たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:FF11 クエスト( 44 )
[クエスト]とある契約 - グロウベルク -
こんにちは。

LS会話で、何かやりたいことありませんか~?という話の流れから、なんとなく「とある契約」に行くことになりました。聞いたところによると、オーグメントアイテムのクエストみたい。行ったことないけど、ついていくことに。

〇クエスト概要
1.グロウベルグ〔S〕(F-6)の川にいる Callisto に専用武器をトレードする。
2.過去エリア各地に散らばっている Watchful Pixie に話しかけると選択肢が表示される。
特定の選択肢を選ぶとモンスター数体が出現し、戦闘状態になる。
3.戦闘に勝利した時に出現する Jubilant Pixie に話しかけると報酬を得られる。
◦契約していた場合、武器にオーグメントが付加される。気に入らない場合は受け取り拒否できる。
◦契約していない場合、素材などをもらえる。

ふむむ・・なるほど。オーグメントというとフィールド・オブ・ヴァラーを思い浮かべてしまいますけど、こういった別口のクエストもあるんですね。

専用武器はなかなか性能が良いので、うまい具合にオーグメントを付加していけば、使い勝手の良い装備になるかもしれないところが、このクエストの売りなのかも。

〇戦闘
•特に制限はなく、一日に何戦でもできる。
•1パーティ6人まで参加可能。アライアンスは不可。
•戦闘不能になっても経験値ロストなし。
•戦闘はコンフロント形式。
•制限時間30分

コンフロント形式ってのは、確かバトルフィールドには入らないんだけど、外部からの干渉をうけなくなる戦闘形式ですよね。経験値ロストなしってのがうれしいかも。

〇モンスターについて
•敵の強さは☆の数で表現される。
◦☆5個が最強、☆1個が最弱。
◦敵の強さは各エリアごとに独自集計される。
•戦闘を行い、敵に勝つと敵が弱くなる。
また、一定時間経過(地球時間1日?)で敵は強くなっていく。
(以上FF11Wikiより)

過去エリアのどこを狙うかというのはプレイヤーが決められるみたいですけど、強さは変動するんですね。この集計方法だと、メンテナンス後はどこも最強状態になる気がしますけど、☆が多い(つまり、強い)ほど、良いオーグメントがつきやすいみたいだから、一長一短なのか。うまくできてますなー。

LSのトンさんがグロウベルクでの「とある契約」を何度かやったことがあるとのことでしたので、グロウベルクにいくことに決まりました。

〇vsグロウベルク
NPC=グロウベルクJ-11
Ru'Bha Stonewall(ナイト系クゥダフ) ×1 ←ボス
グラビデ・バインド・睡眠は効かない。
Sentinel Wivre(ウィブル) ×4
普通に寝る。他の弱体も入る。

僕らの編成は、成り行きで

ナ/忍 忍/戦 シ/忍 赤/白 黒/白 白/学

でいくことに(僕は黒)。

作戦はシンプルで、ナイトがボスを障害物を使いつつマラソンしている間に、雑魚を寝かして1匹ずつ倒していき、雑魚を片付けたらボスを倒して終了。

この作戦だと、寝かし管理の中心は僕・・ですよね。自慢じゃないですけど、本気のPT戦闘は5ヶ月ぶりですよ!いいのか、これで。ものすごく不安。でも、ジョブ的には当然の役割か。

c0048329_1535689.jpg


グロウベルクに戦績テレポで飛び、そこから南に歩いて(J-11)にいる妖精さんのNPCのもとへ。さくっと戦闘開始し、さくっと全滅(゜Д゜)

妖精さんに戦闘開始を告げに行ったユリさん(白)がいきなり袋だたきにあって死亡。スリプガIIを撃った僕のところに、ヘイトがのったのかボスがやってきて死亡。後はなし崩し・・。自分的にはある程度戦えてはいたけれど、火力が足りていない感じでした。というより、想像以上に敵が強く、遊びがてらに適当な戦闘をして勝てる相手ではなかったというのが一番大きかった。

とても、成り行きで戦えるレベルじゃないです。

c0048329_1536465.jpg

後からやってきたPTさんのやり方を見学させてもらって、色々意見を出し合いながらジョブ変更。

ナ/忍 忍/戦 戦/忍(←シ/忍) 赤/白 詩/白(←黒/白) 暗/忍(←白/学)

火力を増やしつつ、ララバイの方がスリプルより入りやすいみたいだよ?という情報を元に修正をはかる。さあ、これで行けるだろう!

敵POP→敵がまとまったところに達ララ→4匹中2匹にレジられる!→向かってきた雑魚に単ララ→レジスト!→死亡(;゜ロ゜)

えーーー!?スリプルは印なしでもレジストはなかったのに、何このレジストの嵐・・。ララバイの方が効きにくいんじゃないの?ってか、僕のブースト不足なのかな。がっくり。

それでも、仲間たちの奮戦で雑魚を一掃し、ボスを撃破。僕的にはとても役に立っていない感じで悲しかったけど、勝ててよかった。ほんと、勝ててよかったです・・。

戦闘のカンのようなものは、思ったより簡単に取り戻せたので、次はもっと役に立てるようがんばりたいと思います(;´д⊂)

〇個人的に気付いたこと
・寝かしは赤&黒か赤/黒&詩がよいと思います。ララバイはあくまでサポート、スリプルIIを中心にグラビデなども使えば、それなりに安定して抑えられるはず。
・編成は、精霊のとおり具合と火力を考えると、前衛4+後衛2がよいと思います。
・ボスは頻繁に強化を使ってくるので、ディスペル・フィナーレを使える人が2人はいないと厳しいです。
・ボスのマラソンは、ちょうど良い障害物が近くにあることもあり、崩れることはありませんでした。ただ、ボスのタゲが結構ふらつくので、他の人も襲われてもしばらく耐えられるようにしておいたほうが良いです。

[PR]
by lars.ff11 | 2010-01-11 15:43 | FF11 クエスト
いろはのうたが終わるとき(世界に在りて君は何を想うのか?)
こんにちは。

17日の夜に、クエスト「世界に在りて君は何を想うのか?」(以下世界クエ)に行ってきました。

みんなには連絡メッセージ入れたし、薬品も買い揃えたし、あとは・・何をしようかと思いつつ、ぼんやりと約束の22時を待つ。日曜日にヴァナで約束があるという方は、ほとんどが21時スタートだったので、それらが終わってからスタートするのが一番良いと思って、集合は22時にしました。

