たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:FF11 アサルト( 41 )
[アサルト]ペリキア架橋作戦 (伍長・ペリキア)
「3人で~」のアサルト募集シャウトがあったとき、そこに行き慣れていなければ結構勇気がいりますよね。3人というのは戦力的にギリギリの数だし、自分のチケットが無駄になるのは仕方ないけど、自分が足を引っ張って他の方のチケットまで無駄にしてしまったらどうしよう・・なんて考えがち。

僕もいつもはそうなんですけど、Wikiを読んでいて面白そうだと思っていたので、思い切ってのってみることにしました!

○ペリキア架橋作戦メモ
作戦概要

ペリキアで作戦中の我が軍大隊が、敵に予定進撃路上の橋を爆破されて立往生している。だが情報によれば、敵は攻勢に転じるため予備の橋をどこかに隠しているらしい。アサルト要員は敵架橋装置を発見。これを起動せよ。
実際の注意点
15分制限なので、時間的には展開次第で厳しくなることも。
ラミアに見つかっても戦闘にはならないが、スタート地点に戻されてしまう。
ラミアの移動速度&頻度はかなり高い。油断しているとあっという間に距離をつめられる。
ラミアはレーダーではNPC扱い(緑色)だが、広域サーチは無効の模様。
マップ
FFXIWikiのマップが便利です!


このアサルトは、簡単に言ってしまえば「かくれんぼ」です。レベロスの土筆作戦なんかとも似通った特徴ですけど、戦闘にならないでスタート地点に戻される&時間が短い(15分)という部分が、軍の作戦というよりお遊びという雰囲気を醸し出しています。もう少し言えば、殺伐としたところがないのです。

マップは2等海猫と上等ライアーフのマップをつなぎ合わせたものなのですが、海猫のマップの下大部分はほとんど使用しないので、実際はライアーフのマップでラミアとのかけひきを楽しみます。

このラミアなんですけど、かなり移動速度が速いのと、少しでも見つかるとしっかり視界から消えるまで追尾してくるので、普通のモンスターをかわしながら進むのとは感覚が全然違います。慣れないと、あっという間にスタート地点送りに・・慣れててもどうしようもない場面もありますけど。



僕は始めてが野良だったわけで、もー自分の役に立たなさ加減に腹が立つほど(?)、初回はまったく何もできませんでした。どのジョブでもOKなアサルトですが、やはり足がはやいジョブ(シーフ・忍者)が有効なことにはかわりがありません。

他の方はとんずらをうまく使いながら、すばやくスイッチを押して回ります。僕はといえばラミアをやり過ごそうと岩の陰に隠れていたら、後ろから別のラミアに見つかったり、追い回された挙句に挟み撃ちにあったり・・。ええ、ライアーフマップの西半分とスタート地点を往復してました。トホホです。

2回目は要領もつかめてきたので、他の2人の方がスイッチを押して回る間に、最初jからゴール地点を目指して慎重に進んでいきました。スイッチを押してまわるのをサポートしても良いけれど、何かひとつ、意地でやり遂げたかったのです!てなわけで、ゴール地点でじっと待ち、宝箱を開けることで、少しはプライドを回復しましたとさ・・フ。



このアサルトは、実質時間との勝負になるわけですが、なにが何でもクリアしてやる!と焦るより、ゆったりと構えて、「ぎゃーつかまったぁ」とか会話をしながら遊ぶほうが面白そうです。そういう面では、野良で行くよりも身内で遊びつつポイント稼ぎをするのに適したアサルトと言えると思います。初回のシャウトに乗ってから、何度か遊んでみた、率直な感想です。

まぁ、イギトゴムレフを入手してからというもの、ペリキアのポイントにはあまり魅力を感じなくなってしまいましたけどね。交換アイテムにてこ入れこないかなー。共通ポイント消費で消耗品なんかあると良いと思うんだけどな。

話はズレましたけど、このアサルトは面白いです!ちょっとだけログインして、3人くらいでさくっと遊ぼう、というシチュエーションになったとき、ちょうど良いコンテンツだと思います。階級が伍長ということで、誰でもすぐに参加といかないところがネックですけど・・。

上級のアサルトは気軽で人数を選ばないものが揃っているので、それらを遊ぶために階級を上げるのも悪くないと思いますよ^^
[PR]
by lars.ff11 | 2007-04-08 23:41 | FF11 アサルト
[アサルト]土筆作戦 (傭兵長・レベロス)
LSでアサルトに行くとき、アサルトによく行っている人と行っていない人の落差が激しい場合が良くあります。そうなると、必然的に1等~2等のアサルトにいくことになりますよね。まあ、それは良いとして、1等~2等のアサルトも行きつくしておなか一杯なところもあるわけで。

