もしました^^;

アタッカーPTをやっていると、一回の戦闘に一度連携のチャンスが訪れます。黒魔としてもMBを入れるチャンスです。TPのたまり具合などからタイミングをはかっていきます。やっている方々は歴戦の兵なのでタイミングはばっちりなのですが、裏世界では周囲で戦闘しているわけで、そこから援護射撃が飛んできてタイミングが狂うときがあります。

特に黒魔PTの精霊IV系サポートはかなり連携のタイミングを左右しますね。僕自身黒魔PTでMPが余っている状態のとき削りをスピードアップする意味合いをこめて精霊を近くのPTに援護射撃していましたけど、これからはタイミングをはからないといけませんね~。外から見てやっとわかるというのも鈍さですけど・・これもひとつの経験かな。

逆に、黒魔PTがNMに向けて精霊一斉射を行うときは、タイミングがわかりますから、その場にちゃっかり加わって精霊撃ってました。強い強いNMがサンダガIIIを雨あられとうけて何もできずに沈んでいくのは圧巻です。これはすごい。ほんとすごい。これみて黒魔Lv75にしようとした人も、ひょっとしたらいるかもしれませんね。

c0048329_01125.jpgその後も順調に進軍し、ボスを倒した段階で残り時間1時間半。さらにそこからリポップした獣人と戦い続けて、結局裏サンドリアにいる全部の獣人を倒すことに成功しました。すごー。裏バストゥークは何度も制覇を目にしていたけど、裏サンドリア制覇は始めてみました。制覇記念に集合写真でも撮るのかなと思ってたら、みんな眠くてばらばら帰っていく。あまり特別なことでもないのかな?

僕はといえば、眠かったけど、凱旋門の前で色々ポーズを取ってみたり、テラスの上からSSとってみたり、いつもは移動制限が多い裏世界でのささやかな自由を楽しんでから帰りました。次は裏ウィンダス制覇だ!なんて言葉もありましたけど、その場にいあわせてみたいものです^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-26 00:19 | FF11 裏世界
アサルト日和(その2)
まだまだ続くアサルト街道・・といいつつ、実は前の記事は2日にわかれてます。アサルトって軽くいけるから何戦も連続でやりたくなるのですが、募集から40分くらいで終わるのが良いところだと思ってます。だから、その気軽さも楽しもうかなと、平日のログインは基本1戦のみにしてます。

チケットを4枚貯めて一気にやりたいという方も多いですし、そのあたりの柔軟性もアサルトのもっとも良いところですよね^^


3戦目:ルジャワン「オリハルコン」

アサルトのチケットを余すことなく消費している僕ですけど、一等アサルトについてはそれほど熱心ではないです。お得意のラミアのほかにはレクイエムくらいしかクリアしてません。それなのに上等兵昇進試験をうけられるのだから、昇進試験の基準はけっこうゆるいのかもしれませんね。

このオリハルコンはLSのグレさんに誘われて行きました。純正LSPTってやつです。なんだか久しぶり。LSでアサルトに行くパターンは最大4戦を行う「固め撃ち」形式だから、常にチケットの枚数が0~2枚を行き来している僕は遠慮してました。今回はアサルト道中のインターバルにビシージをはさんでいて、ビシージ終了後に誘われたのでちょうどいいかな~って。実は機会があれば参加したいと思ってたんです。野良のスピーディでコンパクトな楽しさとは別に、LSというよく知っている間での気楽な楽しさというのも魅力的ですよね。

(編成)グレさん(忍)&ずーさん(白)、ひがんさん(侍)&しゃるさん(赤)、僕(黒)&るみさん(黒)

なれてるぐれ組がスタート地点から南のコースを、ひがん組と僕の組で北のコースを探索します。マップは思ったより複雑で広いなぁ。

えー肝心のアサルトは、「アイディアはおもしろいんだけど、なにコレ」って感じ。NPCから渡されたつるはしを片手にひたすら洞窟内に点在するポイントでつるはしを振るいます。コチン・・石つぶて・・コチン・・なにもでない・・コチン・・ご~ん(ミミズが沸く音)。つるはしが壊れました・・うあ~ヽ(`Д´)ノ