せっかくのイベントなので、気分良く集まって欲しかったし。なので、スタートが22時を少しまわってしまっても良いやくらいに考えていたんですけど、みんなしっかり22時にはしっかり準備して集まってました。みんな、僕の想像以上にきっちりしてますw



戦術は、戦術考の記事を書いた後、少し相談してみたのですが、あまりシステマティックになる必要もないのではないかということで、当初の案でいくことになっていました。

編成は、リチャさん(ナ/忍) ミニさん(竜/忍) アキさん(狩/忍) 僕(詩/白) ロゼさん(赤/暗) ずーさん(白/黒)。

参加メンバーの育てているジョブの組み合わせを総合すると、これがもっともバランスがとれていると判断しました。ずーさん(白)をシーフで起用して、小さい人にダンス×2で削り促進、大きい人戦で削りつつヘイト管理。空いた白の枠は、Lv68だけど僕が白で出るという案も捨てがたかったんですけどね。

僕は迷ったあげく、黒魔ではなく詩人で出撃することにしました。大きい人への削りとスタンが一枚減るのは痛いですが、小さい人への削り支援と大きい人戦での継戦能力を考えると、詩人の能力は捨てがたいかなと。



ということで、まずは練習戦です。練習の目標は2つ。1つ目は、大きい人のマラソンチームに感覚をつかんでもらうこと。2つ目は、小さい人アタッカーチームが実際にどのくらいのダメージを出せるかをはかること。ほかは捨てて、この2点だけを観察することにしました。

ひょっとして勝てちゃったりして!なんて声も出てましたが、たぶんそれはないだろうと思ってました。スタンが1枚しかなく、アタッカーチームが早い段階で総崩れになることは目に見えていたからです。

なので、観察に専念し、アタッカーチームの2人がやられたら、すこしでも長く小さい人をひきつけて、マラソンチームの持続力をはかろうと練習に臨む。結果は、1分ちょっとで全滅。ただ、欲しかったデータは得られました。見てろよ、次!



ナイトと白魔のマラソンチームは、崩れるそぶりすらなく、1分程度ではびくともしない安定感がありました。まったく問題ないレベルです。これならば、白魔はフリーハンドを得たも同然で、アタッカーチームのケアもまかせられそう。

竜騎士と狩人のチームは、瞬発力はそれほど感じませんでしたが、両者とも一撃が重い特徴は遺憾なく発揮されていました。連続魔スタンの合間あるいは終了後に状態異常を食らう可能性を入れても、50秒~60秒あれば小さい人を確実に撃破できるレベルと見ました。

あとは・・運を天にまかすのみ。人事を尽くして天命を待つってやつかな。残念ながらモグのハッピーパワーはフゾイまで届いてはいないようでしたがw



いざ、決戦となると、練習のような気楽な空気は消えていました。全員に詩をかけ終わった後、「あ、ソウルボイス使うの忘れてた!」なんてやってる人もいたし^^;

そんなこんなで、ナイトのリチャさんが絡まれ釣りをして戦闘開始。小さい人にソウルボイスの乗ったエレジーを撃ち込み詩人としての営業は終了。あとはHP&状態異常回復に全力を尽くすのみ・・と思っていたら、連続魔スタンの網に小さい人は完全に捕らえられていました。

赤魔のロゼさんの放つスタンは的確で、ワープして場所が変わった後もきっちりケアされていて、これは安心。あとは連続魔の終わる30秒でどこまで削ることができるか。じりじりした焦燥感を感じます。時間の流れが遅い。

竜騎士のミニさんと狩人のアキさんが、通常攻撃を当てながら確実に削っていきます。ただ、ロゼさんの「連続魔残り10秒です」のコールを聞いても小さい人のHPは半分以上残っていました。むむ・・ワープで攻撃があたりにくいのかな。

しかし、ここからが早かった。特別指示はしなかったけど、2人とも序盤の展開が悪いときは2Hアビリティを温存するオプションも視野に入れて戦っていたようです。追い込みに惜しげもなく投入されるWSと2Hアビリティ。WSは1000オーバーのダメージをたたき出し、まさにざくざく!という感じで削っていきます。もう少し!

ここで、ロゼさんの連続魔が終了。終了と同時に小さい人のオメガジャベリンが発動。石化するアタッカーチーム。しかし、ここで勝利を確信しました。



小さい人のWSがTPがたまることで放たれる性質のものだと仮定すると、いくつかあるWSの中でもっとも怖いヴォーテクス(範囲ダメージ+テラー)が来なかったことはラッキーと言うしかないです。石化は回復さえすればすぐに攻撃を続行できますからね。石化が直り、しばらくしてアキさんのサイドワインダーが小さい人に決まり、小さい人撃破。よっしゃ!

しかし、小さい人が消えない!?死んでないのか?と一瞬混乱しましたが、ちゃんと「倒した」とログに出ていたことと、もう行動を起こさないことから、無力化したと判断し、大きい人に全員で当たります。あとは総力戦だ。

大きい人は大幅に攻撃力がUPしているとのもっぱらの評判でしたが、それほど強くは感じませんでした。特に大風車は実に弱く、後衛の僕でさえ脅威を感じないレベル。唯一怖かった光輪剣は一回も来ず、これまたラッキー。モグさんのハッピーパワーは、実はフゾイにまで届いていたみたい。

HP回復やセミはり替えの余裕を取るためにインビンを展開した時点で、勝負は決したといっても良いかもしれません。インビンが終わった後、完全な状態で攻めることができましたから。これで白魔の祝福をのこして2Hアビリティは全て使ったことになりますが、全てがうまく機能した。これで負けたらウソだ。

トドメはミニさんがお持ちに。実は、僕もイカロス使って短剣片手に機会を窺っていたんですががが!



激戦の後、しかも勝利後の余韻というのは、やはり格別です。これはオンラインゲームならではの喜びといえるでしょう。これだからFF11は7周年を迎えてなお盛んなんだろうなー。

プロマシアミッションのタイトルが「いろはうた」の順番に名づけられていることは広く知られていることですが、これでプロマシアミッションでは「色は匂へど散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ 有為の奥山今日越えて 浅き夢見じ」と、途中で終わっていた続きを制覇したことになります。

ゑ 笑み曲ぐ夢魔と
ひ 日輪を担い手
も 亡者の影
せ 世界に在りて君は何を想うのか
す すべての終わりが閉ざされん

ディアボロスとの召喚獣契約クエストである「笑み曲ぐ夢魔と」が、ここに入っているのはちょっと強引な気がしますけどねw でも、全部終わったんだー!

