たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧
バトンをもらったよ
リンクさせていただいているデュオさんからバトンを頂きました。バトンもらうのはうれしくて、はりきって答えたら、妙にリアルネタ満載に・・。ってことで読みたい方だけどうぞ。

ナナシバトン
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-31 00:49 | 雑談&戯言
ゲーム機ハード争い
今さらかもしれませんけど、PS3の発表がありましたね。これからは、スタイリッシュな高性能を追求するPS3(ソニー)とゲーム性を追及するWii(任天堂)の争いになるのかなぁ。

発表の記事をぼんやり眺めてて思ったのですが、Wiiの特性と価格設定からすると、PS+αのアルファの部分である2台目のゲーム機としてのシェアを狙ってるのかもしれない。真っ向から争うのではなくて、あくまで独自のゲーム性と多人数プレイの楽しさで売るという・・。真っ向勝負になって、どっちが勝ったとか、一ファンとしてはすごく不毛に思うので、是非そうなって欲しいなぁ。

ゲーム機シェア争いの末路というか、少し前の話ですけどワゴンセールでニンテンドー64が叩き売りされてました。本体とゲーム5本買っても1万円いかないなんて!!スーファミのときは任天堂のゲームのファンといってよかったけど、PSの時代に入ってから遠ざかっちゃったので、懐かしくなって思わずオトナ買いしてしまいました(´ω`*)

唐突にニンテンドー64ソフトレビュー!長いです
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-30 23:31 | 雑談&戯言
お散歩と隕石(アポリオンNW)
リンバス活動の日。今回はミニさんとシャルさんが熱を出してお休みでした。季節の変わり目ではやってるのかな~お大事に!

アポリオンは今日も盛況で少し悩みましたけど、当初の予定通りアポリオンデム方面へ出発することにしました。ダメなら他に行けばいいしね。

(編成)ナナシ詩白黒 侍モ 8人 僕は黒魔で参加


・・・・・・・


春はあけぼの、アルタユはクラゲ。定番ですね。名物ですね。

この日もざくっと殺されました。みんなを逃がそうとスリプルII撃ったら、まさかのレジスト。こうなると死を待つのみです。意地のスタンを入れつつ、みんながアポリオンに無事逃げ込むのを見届けられてよかった~。ひとつ言っておきたいけど、からまれたのは僕じゃないよ!

アポリオンの中は先行のアライアンスが突入待ちをしていましたけど、裏LSで一緒の方もいらしてとても丁寧に対応していただきました^^突入場所がかぶってなくてよかったです。突入予定のNWもすぐに占有が解除されて、こんなにうまく行って良いのかってくらい、スムーズな進行。


・・・・・・・


戦力的にいつもより少々薄かったので、ギリギリの戦いの連続でした。いつもは強いとは思わない1層目の巨大カエルや2層目の雄羊は激戦でした。特に2層目は両ナイトのインビンがかぶってしまい、強烈な攻撃力を真っ向から受ける形で、少々厳しい展開。それでもほとんど死人がでずに進めてしまうのは、経験の蓄積からくる連携の向上なのかな~と少し嬉しく思ったり。激闘のさなか・・

「やばい」

「!」

「どうしたの?」

「コーラが切れた。もってこなきゃ。」

とか、余裕の会話まで出るのは頼もしいです( ´∀`)


・・・・・・・


戦力的に厳しいアダマン亀と真龍以外は根こそぎ狩りつくして、最終層へ。残り時間は30分もあります。アダマン亀をスルーしたとはいえ、11人で来たときと遜色ないペースでここまで来れたことは次への自信になりますね^^

ミニベヒーモスをかるく平らげて、カイザーベヒーモスと遊ぼうという話に。というか、あわよくば倒す気満々でしたけどね!