ミミズはストンガIIIやクエイクを使ってきますが、HPはそれほど多くないです。ブリザドIV一撃で4割ちょっとを削れました。サイレスは印なしだとなかなか通らず、印ありだと通ってました。サイレスが通らないときは、仕方ないのでスタンで詠唱を潰してからIV系を詠唱していました。弱いけど、気を抜くと一気にやられてしまいそうなバランス取りですね。

つるはしを振るうこと20分ほど。ついにオリハルコンを掘り当てたようです。このアサルトでおもしろいのはキキルンがこの瞬間にアクティブに変わることです。オリハルコンを横取りしようという魂胆。インビジをかければなんてことはないのですが、いやらしいことに掘れるポイントの近くでキキルンがうろうろしているので、オリハルコンを掘った瞬間に襲われることもしばしば。僕らも襲われてしまいました。

キキルンは攻撃間隔がはやく、スリプルIIを直で撃ち込むのは難しい・・。なので、スタンを撃ち込んで距離をとり、バインド>スリプルIで寝かしてスリプルIIで上書きするという面倒くさい操作が必要でした。死ぬかと思ったよ^^;

LSでもはじめてのクリアだったのかな?勝てれば満足、楽しかったですw


4戦目:レベロス「土竜作戦」

アサルトから帰ると、タイミング良く土竜シャウトが。LSの方々はチケット切れみたいだったので、PTを抜けて参加してみました。

(編成)ナ赤赤黒

ナイトさんと土竜で組むのは初めてです。守りに適したジョブですから、敵が攻撃してこないこのアサルトでは退屈なのでしょうか。サポ忍にして片手剣二刀流で攻撃力をアップしてました。それにしても、ナイトやっている方はセカンドジョブに忍者か黒魔を選ぶ傾向が強いですよね。黒魔はPMの影響だと思いますが、盾ジョブに誇りを持っている人が多いのかな。

特記するようなこともなく、残り3分ほどでクリア。4人ならば前衛2後衛2のバランスが良いみたいです。少し削りがよわかった感じがしました。レベロスのアサルトは人集めから戦闘まで淡々としているけどコンパクトなのがいいですね!


番外編:上等兵昇進足跡探し

アサルトから帰ってくると、足跡シャウトがあったとグレさんから聞きました。なんでもワジャーム密林のG-10にポップしているとか。この機会を逃す手はありません。そそくさと用意を整えてワジャームに向かいます。詩人でマズルカつかっていこうかと思いましたけど、帰りはデジョンでさくっと帰りたかったので黒魔でいくことに。

G-10はマムークの北にある行き止まりで、すっごく遠い・・。歩いている途中で気づいたのですが、オルドゥームリングで飛べばかなりのショートカットができるんですよね。ああ失敗した。オルドゥームリングを使ったずーさんとシャルさんに抜かされて、ちょっとくやしい。僕が一番最初にスタートしたのに~。

現場はモンスターがうじゃうじゃいる危険地帯だったのですが、スニークだけでOKな敵だけが周囲に残る状態にちょうどなってくれたので、楽勝でした。印スリプガIIの出番かなと用意してたので、すこし物足りなかったけど。

これで上等兵!ペリキアのライアーフをシャウトするときが来ました。人あつまるかな~。


(おわり)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-25 12:25 | FF11 金策
アサルト日和(その1)
アサルトの報酬って、なんですべて装備品なのでしょうね。ENMのときにも思ったけど、競売で不足しがちな消耗品が手に入ったらいいなぁ。全アサルト共通で、蜂の巣のかけら1ダース(50ポイント)とか。そうすれば、細切れのポイントやお手伝いで行ったところのポイントが少し役立つかも?