最後に、表題の質問(世界に在りて君は何を想うのか?)をこの時点で僕が受けたのならば、どうこたえようか。やっぱり、こういった節目を飾る戦いを経験できたこと、ここに来るまでの苦楽すべてをひっくるめ、ヴァナ・ディールという世界に感謝したい気持ちでいっぱいということになるのかな!

自分で言うのもなんだけど、少し感傷的だね。でも、このイベントがひとつのエンディングではあったと思うから。

みんな、おつかれさま。またね!
[PR]
by lars.ff11 | 2009-05-20 00:16 | FF11 クエスト
[クエスト]亡者の影
こんにちは。

「日輪を担いて」をきちんと終わらせていなかったことがわかってから一週間。ようやく「亡者の影」が受けられるようになり、滅茶苦茶あっさりした依頼内容を呆然と眺める自分。こんな依頼を受けるために一週間待ったのか・・。きちんとクエストを終わらせておくのは大事ですね(;´д⊂)

クエストを受けてからというもの、ログインしては3国ENMのシャウト待ちをしつつ、どうやってフィナーレまで進めていこうかずっと考えていました。人集めで、ミニさん、ずーさん、ロゼさんの快諾をいただいたのは良いけれど、あと2人はどうやって集めるのかというのが一番大きかったのはいうまでもなく。お手伝いをお願いするのか、所属LSで募集するのか、シャウト募集をかけるのか。

2人のうちひとりは、お手伝い要請をすることにしました。突入は日曜日の夜になることは決めてあったので、あとは日曜日の夜にログインしている人にお願いするほうが良いと思ってたんです。で、日曜日の夜にログインして世界クエの経験者を探し、そのまま頼んでしまいました。ということで(?)、リチャさんよろしく!

最後のひとりについては、所属LSのリーダーに許可もらってLSで募集しようとこの時点では考えてました。リーダーが世界クエを終わらせているのは知っていたので、間接的なお手伝い要請になりはしないかと思ったりもしたんですけどね。リーダーの性格上、手伝うよ~!と言ってくれることは明らかでしたので。



とりあえず、戦術を練りつつ、3国ENMのシャウトを待っていましたが、ついに来ました!

プロミヴォンに入るのなんて、ものすごく久しぶりだったのですが、3国ENMに行きなれている方ばかりだったらしく、てきぱきと進んでいきます。さらに、シャウト主さんが「亡者の影」クエに必要な調査ポイントをまわるのにとても協力的で、とても助かりました。

4層目についたら、「あっちのコースに調査ポイントがあります」とかナビゲートする用意をしていたのですが、その必要もなかったくらい。あそこにあるから調べてきな~ってな感じで。しかも、目的地から離れたところに調査ポイントがあるメアでは、一緒についてきてくれるし。いやはや、ありがたやありがたやです。

3国ENMも、久しぶりをとおりこして懐かしさを感じるまでになってましたが、迷のアニマを各自持参して、1戦につき2個使う方式で危なげなく3箇所撃破。戦闘開始と共にアニマを使用し、1つめのアニマが切れたら次を投入するってな流れで、これで経験値9000はボロいなぁ、と感じたほどです。

戦闘では、白魔でPT組むのもこれまた懐かしいレベルだったのですが、踊り子さんの回復力がすさまじく、回復しすぎないようにサポートするくらいの気持ちでケアルを配るのみ。Lv30制限下では、踊り子さんの状態維持能力は突出していると言ってもいいくらい。時代は変わった!

進行中、シャウト主さんが世界クエがまだだとおっしゃっていたので、そのままお誘いすることに成功。こういう縁というか流れというのも、MMOっぽくて好きです。12時前には終わってしまったので、「亡者の影」クエの報告をすませ、地球時間0時をまたいでから、そのまま「世界に在りて君は何を想うのか?」のオファーを受け、ひとまずシャットダウン。

それからプレイオンラインプラスから、すでに約束していた5人の参加者に日時・持ち物などなどの連絡メッセージを送り準備完了。プレイオンラインプラスのメッセージ編集は、切り貼りが簡単なのが便利ですよね。あっさりしていて、ほんとに届いたのが心配になっちゃうとこもあるけど!

あとは、決戦を待つのみです。
[PR]
by lars.ff11 | 2009-05-16 10:50 | FF11 クエスト
凡ミスと戦術考(世界に在りて君は何を想うのか?)
こんにちは。

「世界に在りて君は何を想うのか?」クエストクリアに向けて動き出したのはよいのですが、ここで凡ミスのお知らせです・・。

「日輪を担いて」が完全に終わってませんでした!!プロミヴォン調査のクエスト(亡者の影)を受けにジュノに行ったら、バハムート戦の総括みたいなことを言われて、「はて?おかしなオファーだなぁ。」と思いながらeLeMeNさんのクエスト概要をみてたら、さっきのが「日輪を担いて」の”締め”にあたるものだと、ようやく気付きました。

はは・・次に進むためにはコンクェスト経過後だってさ・・。今週の日曜日無理じゃないか。最速でも5月17日になっちゃいますね。約束してたみなさま、ごめんなさい・・。



まぁ、悲しんでても始まらないので、現有メンバーでの戦術を練ってみました。僕が世界クエに向いているジョブをひとつも持っていないのが。最大のネックだったり^^;


〇戦術案

1.敵について

大きい人と小さい人の2人組です。HPについては、サイトにより幅がありましたので、そのまま幅を持たせてみました。おおよその目安ということで。

・小さい人
HP4500~5000
ヴォーテクス=範囲ダメージ+テラー+バインド
オメガジャベリン=単体ダメージ+石化
ステラバースト=範囲静寂+スロウ
精霊ガIII系各種
スリプガII

・大きい人
HP12000~15000
〇神剣=〇属性ダメージ付加+〇属性ダメージ吸収
光輪剣=遠隔単体ダメージ
大風車=範囲ダメージ+ヘイトリセット+ヘヴィ+ノックバック
各種弱体魔法=サイレガ、ディスペガ、バインガ、スロウガ


2.編成予定について

今のところ4人なので、きっちりとは決められませんが・・、下のような編成を考えてます。

忍/戦 戦/忍 竜/忍(モンク?) 赤/暗 黒/白(黒/赤) 白/暗(赤魔?)