前回はメテオの処理がイマイチわからなくて、最初てこずりましたが、今回はかなり余裕が生まれていました。メテオはターゲットになっている人が射程範囲の外に出れば良いらしいのですが、明らかにターゲットではない人にメテオが落ちる(ターゲットが移動?)ことがあったので、大事を取ってメテオ詠唱を確認したら、全員射程外に出ることにしています。

ただ、それだと前衛アタッカーの出番がまったくないので、カイザーの後ろにぴたりとつき、メテオの詠唱を開始したらダッシュで近寄り、黙想WSや不意玉をぶちこんで逃げるアタックも試すことに。メテオの詠唱はガIII系くらいなので、十分一撃離脱は可能ですね。なんだか、ピンポンダッシュしてる悪ガキみたいな絵でしたけど(´ω`*)

黒魔としては、前回余裕がなくて試せなかったスリップダメージ系の魔法が効くか試すことが最優先でした。バイオIIはわずかなダメージながらも入りますし、ポイズンIIも入っていた。試さなかったけど、精霊弱体も入るんじゃないかな。IV系精霊を打つ体勢にないときにはスリップ系も視野に入れられそうです。

そんなこんなでカイザーとのお散歩を楽しみました。たまにチャレンジしすぎてメテオ食らう人がいるくらいで、極めて安定してて鼻歌も聞こえてきそうな勢いです。次の課題としてはマラソンはなるべく時計回りにしたいことと、方向が変わったときに声の掛け合いをもう少し増やすことでしょうか。

また、遊びに来てもいいですね!

(占有時間)90分
(戦利品)獣人古銭×41 素材=侍詩
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-30 00:18 | FF11 リンバス
悪者とスウィフトベルト
スウィフトベルト取りに行ってきました。

スウィフトベルト ExRare 命中+3 攻-5 ヘイスト+4% Lv50~ All Jobs

主に空蝉を効率よく回したり、前衛アタッカーの方に人気のある装備品なのですが、詩人の腰装備としても優秀なんですよね。詩はどういうわけかヘイストの速度アップが適用されるので、ヘイスト+を積み上げていくと実戦で大きな効果を得られるようになるみたいです。

・・みたいです。というのは、僕がヘイスト増強装備にあまり熱心じゃないので、未知の世界だからです。まあ、他の装備品も普通に働ければいいや~くらいの適当さなのですが、手に入れられるチャンスが目の前にあるならば、チャレンジしてます!

ずっとモグハウスに安置されていたフォモルコデックスをカバンにつめて礼拝堂に向かいます。


・・・・・・・


スウィフトベルトをドロップするNMですが、これは少し特殊な出現の仕方をします。
①礼拝堂のタウルス系モンスターからフォモルコデックスを入手。
②対象のPCのフォモルの恨みがMAX状態にする。
(Stale Draft調べたとき「すぐにここから~」とメッセージが出る)
③恨みがたまった状態でStale Draftにフォモルコデックスをトレード。
④種族ごとに異なったNMが出現する。
⑤種族NMを倒し終わった後、トレードした人の恨みはリセットされる。

この中で特に④が厄介です。というのは、トレードする種族に対応した種族NMが出現するので、自由に出現NMを選べないんです。僕の種族はタルタル。で、タルタルNMは2Hアビリティ:アストラルフロウとガ系精霊を操る強敵で、他の種族NMより頭3つ分くらいとびぬけていて、死人なしに倒すのはそれなりの人数とジョブ編成を必要とします。

他のNMは1PT+αで倒せるのに、タルタルだけ仰々しい軍容で倒すのは馬鹿馬鹿しいですよね。なので、タルタル族の希望者としては、他の種族の方に恨みを貯めてもらって、トレードまでお願いする必要があるわけです。


・・・・・・・


その日集まったのは、忍忍戦侍赤コ白黒(タルタル4・エルヴァーン1・ヒューム2・ミスラ1)。

・・・タルタルが多いのは今に始まったことではありません。うちのLSは主力メンバーの半分以上がタルタルなのです!この日も、タルタル以外の4人に恨みを貯めてもらって、トレードしてもらいます。編成上、恨みがたまったら該当の種族の部屋に移動して、そこでNMを出現させて戦闘し、終わったら移動ということになります。礼拝堂はベルトNMを取りに来たPTで混雑していて、僕らはジプシー状態でした。