最近シャウトする気力がないので、アルザビで消耗品の合成しながらひたすらシャウト反応です。海猫アサルトにいい加減飽きてきたというのもあるかな・・合成とアサルトの二足のわらじは荷物的に厳しいのですが、モグロッカーの導入でなんとかやりくりしてます。


1戦目:レベロス「土竜作戦」

ログインしてすぐ4人で土竜いこう~式のシャウトがあったので参加。シャウト主の女忍者さんはシャウトに乗る形ですでに10戦くらい一緒に戦っていますので、僕は常連さんというところかな。フレンドリーなPTの雰囲気と常に安定した運営で安心して参加させていただいてます。

(編成)忍暗召黒

この土竜って、基本的に「攻撃してくる敵と戦わない」ので、HP依存の潜在装備品がかなり効果的ですよね。戦闘直前まで毒薬でHP削っておいて、最初から潜在効果ばりばりで攻めます。シノビピアス(潜在能力:ヘイスト+20%)と(シノビリング潜在能力:ヘイスト+4%)で速い速い~^^PT内で合意があれば、中でキキルンと流しながら戦闘して、攻撃に効果を発揮する潜在効果を持つ装備品を生かすのもありかな。黒魔はヒーリングをはさむから難しいけど、前衛ならば面白そう。ほかに使えそうなのは、竜騎士さんのドレイクピアス(ダブルアタック+5)&ドレイクリング(潜在能力:ジャンプ効果アップ)しかないけど・・忍者さんの潜在に比べると、すこし微妙かもしれません!

結果は10分表示が出るあたりに終了。さくっとしてます。


2戦目:レベロス「土竜作戦」

またまたレベロスのアサルトです。アサルトのポイントをギルに換金するには今一番ホットなアサルト。すっかり味をしめてしまいました。イギトクラッコーは、このお祭りが終わった後にでもとりたいと思います。。

このシャウトは「当方あまり詳しくないので、経験者さん募集です。」となっていたので少し躊躇しました。経験者さんですよ?これシャウトに反応したらかなり自信満々ですよね。俺が教えてやるぜみたいな。でも反応しちゃうのでした。

(編成)暗竜白黒

岩の位置とかよくわからなくて、このアサルトについて説明して欲しいということでしたので、さくっと説明します。装備品はホマムコンプしてたりクラクラ持ちだったり凄いし、わからないのに4人で募集をかけているところとか、ほんとに僕が説明しちゃっていいのかな~と思いましたけど、中途半端は良くない。あまりごちゃごちゃ注文つけたくなかったので、シンプルに

①キキルン・ボムとは戦いません。
②残り10分の表示が出たら一人ゴール地点に向かってください。
③岩の位置は破壊寸前でお知らせします。

・・という感じでした。残り10分でゴールに戻るというのは少し早いのですが、安心を優先。岩の位置は最初に座標で示すよりも、そのつど「そこから右手沿いに北上です」とか説明したほうがわかりやすいかなと。あと、4人でいくならば、これから先自分達で運営していくつもりだろうと思ったので、今後の運営に役立ちそうなネタを少々まぶしました。

結果は残り2分くらいでクリア。ちょっと、ほっとしました。これで失敗したら、完全に僕のせいですし。経験者」ってほどしっかりはしてないですから^^;


(その2につづく)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-25 11:30 | FF11 金策
必然の結末(日本vsブラジル)
日本 1 – 4 ブラジル


昨日は早めに寝て4時に起きるという、社会人としてあるまじき行動に出てしまいました。それくらい見たかったというか、有給とるより眠さをとろう~。

W杯がはじまってからというもの、FFに使っていた時間をW杯観戦に当てているので、どうもヴァナでのネタが枯渇気味なのが記事の内容からもバレバレかもしれません。このブログ名の先頭についている「FF11」をW杯期間中削ろうか考えているくらい。今大会はほんとおもしろいです。バレーボールの球みたいに軽くてすごい変化するボールを使ったり、ゴールを増やそうとするあざとい思惑はちらちらしてますけど、これだけの強豪国が名をそろえる大会ってそうはないです。たぶん、つぎの南アフリカ大会は低調な大会になるだろうと予想できるだけになおさら。

ながいです。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-24 00:56