・Zエルさんは、忍者でお願いすることになりそうです。ただ、前衛の人多目なので、白魔になるかも。
・R猫さんは、戦士で起用したいけど、赤/暗出来る人が他にいなければ赤でお願いすると思います。
・M樽さんは、竜騎士で戦う姿がみたいところですが、場合によっては忍者になるかもしれません。
・N猫さんは、もし参加できるならば赤/暗でお願いします。
・僕は黒魔で出ます(それしかないっす・・)。


3.基本戦術について

・基本はスタンダードな戦術でいこうと考えています。大きい人を忍者がマラソンし、その間に小さい人を全力で撃破するという。BF薬品セット以外では、リレイズ品・毒薬・やまびこ持参で。

・一度、練習をかねて2Hアビリティなしの突入を行う予定。

・スタートは、黒魔が大きい人に印グラビデを撃ちスタートでもいいが、忍者さんのからまれ釣りの方がターゲットが安定して良いかなと思う。黒魔の精霊は小さい人には通りにくいため、小さい人撃破まではサポートにまわるので、サポ白の方が良いだろう。

・大きい人をそのまま忍者さんが持っていき、小さい人には赤魔さんがスタンを撃ちこんで、そのまま囲んで殴る。できれば中央部での戦闘が好ましい。たぶん、ワープで場所指定は難しいと思うけど。

・マラソンは外周部を使う。大きい人は足が速いが、それなりの頻度で魔法などを使用するので、そこで距離をとれると思う。忍者さんには白魔さんがサポートにつく。この時点で白魔さんは本隊の回復を考えなくて良い。

・小さい人に対しては、連続魔スタンを最初から展開し、一気に削り倒す勢いで。物理攻撃に対して硬いわけではないが、ワープするので殴りにくいのが厄介か。そこは運もからんでくると思うので仕方がない。この小さい人を30秒~40秒前後で倒しきれるかが最大のポイントになる。WSは、できれば連携したいが、僕は連携にはうといので、その辺よくわからない・・。

・小さい人を倒したら、大きい人にかかる。大きい人は攻撃力が大幅に強化されているようなので、ゆっくりマラソン気味に移動しながら戦うのが良いと思う。あせらず慎重に。ここからは黒魔も削りに参加するので、神剣の属性報告を適宜。

・小さい人へのスタンは、連続魔がおわったら黒魔がスタン待機。ここで何発も続けざまに撃ってくるようなら、仕方ないと思うことにする。大きい人へのスタンは、散らす感じで順番決めずに撃っていこう。ガ系をとめられればいいんだけど無理しない方向で。

・小さい人のスリプガ対策に毒薬を。連続魔スタン終了後の状態異常回復は黒魔ができる範囲でカバーするのが良いか?石化はどうしようもないかな・・。白魔さんはマラソン中の忍者さんを死なせないようにするのが第一でよいと思う。


今のところは、こんなところでしょうか。当日までには時間があるので、もう少し詰めるとは思います。気になったところやご意見などがありましたら、直Tellやブログへのコメント(非公開で書いていただいてもOKです)にてお知らせください。

あと、参加希望の方がおられましたら、上の方法でお知らせください。まだ全員きまってませんので。良ければ、一緒にいきましょう!


4.開催日時について

5月17日(日)21:00~(あるいは22:00~)を予定。
BF突入前まで各自進めておいてください。
正式に決まったら、参加者の方々に改めてご連絡します。


以上であります!
[PR]
by lars.ff11 | 2009-05-06 00:55 | FF11 クエスト
[クエスト]ギガフレアとメガフレア(日輪を担いて)
こんにちは。

東京での五輪誘致、いよいよ本格化してきましたね(前から本格化してるよって意見もありますが・・)。コンパクトな五輪、エコロジーな五輪、良いんじゃないでしょうか。

スタジアム等の設計責任者の方の講演会に少し前に行ってきましたが、「万里の長城は宇宙から見えるというのは本当らしいけど、あんなの見えたって大したことない。この五輪を契機に、東京発のグリーンベルトを形成し、宇宙からでも、あそこが東京だとわかるようにしたい。」と熱弁をふるわれていたのが可笑しかった。

なんだか壮大な気宇だなぁ・・って(笑)。


・・・・・・・


さてさて、バハムート戦です。ナルさんに誘われてアトルガンミッションのお手伝いをしにいったときのこと、ナルさんがイベントを見ている間、外で待っていたミニさんと世界クエについて、バハムート戦を終わらせている人といない人がわかれちゃってるよねぇ、なんて話してたんです。

そうして、白門に帰ってきたらバハムート戦(日輪を担いて)のシャウトが!偶然ってすごい。

c0048329_1164370.jpg
     ↑3人で戦ったラミア戦の後。イベント中の人にもSay会話が聞こえるんですねw

バハムート戦は、いつか企画してみたいイベントではありました。FFの代名詞的な存在でもあるバハムート。その伝説的存在に18人で立ち向かう・・燃えるシチュエーションじゃないですかー!

でも、その後に続く世界クエストは6人で戦うバトルフィールドなんですよね。その人数のギャップに少し悩んでて。だって、バハムート戦に行こうと声をかけたのに、そのうちのかなりのメンバーに知らんぷりして、世界クエに行くことになるわけですから・・。だから、シャウトがあったら、それに参加させていただくのがベターだと思ってました。まさに渡りに船(?)です。