ジプシーのように移動するのは良いのですが、それぞれのPTが効率の良い種族の場所に拠点を置きながら恨みためを行っているため、NMと戦闘したい場合は、当然迷惑をかけるわけですから、交渉した上で場所を少し空けてもらうことが必要になります。


・・・・・・・


こういう交渉って面倒だからか、だれもやりたがらないですよね。僕だってあまりやりたくはないです。でも、黙っていたってラチがあかない。主張すべきところは意思を示さないとズルズル時間ばかりかかってしまいますよ。

僕がリーダーだったら、こういうことは率先してやる。仲間内で楽しく気楽にやりたいのは山々ですけど、そうやって気分の良い曖昧さに身をひたしていたら、行き詰ってしまう場面はたくさんありますよね。誰かがドロをかぶるというか、面倒な役回りをやらなければならないとしたら・・それはリーダーが負うのが一番スッキリするのかな、などと考えてます。全員で均等に負うのが理想ではあるけれど。理想は理想だから。

誰だって悪者にはなりたくない。面倒なことはやりたくない。でも、誰かがやらなきゃならないんだから。ということで、この日も交渉役にしゃしゃり出てしまいました。ほんとは隅でじっとしてたかったんだけど、性分なんです。


・・・・・・・


ちょっとグタグタになりつつも、最後に希望のあった忍者サブリガがドロップして、最後に少しだけ報われた形になりました。でも、毎回のように失敗しているということはなにか原因があるんだよ。

「最後に出てよかったね^^」
「ありがと^^」
「^^」

で終わるのもすばらしいことだと思うけど、それなりの反省とそれを踏まえた改善というのがあってもよいのではないでしょうか。こんなこと提案する時点でほがらかな和(?)を崩しているとは思うのですが・・こういうことを考えることも必要でしょ。

その上に快適な活動が乗ると愚考します。ドロをかぶりすぎるとワルモノになっちゃうけどね( ノД`)

(この記事の70%はアイテムゲットできなかった腹立ちからきてます。くやしすぎ。)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-29 00:44 | FF11 アイテム/NM
またもやリヴェーヌ
恒例のリヴェーヌワート取り。

サンドリアにクエスト受けに入ったら、「ミテラテ様言行録をてにい入れた!」のメッセージが。あああああ、もらい忘れてた・・あまりにマヌケな悲しみを隠しつつ用意してリヴェーヌへ。ゆっくりウロコ取りしつつ、全員集合するのを待ちます。リヴェーヌは盾と後衛さえ揃っていれば、中に入って遊んでいられるのがいいですよね。

???を見つけても「何もなかった」だけ。悲しいけど、悔しいから調べちゃいます。嗚呼。


・・・・・・・


まずは無制限マメット戦。
編成:忍侍赤赤黒黒

作戦はシンプルに赤2人(リーダー&シャルさん)がそれぞれマメットをマラソンして、残りの4人で削っていく作戦です。やりなれている戦術だから混乱もないはずでしたけど、一匹目を倒し終えた後、僕が「シャルさん戻ってきてー」と指示をだしたのと、リーダーが「一匹持って行く」と言ったのがかぶってしまって、ちょっと混乱状態に。

僕としてはクリムゾン脚で移動速度UPしているリーダーの方が安定していると思って赤魔シャルさんに戻ってくるようにお願いしたのですが、突入からして誰が指示を出すとか決めていなかった弱みというか、船頭が2人以上だと場が混乱するとか、とにかく「マメットは楽勝!」という油断を突かれたかたちになってしまいました。

混乱を収集しようと文字を打ちまくりますが、そうなると黒魔としての仕事がおろそかに。僕はスタンの順位1番とマスター収集によるリキッド使用との役で、これがまわらないことにより忍者グレさんガ系くらって即死。ごめんなさい・・。

2匹目はなんとか2Hアビリティを投入しつつ削りきったのですが、唯一の盾である忍者が衰弱中だと危ないので、衰弱直るまで一匹マラソンするハメに。黒魔2人組も足止めサポートとしてスタンとバインドに走りました。マラソン後半になるとバインドって耐性ついてあまり入らないんだね。