もちろん仲間なんだから、傭兵のクラスで断るようなことはしないけれど、偶然にもアサルトの階級が高い人がそろったときには、行った事のないアサルトに挑戦したくなるのが人情というものですよね!ってことで、土竜ならぬ土筆作戦に行ってきました。

土筆作戦は階級こそ傭兵長クラスですが、良くシャウトで聞く戦績ポイント稼ぎの定番アサルト。LSのアサルト番長(?)であるグレ氏にご教授願ってから、土筆シャウターになってやるぜ、フフ(*´ー`)

○土筆作戦メモ
作戦概要
参謀本部は、我が軍本隊がレベロス風穴に侵入後、地の利を得ている敵軍によって袋の鼠にされる危険性を指摘。別口の撤退ルートの準備を要求している。アサルト要員は先行して風穴を調査。本隊の脱出口を確保せよ。

実際の注意点
細い通路が網の目のように広がるマップの行き止まりにランダムで出現する、3つのスイッチを入れるのが目的となります。ただし、スイッチは1~3分程度で消えてしまいますので、それなりにタイミングを合わせてスイッチを入れる必要があります。

通路には赤ドラゴン(Dahak)が徘徊しており、行く手を阻みます。しかし、赤ドラゴンはそれほど脚が早くないので、とんずらなどで引き離せばターゲットを切ることができます(一際大きいドラゴンはひきよせがあるので逃亡不可のようです)。

マップ
Wikiのマップが便利です。

突入したのは、グレ氏(忍)とずーさん(シ)と僕(黒)の3人。土曜日の夜だったので、この後雪ダルマ式に人を増やしていって、遊びを広げていこうという、まずは序の口といった時間にこのアサルトをやることになりました。

グレ氏からレクチャーを受けますが、大体は事前に調べておいた情報と同じです。ただ、最少人数の3人だからリレイズさえ切らさなければ十分クリアできる、と言い切っていたのが心強かったな。それだけは気をつけよう。



突入して、スイッチを探すわけですが、適度に散る必要がありますよね。同じところを何人も一緒に調べたって意味ないし。ということである程度担当を決めておいたのですが、赤ドラゴンの進行状況によってはうまくいかないこともあるわけで。

なので、あまり担当分けに固執せず、マップで互いの位置を確認しながら、ダブらないように探していくのが良さそうです。そんなこと考えていたら、最初の角を曲がったところで、スイッチを発見!あら~見つかるときはこんなに近くにあるものなのですね。

スイッチを見つけたらスイッチ前に待機するつもりだったのですが、あまりにも早く見つけてしまったので、なにかやらなきゃね。他の場所も捜索しようと角を曲がると・・赤ドラゴンさんとばったりご対面。スイッチ前まで逃げましたが、そこで力尽きる・・。



純粋な後衛ジョブはレーダーがないので、細く曲がりくねった道の中で赤ドラゴンさんとばったり遭遇してしまうことが多そう。このアサルトは特に戦闘はないんだから、無理にLv75のジョブで来なくてもいいんですよね。レーダーを持つジョブでリレイズできれば、低レベルでも十分。遅まきながら気づきました^^;

1戦目はグレ氏が2つのスイッチを押して回るという大活躍で見事にクリア。やってみた感じ、このアサルトで制限時間30分は内容と不釣合いに多いような~。それだから安定してクリアできるということなんですけどね。



2戦目は土筆作戦と同じく良くシャウトで耳にする「慰問物資強奪」に行きたいところでしたが、あまりのり気ではない空気がPTに流れた(みんな優しいのではっきりとは言いませんでしたが)ので、もう一戦土筆作戦に行くことに。行ったことなかったからちょっと興味ありましたが、無理強いしても面白くないしね~。

初戦の反省を生かして、白/狩で参戦。白はLv54、狩はLv1です。レベルは低くとも、リレイズと狭くてもスキャンが使える組み合わせにしてみました。広域スキャンを使うのは実はこれが初めて(!)だったのですが、これは便利ですね!マップの中に名前で指定したNPCの位置が赤く表示されるので、実にわかりやすい。今まで活用しなかったのがもったいないくらい、ハハ。

狩はLv1なのでスキャンの範囲は当然狭いのですが、アサルトの狭いマップをカバーするのには十分でした。曲がり角を曲がったときにバッタリ遭遇しなければいいや~くらいにしか思ってなかったのですが、これは予想以上。