〇日輪を担いて
・クエストの内容
真龍の王バハムートは、人が「世界の終わりに来る者」に勝利をおさめたことを知り、空の彼方へと去った。だが今再び、眷属を引き連れて「リヴェーヌ岬」に降り立つ姿が目撃されたという。真龍の王バハムートの真意を探れ。
・クエストの流れ
プロマシアミッションをクリアしてから、ル・ルデの庭H-7の大公宮に行くとイベント。
→ミザレオ海岸F-7にあるDilapidated Gateを調べるとイベント。
→F-6にあるUnstable Displacementを調べるとイベント。
→もう一回Unstable Displacementを調べるとバトルフィールドへ!
→ル・ルデの庭の大公宮で報告すればクリア。
・バトルフィールドについて
敵はBahamut一体のみ。
HP16000
アブソルートテラー[範囲/ダメージ無/テラー]
メガフレア[標的範囲/ダメージ有/HP90~20%の間10%ごとに発動]
ギガフレア[標的範囲/ダメージ有/HP10%以降に発動]
他、真龍族固有技。
使用魔法=グラビガ / サイレガ / シェルV / ストンスキン / ディスペガ / ファイアV / ファイガIV / ファランクス / フレアII / プロテスV
(上記情報はeLeMenさんより)
・当日の編成(たぶん)
ナ/忍 ナ/忍 戦/忍 侍/シ 竜/シ モ/忍 黒/白 黒/白 黒/白 黒/白 黒/白 召/白 赤/暗 赤/暗 赤/白 赤/白 白/召 詩/白
・当日の作戦
・HP1割減るごとにくるメガフレアはスタンでとめない。台詞が見えたら盾役以外は離れること。
・盾役はバハムートの真正面に立つように。
・盾役にサポシが担当を決めてだましを入れること。
・スタンは耐性がつくので、ファイガIVに対してだけ使うこと。スタンの順番もきめておく。
・強化は丁寧にディスペルではがしていく。
・召喚は大地中心に守りの構成で。
・精霊は氷と雷が入りやすいので、それを中心に。
・HP2~3割で赤魔はクマスタンを発動する。2人同時に。他の赤魔は精霊連打。
・サイレガがあるので、やまびこは忘れずに。
こういう大人数が参加するイベント戦闘では、必ずといっていいくらい「条件を満たしていないので入室できません!」となってしまう人がでてしまうもの。なので、出発前にどこまで進めておくのかを意思統一しておくのは大事です。その点、シャウト主さんの「クエストのオファー欄に「日輪を担いて」があればOK。」という説明は簡潔第一。ジュノでオファーを受けていれば、あとは現地ですべて対応できますから。

現地で集合待ちがてら、リヴェーヌでのんびり飛竜を狩ることに。なんせ人数が多いので、あっという間に竜が沈んでいく。レベル制限エリアでレベルシンクを行っているので、装備がそのままというのはなんだか不思議な気分でしたけどね。シンクが実装されるまで、いつも裸だったから(笑)。

c0048329_1145452.jpg

途中、ワートを取りに行ってからまれて死んだり、余計な面倒をおかけしながら、目的地に到着。ENMでおなじみの飛泉で戦闘が行われるのかと思ったら、その北西にあるワープポイントがバトルフィールドの入り口になっているんですね。感覚的には空の四神戦にちかいのかな?

でも、100%安全な飛泉にいったん移動して、そこで作戦のレクチャーを受けます。僕は盾PT付の詩人。前衛にマチマチ(速度UP)をかけて、後衛にバラバラ(MP回復)を配る役回りです。前線に出たときに「アブソルートテラー」で30秒ほどのテラーを受けることがあり、これは蝉複数枚消費で回避できるらしいので、サポ忍を出発前に勧められたのですが、僕はサポは白魔しかできません・・とウソついてまで白魔で出撃していました。

というのは、召喚さんが大地の守りをかけてくれるとはいえ、自分でストンスキンが使えないとあぶないと思ったからです。衰弱してしまったら前線にでていく耐久力がなくなってしまうし、それだと足をひっぱってしまいますからね。HPの少ないタル詩人にとって、ストンスキンと自己回復は生命線です!(自論)

c0048329_1155513.jpg
     ↑でっかいなぁ・・。最初から飛んでるみたいだけど着地はするのかしらん。

いよいよ戦闘開始。しょっぱなからターゲットがふらつき、当初の戦闘場所の構想が崩れ、後衛がバハムートをとりかこむように拡散してしまったのが詩人的につらい。まとまってほしいところですけど、各人仕事のやりやすいポジションがありますし、強制はできないからな~。

もともと守備的な布陣で、さらに火力ひかえめで削っているのに、順調にダメージを与えていきます。HP10%削るごとにくるメガフレアも、ストンスキンがかかった状態ならば死ぬレベルではありませんでした。ストンスキンなかったらギリギリ死ぬくらいなのでダメージ900前後といったところかなぁ。それほど脅威ではありません。

実は、「うおーーっ!?」とびっくりしちゃうくらいのインパクトを期待してたんです。バハムートのメガフレアは、FF好きにとっては思い入れのある技ですしね。メガフレア(ギガフレアやテラフレアもそうですが)って、てきとーなネーミングなのに、なぜかこだわりがある不思議な技。FFの歴史のなせる技なのでしょうか。

だから、ギガフレアに期待してたんです。でも、こちらは同時連続魔+スタン攻撃で完封したので拝めず。「安定しててよかったねー」と喜んでいるところに、ちょっとギガフレアも見てみたかったなんていえませんでした(⊃д⊂)

ということで、完勝でした。正直、プロトオメガやアルテマの方が強いように感じました。たぶん、ジョブをしぼれば12人くらいでも勝てるんじゃないかな。バハムートさんの捨て台詞といい、本当の勝負は別の場所でつけてやる!といったところかも。

これで僕も世界クエへの挑戦権を手に入れたということですか。フフ・・腕が鳴るぜ(ウソ)。
[PR]
by lars.ff11 | 2009-02-15 12:24 | FF11 クエスト
[クエスト]毅然と深慮と(五蛇将クエスト2,3,4)
こんにちは。

自分は郵政民営化に反対だった・・あの状況下で総務大臣を引き受けておいて、よくもまあそんなことが言えるなぁ。麻生首相は、阿部・福田両元首相と同じような精神の迷路に迷い込んだのかと、本気で心配しちゃいましたよー。


・・・・・・・


さて、ヴァナでは五蛇将クエストを続けてます。労力のわりにお話がよくできているので、このまま最後まで突っ走りそうな予感(*'-')

〇詠うは誰そ彼の(五蛇将クエスト2)

このクエストは五蛇将にインタビューして来いという内容で、五蛇将クエスト3と4への架け橋的な位置づけです。このクエストのオファーをうけると、五蛇将クエスト3と4のオファーを受けられるようになり、クエ3と4をクリアして報告すると、このクエストもクリアとなります。

それにしても、ファリワリさんの作品はどんな感じなんでしょ。気になるなる。ヴァナディール・トリビューンが今も続いていれば掲載されたかもしれませんが、公式HPでいまさらアトルガンの補完的な記事を作成するとは考えにくいし、期待薄かな~。


〇風纏う弓(五蛇将クエスト3)

まずは、ナジュリスさんのお話から。

クエスト自体は、ワジャームにいるクモ系モンスターがドロップする、[薄汚れた矢=Rare]をワジャームF-5の監視塔の扉にトレードするだけです。目的のアイテムはRare属性だけなので、競売所でも入手可能。