結局粘り勝ちというか、辛くも勝利を手に入れることができました。マメットは油断していると一気に崩れますね。安定していると雑魚なのに~。戦利品は、ミテラテ×2、バイソンステーキ×1、祈雨石×1でした。フィウさんが応龍来来のトリガーを引いたので、そのうちLSで討伐行動にでるのかなぁ。リーダーの「マメット報酬は食い物ばかり!」というノロイは今回も健在でした。


・・・・・・・


お次はENM「愚かなる木」です。
編成:忍侍赤赤黒黒黒

プロマシアミッション進行度の都合でマメットクエに参加できなかったルミさんを加えて7人で挑みます。作戦はいつものように炎モードにしてグラビデで引き回しつつ遠隔で削る作戦です。不安要素といえば、誰も毒薬持って来ていなかったこと。先週のリンバスで使い切って以来補充してなかった。

マントラップの範囲睡眠はそれほど範囲が広いわけではないのですが、いろんな人がタゲを取りつつバトルフィールド内を走り回っているので、下手するとまとめて眠らされてしまい、ちょっと危ないこともあります。やっぱ毒薬は偉大だー。

何人かは装備すら持ってきていないという舐めきった(!)突入だったのですが、ひとりも死人を出さずにクリア~!白魔がいないから死んでしまったらレイズできなかっただけに、ちょっとほっとしました。黒魔は最近良く死ぬので、良い保険が稼げましたよ。

ドロップはレベレンドサッシュ。欲しい人でロット勝負の結果、ルミさんの手に。
おめでとうございます^^ 
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-28 19:22 | FF11 Lv上げ
振り向けばENM
最近お金に困っています。といっても当たり前なんですけど!

最近のログインパターンは、白門で海猫募集シャウトする>編成する>アサルト行く>終わったら速攻でログアウト>完。合計プレイ時間40分強で見事に完結してます。これはこれで理想(?)のプレイスタイルではあるけれど、お金は減る一方。なんとかしなきゃ。

金策したいなら簡単な方法もあるんだけどね。まずHポーションタンクを20000ギルで落札。で、暇な時間にハイポーションを取り出していって競売に並べる。一個3000ギルで飛ぶように売れる。ほとんど手間がかからないのにタンク一個につき40000ギルの利益。。これをログインするたびにくり返すと、競売所の前に座ってるだけでかなりの利益があがる。まさに「ものぐさ」金策法(゚∀゚*)

でも、なんていうか、不毛な行為のように感じるのは、気のせいじゃないと思う。他にも方法がないわけではないです、例えば、メリポPTに応募して戦績でアトルガン貨幣を売りまくるってのもいい。今はワラーラ需要で割高で売れますし。でも、そこまでやる気もわかないのは困ったな。狩場が近くなったんだから1時間程度でメリポって形式のPTないだろか。

ビビキーでクラゲ買って毒薬つくったり、タブナジアで紙兵をちまちま作るってのもそろそろ飽きてきたよ。なんか時間かけずにちょこっと稼げることってないかなー・・そうだ、困ったときはENMに行こう!


・・・・・・・


僕の中で一番楽しい金策方法はENMです。バトルフィールドマニアってわけじゃないですけど、メリハリが効いていてゲームをしているという気分になるのが良いです。時間的にも1時間~1時間半程度で丁度いい。アサルトで競売に出せるアイテムをポイント交換して出品するというのもいいお金になりそうだけど、イギトを優先したいので、手をつけるのは入手後かな~。

アサルトの実装ですっかり下火になってしまったENMシャウトですけど、食いつきは今でもそこそこ良いです。経験値とお金という直接的な報酬は今でも魅力。宅配制限がついてから野良でもロット勝負が主流になりつつあるようですけど、PTに聞いてみると分配賛成派の方が多いんですよね。参加したからにはきっちり形になる成果が欲しいと考える傾向があるのかな。

野良だと一回解散すると配分が大変なので、解散前に身銭きって分配しています。ジュノ競売最終落札価格から出品手数料一回分を差し引いた額をその場で分配。値段が下がると損してしまうけど、気軽な感じが残せるのは変えがたいメリットに思えます。

まあ、負けちゃうこともありますけどね!( ノД`)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-28 13:14 | FF11 金策
ビシージLv5
アルザビの風物詩として定着してきたビシージですけど、どんなときに参加していますか?