しかし・・そううまくは行かないようで、北のスイッチポイントをチェックしたあと南下しようとしたら、南へ続く広めのメインストリートを赤ドラゴン2体が行ったりきたり~。グレ氏とずーさんはとんずらとパウダーブーツで強行突破したようですが、僕にはそんな芸当はできないわけで。おとなしく(?)逃げ回りながら南へ行く機会をはかっていました。

そんなことしている間に、グレ氏とずーさんは3つのスイッチを見つけたので、スイッチはまかせて僕はおとなしくゴール地点に向かうことに・・。広域スキャンまでつけてきたのに、やったことといえばクリア箱をあけるだけなんて悲しすぎる;;



広域スキャンで赤ドラゴンの動きがわかりすぎてしまったため、逆にびびってしまった部分もあったかもしれません~。まあ、2回やれたことで、色々問題点も洗い出すことができたし、戦績も綺麗に2000ポイント稼げて満足。時間も土竜作戦よりもはるかに短く、これは人気が出るわけですね!

というか、入門用のアサルトのはずの2等クラスのアサルトの方が、傭兵長クラスのアサルトより、戦闘が多く必要な人数が多いというのは、なんだか不思議。これが反対だったら、もっとアサルトも盛り上がりそうなんですけどね^^
[PR]
by lars.ff11 | 2007-02-12 23:28 | FF11 アサルト
[アサルト]レベロス補給作戦 (一等傭兵・レベロス)
ウルガランでENMを戦った後、アサルトに流れることになり、どこに行こうかな~?誰に聞いても、「どこでもOKですよ~^^」と返ってくるので、これは僕が勝手に決めてしまっても良いということですね・・にやり☆

ってことで、一等傭兵という低ランクのアサルトながら、その高難易度によって忌避されてきたレベロス補給作戦に、みんなをひきずっていくことにしましたよ。行ったことのない場所だったので行ってみたかったんです。別にクリアできなくても良いくらいの気持ちでどこまでできるか。ほんとにジョブ縛りと薬品漬けが必要な場所なんだろうか。

ちょっとワクワクします^^

レベロス補給作戦メモ
○作戦指令
レベロス風穴に向かった先遣部隊が、敵の強固な防衛部隊と遭遇し、現在膠着中との報告が入った。長期戦も想定される。アサルト要員は速やかに兵糧を受領して、風穴に侵入。先遣部隊の全将兵に、糧食を配給せよ。
○作戦戦績 3600
○概要
・12人居るNPCのImperial Stormer全てに糧食を補給するのが目的です。補給する糧食はスタート地点にいるNPCのYazuhmaから受け取ることができます。糧食は一度にひとつしかもらえません。
・また、Yazuhmaには糧食の用意時間(3秒程度)があるので、同時に複数のPCが糧食を入手することはできないようになっています。
・Yazuhmaからもらえる糧食はランダムで、ステーキ5p、ジャーキー4p、サンド3p、スープ2p、パン1pの模様。それぞれのポイント値がNPCの空腹を満たし、おおよそ10~12で満腹状態になる模様。
・NPCの台詞は糧食を渡すたびに、コメントA>コメントB>コメントC>コメントDの順に変化し、コメントC以上になるとそのNPCへの補給は完了となる。
コメントA「食料は・・・食料の補給はまだですか?」
コメントB「助かったよ……。そろそろ、糧食が不足し始めていた頃だったのだ。」
コメントC「君のおかげで空腹が満たされ、身体に力が戻ってくるのを感じる・・・。これで敵とも互角以上に渡り合えるだろう。」
コメントD「まだ、持ってきていたのか?無論、我々も糧食があるに越したことはない。受け取っておこう……。」
・NPCの台詞は糧食を渡したときに表示されるが、何も持たないときに話しかけても、コメントを返してくれる。これにより、他のNPCの状態を調べることができる。
・NPCはチョロチョロ動くので、装備によって管理すると良い。大きく違うのは装備している盾(トゲとか十字とか)。
・補給した人数が増えていく毎にYazuhmaのセリフが変化していく。「すべての兵に糧食が行き渡ったようね!ご苦労さま。」と出たら任務完了!
○敵について
・マップを徘徊している赤芋虫「Crimson Eruca」は聴覚反応のアクティブで、スニーク見破り。
・赤芋虫を倒さなくてもクリアとなる。
・黒魔弱体調べ
スタン=○
スリプル=○ たまにレジストされた。
グラビデ=○ サポ赤でも十分通ります。

(ほとんどの情報はWiki様より)