競売所で購入するってのも雰囲気でないかな・・と思いつつ競売所をのぞいてみると500ギルでたくさん売りに出されてるじゃないですか。クモ系モンスターは金策で狩る人が多いので、副産物として、このアイテムの供給も豊富なようです。結局購入。安さに負けた。

お話の内容からすると、EX属性がついていてもおかしくない品なのに、競売所をとおして取引できるようになってるのはなんでなんだろう。「ここらで戦闘しないと進めないようにしておこう」という意図と「気軽にお話を楽しめる形にしたい」という意図の折衷といったところなのかな。

ひょっとしたら、Ex/Rareのアイテムが大繁盛している中で違いを作りたかったのかもしれませんね。多様性こそがヴァナ・ディールの良さだと思いますし。

c0048329_2218690.jpg

・・話がそれましたが、個性派集団の五蛇将の中では、いまひとつ存在感に欠けるところがあったナジュリスさんですが、このクエストでは彼女の胸のうちに秘められた優しさと勁さが出ているのが興味深いです。

アサルトでおなじみのライアーフ君が大活躍(?)で、脇役として良い味出してます。たぶん、ナジュリスさんが弟をぶったのは、あれが最初で最後だったのではないでしょうか。語られていませんが、そんな気がします。


〇土噛みし拳(五蛇将クエスト4)

つづいて、ザザーグさんのお話。

クエスト自体は、ワジャームにいる虎系モンスターがドロップする、[錆びたアイアン章=Rare]をワジャームG-8のレイポイント(オルドゥームリングのワープ先)にトレードするだけです。目的のアイテムはRare属性だけなので、競売所でも入手可能。

・・あれ、さっきと内容にほとんど差がない!ってか、両方同時に進めたほうが移動効率的には全然良いですね。遅まきながら、ようやくそのことに気付きました^^;

虎系モンスターは、クモにくらべて人気が低いので、錆びたアイアン章の出品はゼロ。しかも、値上がりの気配を見せている・・。むむむ、こうなったら自力で取りに行くか!と、黒魔に着替えてオルドゥームリングでレイポイントに飛びます。

さ~て、どれくらい時間がかかるかな?と虎を景気良く狩りだして4匹目。早くもドロップしました。運が良かったのか、ドロップ率が悪くなかったのか。たぶん両者だと思います。10匹くらい狩れば出るくらいじゃないかな、想像ですけど。

c0048329_22191364.jpg

お話の方は、ザザーグさんらしい豪快なところのあるエピソードでしたが、ところどころ?な部分があり、考え込んでしまいました。というのは、過去世界(10年前)ではウェライに剣術を教わるガルカ少年に過ぎなかったアイアンイーターさんが、同じく過去世界ではすでに一軍を率いていたザザーグさんとタメ口なんですよ。

アイアンイーターさんが有能な将軍で出世も順調に行ったと考えても、なんか違和感があるんだよなぁ。グンパさんといい、ガルカ族はプレイヤーが選択できる種族にしては謎が多いです。前世が影響しているのかな。

あと、ザザーグさんがバストゥークを離れるときの理由があやふやで、そんなんで祖国を離れるものなのかな?と、なんか説明不足なもやっとした感覚があって、ザザーグさんを慕ってアル・ザビまでやってきた旧部下をぶっとばすまで、それは消えませんでした。

ナジュリスさんのお話と同じく、これも僕の推測に過ぎないのですが、ザザーグさんがバストゥークを離れた本当の目的は、後進の成長を促すためだったんじゃないでしょうか。

ガルカ族の寿命は他の種族よりも格段に長いという話なので、過去世界ですでに指揮官を務めていたザザーグさんは大ベテラン。その上寿命は長いときている。部下の方が先に老いてしまうかもしれない。そこで、自分から隊長職を降りたんじゃないかな。そんな気がします。


ナジュリスさんとザザーグさんという対照的なキャラクターを扱ったにもかかわらず、お話の筋と読後感(?)は、おどろくほど似通っています。つまり、このクエストは2つで1つなんだね。対照的な2人を、似た描き方をすることで違いを際立たせるという手法です(たぶん!)。

次はミリさんのお話だとか。これも楽しみ

[PR]
by lars.ff11 | 2009-02-11 22:28 | FF11 クエスト
[クエスト]帰ってこない天蛇将さま(五蛇将クエスト1)
こんにちは。

近頃のカンパニエって、なんだかカンパニエ導入時に近いノリに感じるのですが気のせいでしょうか。ヴァージョン・アップのたびに派手になっていくカンパニエに、いささか食傷気味のままFF11から少し離れていたので、微妙なバランスの変化などはわからないのですが・・。

c0048329_23352546.jpg

アルタナ連合軍の支配地も安定しているし、戦闘もNPCが前よりもがんばってる気がします。プレイヤーがいないとあっさり敗退・・というより、プレイヤーの力が勝利の背中を押すようなバランスに変わったような。

気のせいかもしれませんけど!


・・・・・・・


〇「天駆ける剣」(五蛇将クエスト1)

お話が作りこまれていると評判の「五蛇将クエスト」をやってみることにしました。過去世界ばかりをまわっているのも偏りすぎだしね。

まずはルガジーンさんが天蛇将になるまでを主に描いた「天駆ける剣」。やってみた感じ、茶処シャラトトにいる吟遊詩人の作詩(?)のお手伝いをしながら、少しずつ五蛇将のエピソードを紹介していくつくりのようです。

吟遊詩人タルタルのファリアリさんに話しかけた後、ハルブーンに依頼された「だいじなもの」を取りに行くのですが、ひとりでも楽勝なレベルです。まだ最初のクエストだからかもしれませんけど、とにかく簡単。ハルブーン内の捜索はあっけないほどなので、行き返りの時間の方がかかるくらい。

・・で、肝心のお話ですが、面白い!というより懐かしい!これは、僕がアトルガンミッションをクリアしてしばらく時間がたっているからかもしれませんが、アフマウ、アウゼン、リシュフィーが登場し、それぞれのキャラがさらりと自己主張しているところなんか、構成の妙を感じたくらいです。

ルガジーンさんは生真面目なキャラなので、こういった脇役をまぜることで、話に華をそえたかったのかもしれませんね。旅立ったルガジーンがガダラルと出会って・・と肝心なところで、「次に続く!」となるところなんか、週間マンガっぽいヒキです(笑)。

c0048329_23344663.jpg

当然かもしれませんが、クエストに該当する将軍がビシージで捕虜になってしまうと、お話が進まなくなってしまうんです。で、なぜか僕が天蛇将クエストを進めている最中に囚われの身となるルガジーンさん。