敵拠点の戦力を細かく確認してビシージに備える・・ってことはしたことないし、ビシージが始まるからやっていることを中断して急いで戻ってくるということもない。僕の場合、なんだか攻めてきたからちょっと行ってみるかな、って感じが多いです。ビシージは行動のメインにはなりにくいですよね。

なんでそんなことを聞いたかというと、今現在ビシージは極限を試すかのような重さ(!)です。この重さは参加人数の多さ(約700人)からきていますよね。この重さが解決する日は来るのかなって考えてまして。

僕の結論は・・・参加人数は時間が経ってもそれほど減らない!簡単に戦績が稼げますし、なんだかんだいって参加したくなりますよね。街の中にいればちょっと行ってみようかなというようなバランス取りというのもあります。

だから、この重さは簡単には解決しないし、ビシージはそういうものだって思いながら、重さまで楽しもうとあきらめの境地ですw


・・・・・・・


LSの方に誘われてアルザビに入ろうとすると、なぜかアルザビ港にただずんでいました。なんで!?と一瞬混乱しましたけど、アルザビのエリア許容人数上限近いのかなーと思い当たりました。サーチしてみると、やはりの697人。700人が上限なのだろうか。

入れないうちにビシージが始まったらあきらめようと思いながら、何回かトライしてみると、運良く入ることができました。アルザビにエリアチェンジしたすぐのところにある内扉が開くか開かないかにドキドキしまたよ^^

・・と思ったら、モグハウスに帰ったグレさんがアルザビに入れないという。入れ違いだったんだね。早い者勝ちの世界。それがビシージ・・。


・・・・・・・


マムージャ藩国が攻めこんできたイベントシーンがインサートされて、戦闘開始!そういえば前もマムージャだったような。セラフサーバー夜の時間に攻め込んでくるのはマムージャが多いのかな。

城門のところにダンゴ状態になってしまうことについて修正がはいったみたいで、ひとつ先のブロックまで移動させられる。いきなり移動するからちょっとびっくりしますね。あのイベントシーンに「各員、所定の持ち場につけ!」なんてコメントが入ってもいいかも。第一種戦闘配置なんて軍隊用語(?)だけじゃわからないよ。

アライアンスで15人組だったのですが、みんなバラバラに飛ばされていたのは面白かった。マップですぐに確認したら、結構いろんな場所にとばされているんだね。


・・・・・・・


ビシージ中の外国人さんは熱い。「死んでも経験値のロストは0だぞ!レイズを待たずにHPに戻って戦線復帰せよ!(超意訳)」とか叫んでます。でも、「HP白門においてある人は戻ってこれないよlol」とかシャウトがかえってきたり、なんか面白いです。

外国の方の裏世界突入は、HPの掲示板で毎回募集していると聞いたことがあるけど、こんな雰囲気なのかなー。お祭り騒ぎが好きなんだ。

日本人の方は、「アライアンスやPTに空があるよー!はいりませんか!?」というシャウトが多くて、効果的に編成しようとしているところが良いですね。実に現実的だ。


・・・・・・・


僕はせっかくアライアンスに入れてもらったのに一人で行動していました。みんながいるところは敵も味方も密集している激戦地だったから、これじゃ前までと同じじゃないかと思って。それで、敵の密度が低いところで、他のアライアンスが戦っている後ろから精霊魔法やスタンを入れて遊んでました。MP尽きたら後ろに下がってMP回復。気楽。

精霊IV系を入れてもダメージ200いかないんですよね。精霊の印入れて撃っても変わらなかったので、常にハーフレジされるほどのレベル差であるということと、途方もない魔法防御力をもっている感じでしょうか。