一日千秋の思いですよ、とはファリワリさんの言ですが、過去バストゥークの連続クエストをやろうとしたら、ノールの爪が売り切れたり値段が高騰したり、まあよくあることです。運悪いというか、なんか毎度タイミングが悪いんですよね、僕は^^; はは・・。

で、リアルで一週間待ち、ようやくクエスト完了。でも、噂にたがわぬ、じっくりと楽しみたい連続クエストだと思わせる完成度がありました。次も楽しみ。一気に進めないで、他を回ってからまた来ようかなぁ。
[PR]
by lars.ff11 | 2009-02-04 23:41 | FF11 クエスト
[クエスト]地図をもとめて西へ東へ
こんにちは。

「勝てば官軍大相撲」かと思えば、「勝ってもバッシング朝青龍」でしたね。負ければ即引退に追い込まれるところでの大きな勝利。ガッツポーズぐらい出ても不思議じゃないと思うんだけど・・。品格のあるなしなんて、そんな瑣末なことできまるもんなのかな。

それはともかく、優勝後マスコミに向かって、「色々騒がせてくれて、ありがとう(笑)」という言葉は、朝青龍のユーモアセンスが出てて笑っちゃいました。こういうユーモアがある力士はなかなかいないですよ!

大麻も吸ってなさそうだし(笑)。


・・・・・・・


さて、ヴァナでは、過去世界で色々遊んでみようと過去世界をうろうろしているのですが、いまさらながらに気付いたことがあります。ブンカールとグロウベルクの地図がない!カルゴナルゴの地図を取ったときに取りにいったような記憶があったんだけどな~。

でも、過去の自分は中途半端なところまでやって忘れちゃったみたいです。あはは・・。


〇裏のある頼み(ブンカール浦地図入手)
〇「フェロー過去世界呼び出し準備」
〇「リコポディウムの記憶」(ガルレージュ版:現代で第二魔防門奥にひとりでいけるようになる)

c0048329_21383314.jpg

そういえば、過去ガルレージュに行って、「ふ~ん、モンスターがいるんだ~」で済ませてしまった第二魔防門方面。その先に求める地図が置いてあったのでした。クエストをやってみた感想ですけど、裏のある~というクエストのネーミングセンスは、ちょっと好きかも。なにか先読みをさせておいて、実はくだらないというところが、特に!

それにしても、魔防門は全部が故障しっぱなしだし、弾薬庫に続く道はコウモリだらけだし、第二魔防門前は完全にモンスターのテリトリーと化しているし、アルタナ連合軍はこの要塞をどうしたいんでしょ・・。

ジュノからウィンダスに侵攻する際には、地理的に要衝となり得る戦略的価値がありそうですが、ジュノを含めた4国連合になってからは、その価値がうすれたということなのかな~?なんて、要塞をねり歩きながら空想してみたり。本当のところはどうなんでしょうね。

c0048329_21401841.jpg

せっかく過去ガルレージュまで来たので、「リコポディウムの記憶」のガルレージュ版をやり、さらにフェローの過去世界呼び出しもやってみることに。やってあったか記憶が定かではなかったのです。やってみたら、フェローがトコトコ歩いてくるイベントが起きましたよ。

過去の自分、我ながらいいかげん。


〇「失われた地図」(グロウベルク地図入手)
〇「リコポディウムの記憶」(バタリア版:現代の氷河方面の段差が通行可能になる)

「失われた地図」クエストで過去エルディームに足を踏み入れると、そこはカンパニエの戦場と化していました。エルディームは、護衛クエストでなじみがあるというのもあるかもしれませんけど、構造が簡単だから、カンパニエも盛況なのかな?

「失われた地図」クエストで、せっかく拾ってきた地図の切れ端の方が欲しかったのは僕だけでしょうか。つなぎ合わせた跡があったりしたら面白かったのに~!

c0048329_21395763.jpg

「リコポディウムの記憶」のバタリア版は、すごく便利そうです。これは、古墳の宝箱探しだけでなく、氷河方面への移動方法のヴァリエーションが広がった点が大きいです。氷河方面で集まるときに、いつもみんなが一緒に移動できるとは限りませんしね。

それにしても、過去のインフラ(段差にかかる階段とか)が現代にもあれば・・ね。戦乱で壊れてしまったのか壊してしまったのか。平和になっても直さないところをみると、後者なのかな?そこらへん、いつか語られると面白そう(ないと思いますが^^;)。
[PR]
by lars.ff11 | 2009-02-01 22:09 | FF11 クエスト
[クエスト]いまどきのYOBAKURI
こんにちは。

少し前の話ですけど、高校サッカー選手権決勝を国立競技場で観戦してきました。

サッカーに限らず野球も含めた高校スポーツの醍醐味(?)は、誤解をまねく表現かもしれませんけど、守備の甘さだと思います。プロみたいに高レベルの守備も見ごたえあるんですが、ポジショニングの関係から1対1の局面が多く見られ、それが燃えるんです。ハプニングもあり?みたいな。

しかし、スタジアムが寒い!寒い中じっとしているので、なるべく厚着してはいるのですが、コンクリートから足の裏へ伝わってくる冷気はいかんともしがたく。Jリーグが秋開催にむけて準備しているようだけど、スタジアムの防寒対策も練ってくれないと冬の観戦には足が遠のきそうです・・。


・・・・・・・


〇ジュノクエスト「ヨバクリのかばん2&3」

c0048329_21541575.jpg
     ↑なじみの集合場所の「噴水前」でくつろいでみる

さてさて、ヴァナでは、ふらふら~っと立ち寄った街で、気になるクエストをやってみようシリーズ(?)って感じでちょこちょこ動いてます。まずは!というか、ずっとアル・ザビにいたので、ジュノの音楽が恋しくなり、ジュノに向かうことに。

ジュノは、活気の面で言えば、すでに世界の中心地だったころの面影を失っていますが、街自体は変わるわけもなく~。このジュノのテーマを聞いていると、なんだか夜の匂いがします。ヴァナ上では昼も夜もあったけど、遊んでいる時間帯がまさに夜だからかもしれませんね。少しセンチメンタルな気分。

プリッシュ関係のクエストも捨てがたかったのですが~、まずは「ヨバクリのかばん2」ですよ!かばんの容量が65個になるやつです。かばんの容量に頭を悩ましながらも、今までこのクエストをほおっておいたのは、素材の価格が落ち着くのを待っていたからです。やっぱ、クエストの実装直後は、該当の素材価格がはねあがりますから。

で、競売をのぞくと、

リンクスの皮 7,200ギル
アダマンインゴット 48,000ギル
虹布 18,000ギル

なんか、あまり値段かわってなくない??というか、当時よりアダマンインゴットが高くなっている気がする。これは、過去バストゥークのクエスト「解明への灯」でアダマンインゴットがもらえるのと関係していた模様。待った意味ないじゃん・・。

うーんたかいなー、うーんどうしようかなー、と悩みつつ、せっかくジュノまできたんだしなぁ・・と自分の計画性のなさを嘆きつつ購入して、無事かばんの容量が65個ににに!

さらに競売をのぞくと、

スミトロンの皮 3,800ギル
エレクトラム 24,000ギル
シリス 7,000ギル

・・なんだ、「ヨバクリのかばん3」の素材も値段が変わらないってか、安いじゃないか!ということで、すぐさまかばんの容量が70個ににに!

まさにニンゲンのヨクボウには際限がないようであります・・(´з`)y-~

あと、ゴブリン屋さんの入り口で自作の迷宮をつくる素材をもらったんですが、これはこれで面白そうですね!納得のいくものをつくるにはものすごいお金が必要になりそうですが・・くっ、ゴブリンめ、商売がうまいぜ。

※ちなみに、デスストーンとエンジェルストーンは別のクエストで入手しました。
[PR]
by lars.ff11 | 2009-01-18 22:02 | FF11 クエスト
[アシュタリフ]船長暗殺指令 - Targeting the Captain
こんにちは。

定例のナイズル活動の後、アシュタリフ号の連続クエスト3回目にあたる「船長暗殺指令」に行ってきました。いつもは、ナイズルに2回突入するとおなかいっぱいな感じになるので、ナイズル活動後の遊びは遠慮させていただいていました。

でも、今回はいつもと気迫が違うというか、このメンバーで行きたいんだ!という強い思いを感じた(?)ので、そのままご一緒させていただくことにしました。アシュタリフ号クエストのラストを飾るバトルフィールド(以下BF)がどんな感じなのか興味もありましたしね。

〇船長暗殺指令
・作戦概要
参謀本部において、賊船アシュタリフ号の足を止めるためには頭目である船長を倒すしかない、との結論が下された。海象旅団は少人数からなる暗殺部隊を編制してアシュタリフ号に送り込み、同船の船長を暗殺せよ。
・出現する敵
フォルモル(Black Bartholomew)×1(ボス)
インプ(Windjammer Imp)×2
オポオポ(Bubbly)×1
・戦利品追加条件(最大3箱)
1 ボスを倒す→ +1箱
2 オポオポを倒してからボスを倒す→ +1箱
3 ボスに絡まれない様に、ボスを攻撃後、オポオポを倒してからボスを倒す→ +1箱

ナイズル活動のメンバーのカツさんが所用があるということで、シャルさんとスイッチして、編成は、ナシ青赤赤黒の6人組で出発。僕は黒魔に着替えて参戦です。

出発・・といっても、いつものように遺跡のワープを経由してナシュモを目指すのではなく、「タリズマン」という胴装備に備わっている「PTでナシュモにワープする」という能力を使って飛ぶだけ。これは・・楽だ!胸元がきらりと光るだけの装備かと思ったら、こんな特典もついていたんですね。

ナシュモに集合してそこからアラパゴまで移動する・・という手間の半分が省略されて、これは素敵すぎます。タリズマンさえあれば、アシュタリフのクエストは大分気楽に来ることができそう。やっぱり、移動の手間というのは大きいですから。

まあ、クエストが0時にならないとうけられない・・という方もいらしたので、せっかく早くついても、すぐに出発とは行きませんでしたが('∇')


・・・・・・・


BFはいつものアシュタリフ号そのままで、船室にいる敵を艦板にひっぱってきて戦闘を行います。威力偵察や絵師護衛のように、途中で新たな敵が出現することがない分、気楽です。BFに入ると、余計な敵に絡まれる前に迅速に行動しなければならないのが常でしたが、のんびりムードでもOK。暗殺に来てるんだよね、僕たち・・?

まず最初に、船長のペットなのか、存在に必然性を感じない(?)インプ2匹組、それからオポオポをさくっと始末します。前衛の削り具合から、それほど体力はないみたいなので、最初から精霊IV系をぶっぱなして速攻をかけます。

別に時間はたっぷりあるのだから、ゆっくり攻めても良いとは思うのですが、雑魚とはいえ攻撃力がなかなかに高く(特にオポオポの範囲攻撃)、さっさと戦闘を終わらせたほうが安全という判断です。

続いて、メインの船長と戦いましたが、後衛としてはそれほど強さを実感できない敵でした。常時ダブルアタック状態ということなので、前衛陣は大変だったかもしれませんが、遠くから見るとただのフォモルですねー。

バルトロメウの名を冠しているならば、もう少し海賊チックな服装をしていると、雰囲気も盛り上がったと思いますが!


・・・・・・・


正直、戦闘的にはほとんど見るべきところがなく、一番最初の「威力偵察」が一番面白かったかな。BFでの戦闘中に次々と敵が出現するというところが斬新だったのに、この「船長暗殺」ではそれがないというのは、なんだか尻切れトンボのような・・。

その分、戦利品を確実に我が物とするという実利的な部分が重要になってきます。特に、アイテムが詰まった箱の出現条件は、「釣り」の成否にかかっているといっても過言ではなく、ここは釣り師さんが一番大変なBFじゃないでしょうか。

「ここで失敗したのみたことない」とか、「箱が減ったら君のせい」とか、無意味にプレッシャーかけてジョークのネタにしていたのは身内のPTならではといったところでしたが、そんな緊張感皆無に近いPTでも箱3個というパーフェクトを達成できたのですから、このBFの難易度はそんなに高くないです。3人でクリアできるというのもうなずけます。

箱の中身は、それなりに良いものが入っていましたが、バルバロッサシリーズの装備品は出ず。人気のバルバロッサゼレハを入手するには根気がいりそうです。気長に行きましょう(*'-')b

バルバロッサゼレハ(両脚 防36 STR+4 VIT+4 ヘイスト+3% Lv75~ 戦モシ獣吟狩侍忍竜コか踊)

[PR]
by lars.ff11 | 2008-10-22 23:29 | FF11 クエスト