ほどなくしてモンスターがデジョンして帰っていく・・。撤退の条件は一定の損害を与えることなのか、それとも時間なのか、複数条件があってどれかの条件を満たすと撤退するのか。考え出すときりがないけど、時間という条件が一番大きいような気がします。

経験値657ポイントと戦績をゲット。次は詩人で来てみたいけど、詩人の弱みは常に味方の中心地点で活動しないと真価を発揮できないことです。つまり行動に自由が利かない。ビシージには気ままに動ける黒魔の方があっているのかなぁ。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-27 19:42 | FF11 LS
ラミア13号討伐作戦(一等傭兵・イルルシ)
ラミアにあやつられていたフォモルたちの逆襲がユニーク(?)なアサルトに行ってきました。シンプルなものが多い一等傭兵アサルトの中では、かなり面白い部類に入ると思います。

○ラミア13号討伐作戦

死体を弄って禍々しい実験を繰り返していることが知られ、皇国兵士の間で恐れられているラミア13号。不滅隊より、そのラミアを発見したとの連絡が入った。アサルト要員はただちに現地に急行し、ラミア13号を討伐せよ。

作戦目標:Lamia No.13を倒す。
作戦戦績:4,000

マップはかなり広いのですが、敵はラミア13号とそのおつきのフォモル3人組だけ。この不思議な集団は一団となってマップ内を周回しているので、まずはそれを探し当てるところからスタートです。狩人の広域サーチがあると便利かもしれませんけど、探すのはそれほど苦労しませんでしたよ。

このアサルトの特徴は、フォモル3人組をどちらが味方につけるかです。フォモルはディスペル&フィナーレを入れると魅了状態から回復し、ラミアを攻撃しだします。ラミアも範囲魅了WSを行うことで、ふたたびフォモルを味方につけようとします。

フォモルは良く寝るので寝かしてラミアを削っても良いのですが、ラミアはかなりのHP量で簡単に倒せる相手ではありません。そこで、フォモルさん達にも削りに参加してもらうことで、PCへの範囲魅了を防ぎ、削り速度をUPさせることが基本的な戦術になるようです。

ラミアの範囲魅了の判定はグループごとなので、フォモルにくるときもあればPCに来るときもあります。ですので、PCはなるべく固まらずに後方に下がるのが理想的かも。全員で魅了されてしまうと、そこには悲劇が・・。


・・・・・・・


やってみた感じ、ディスペル&フィナーレ要員が3人いれば、少人数でもいけそうなバランスですね。フォモルが我に返ったようにラミアに反旗を翻す辺りが、なんか可愛いですw

難易度が高くないのに作戦戦績は4000と高いので、イルルシの戦績稼ぎはこれできまりそうな感じです!
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-27 14:55 | FF11 アサルト
自分なりのスタイル
イギトゴムレフを目指して、白門でシャウトする機会が増えました。でも、僕はどうもシャウトは苦手で、叫ぶまでに逡巡があります。すんなりシャウト出来る人がいるならば、すごいと思う。

苦手だけどシャウトするのは、あてもなく待つのはもっと苦手だから。せっかくヴァナにログインしたのだから、さくっと遊んで、さくっとログアウトするのが理想です。ヴァナにいると感覚が麻痺するというか、あやふやになってしまうんですけど、街の中でぼけっとしている時間もゲームしている時間ですよね。

ぼけっとしたい気分の時にはそれでも良いけれど、なにかしたい!と思っているときに何も出来ないでいると、どんどん気分が落ち込んできます。リアルでゲーム以外の選択肢もありえたな~なんて考えてしまうから。

だから、シャウトするのかな?


・・・・・・・


シャウトする前は集まるかなとか、いっそLSに聞いてみようかなとか、いろんなことが頭をよぎります。やるからには失敗したくないけれど、他の人の反応もあるから絶対という言葉はない。やっぱり不安になりますよ。

そういうこと考えていると、面倒くさくなってきて、もう叫んでしまえ~とあらかじめ組んでおいたマクロのボタンを押してしまいます。ぽち。マクロで組んでいた内容のシャウトが自分のログにも流れます。あ~あ、叫んじゃった。こうなったらやるしかない。後は、シャウトに反応してくれた方のテルをさばいているうちにそういったことは考えなくなります。単純なんですよねー。

シャウトしてくみ上げたPTはいつもメンツが異なり、今まで一度も組んだことない方もちらほら。セラフサーバーでかなり長いこと遊んでいるはずなのに、こんなに知らない人がいるなんて、セラフに限定されてはいるけれども、ヴァナは広いなぁと改めて思ったり。


・・・・・・・


今思えばプロマシアディスクの頃は、LSによりかかりすぎていたなと思う。PMの企画に始まり、ENMや他のイベントまで企画したり運営したり・・いろいろやっていたつもりでも、ほとんど全てLS内で完結していた。

その日のLSのメンバーリスト眺めてやること決めたり、LSのホームページ上での参加募集とかも活発にやっていた。身内で遊ぶのは、どこかほっとするしすごくおもしろいけど、そればかりに偏ると内向きの関係ばかりになってしまいますよね。リアルでもヴァナでもバランスは必要だと思う。

まだまだ思索段階でどう変わるかわからないけど、自分にあったプレイスタイルってやつを見つけてみたいです^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-26 12:41 | FF11 LS
W杯までもう少し!
W杯メンバー23名が決定して、いよいよ本番前の雰囲気が漂ってきましたね。今回は、前回のW杯よりも気楽なムードが漂っているのは、監督のパーソナリティとチーム作りの過程も手伝っているのではないだろうか。

前回のトルシエのチームは、負けたらおしまい、何も残らない、というチームだった。勝つこと、開催国のノルマを果たすことが絶対命題だった。ひるがえって、今回のチームにはそういったじりじりとした逼迫感がない。W杯というお祭りに、日本代表という作品を出品するような感覚なんじゃないかな。

サッカーは代理戦争だという論もあるけど、日本にはその考えはなじまないよ。お祭りに磨き抜いた自分たちの傑作を持ち込む、ってほうがマッチしている。今のチームを観ているとそんな気がします。未だに日本代表監督がジーコって、ちょっと驚きですよね。なんで日本代表の監督なんてやってるんだろって感じ!すごいよなぁ。

ジーコ監督の能力については、ネガティブな意見が多いですよね。オランダではないけれど、戦術マニア(!)の多い日本では受けの良くない監督だと思います。まあ、4年間も指揮してきて、守備の約束事がしっかりしていないというのは危うさを感じますが・・。4年間監督を続けられたという点だけでも非凡だとは思います。運とか巡り合わせとかも含めてね。

大体、代表監督ってチーム内の選手の出入りが激しいから、できることは限られていると思う。だから、長期政権を続けつつ、チームをまとめ上げていくのが最大の仕事ではないだろうか。優れた戦術とか試合中の采配とかもプラスされれば、なお良いですけど。

背番号が発表になりましたね。ジーコ監督は選手に番号を選ばせているのかな、と思うようなナンバリングでした。前回はトルシエが全部選んでましたよね。中山選手の10番とかね。今回の、柳沢選手の13番、アレックス選手の14番、川口選手の23番なんて、そのまま、それぞれのなじみのある番号です。マスコミはどうしても巻選手を持ち上げたいみたいだけど、彼の11番は明らかにたまたまで、この騒ぎには彼自身も苦笑しているのではないでしょうか。

余談ですけど、個人的に川口選手の背番号には注目していました。こだわりの1番よりも、再生の象徴である23番を選びましたね。本大会でも活躍して欲しいです。日本代表の背番号1って未だにW杯のピッチにたったことないんですよね。今回もそのジンクスは続くのかな~?

今回もアジア勢の前評判はあまり高くない。アフリカ勢の評判も高くないので、今大会は欧州と南米の争いになるというような観測さえあって、それはかなりの確率で実現しそうなのも事実。でも、アジア勢は近年希にみるような充実ぶりですよね。日本に限らず、韓国、イランも黄金世代と呼ばれたメンバーに若手がミックスした魅力的な布陣です。決勝トーナメントに是非複数チーム勝ち上がって欲しいところです^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-05-25 00:46 | スポーツ