メモが長くなってしまいましたが、要は芋虫の妨害をかいくぐりながら、エリアに散らばる12人のNPCに糧食を届ければOKってことです。簡単に書いているけど、芋虫の配置がいやらしくて、しかも結構強い。

倒していければ良いんだけれど、そんな暇はなさそうなので、足の速いキャラでマラソンしたり、寝かしが使えるジョブで寝かしでキープしたり、かわしていくのが良さそう。パウダーブーツ必須とか、忍者サポシーフが多ければ多いほど有利とか、そういう「縛り」が出てくる根元はここにあります。

でも、僕らはそんなにクリアを熱望している集団ではないので、ジョブ構成もウルガランの時のままだし、薬品も特別なものを用意したわけでもない。さてさて、結果はいかに(*´ー`)



(編成)忍侍シ赤黒白

もちろん、無謀な戦いに喜んで向かうほど物好きではない(そのあたり自分でもアヤシイけど・・)ので、簡単に僕らなりに作戦を建てます。足が速く、それなりに持久力のある忍者グレさんとシーフずーさんに芋虫ランナーになってもらいます。芋虫を振り切った場合は、どこかの補給を手伝うことにする。

補給は一箇所に固まると、混乱し余計な糧食を与えてしまいそうなので、東西南北に一人ずつ担当を決めて派遣。自分のところが終わったら、その旨を報告し、まだ終わっていない人のところにいくこととしました。僕は南のNPC(2×2)の担当。

それじゃ、作戦開始といきますかぁ!



レベロス風洞はマグマが噴出している灼熱の景観が特徴的ですけど、この補給作戦のエリアには、大きなマグマの滝があり、とてもキレイです。マグマがゆっくりと流れ落ちる様なんかは妙にリアル。リアルと言っても、マグマなんて直に見たことなんてないんだけど(というか洞窟に入った経験さえ少ない)。それをリアルと感じさせるスクエニさんのセンスには脱帽です。

まあ、そんなにぼけ~と景観を楽しんでいるわけには行かないので、補給に走り回ります。事前に南方面には中央方面以外の芋虫が配置されていることを調べておいたので、寝かしの使える僕が南を担当したわけですが、この芋虫、寝かしをレジストしやがるじゃないですか!しかも、一撃一撃が痛い!攻撃力はとてとてクラスに感じました。

かろうじてグラビデで距離を取り補給を続けますが、いつ起きたのか大量の芋虫の集団がやってきて、さっくり死亡。なんてこった。そこに白魔のワイさんが助けに来てくれてレイズIIIをくれる。助かるよ~と感謝してたら、目の前でワイさん死亡・・僕らは後方支援員のはずなのに、ここは激しい戦場です。戦場に前方も後方もないんだ!と鬼軍曹殿の声が聞こえてきそうですね。



NPCは戦う力が戻ったよ!といいつつ、芋虫は見てみぬふりなんですよね。一緒に戦ってくれるとは思ってなかったけど、糧食をもってきた傭兵に対してあまりにも冷酷ではないですか・・(T△T)

僕ら南西組が苦戦している間に、しゃる&ひがんペアが順調に補給を済ませていく。僕の事前説明は簡潔だったのだけど、マップを印刷していたり準備万端なところが彼ららしい。「あとヴァナ1時間で夜が終わりますw」なんて言いながら走り回っていたグレさんも、大量の芋虫をひきつけてとんずらで距離を稼ぐずーさんも、芋虫処理を超えて補給を徐々に進めていく。

ここはチームワークと声の掛け合いが大事なアサルトだと、芋虫にやられて寝っころがりながら思いました。う~ん、ごつごつしてて寝心地悪い~。なんか熱いし。。



ヴァージョンアップで修正されて簡単になったからか、あるいは僕らの頑張りが天に届いたのか、挑戦1回目でクリアできてしまいました!宝箱の中身をロットできないほどギリギリのクリアでしたが・・。必須と言われているジョブ縛りも薬品もなくてクリアできるんだよ。ほんと奇跡に近いクリアだったけどさ。

終了後、補給組からは「面白かった^^」という声が聞かれたけど、芋虫キープ組からは「二度と来たくないアサルトですねw」という声が。ほんとマラソンご苦労様。あんなにマラソンしなければならないなら、あの芋虫始末するやり方もあるのかなと、チラリと思いました。でも、もうこのアサルトに自発的にくることはないでしょう(*´ー`)

熱くて痛いんだけど、チームワークと一体感を感じさせる面白いアサルトでした!チケットがあまっていて物好きな方は、一度挑戦してみてはいかがでしょう?^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-12-19 00:06 | FF11 アサルト
ドカチン4連発
最近、赤魔をサポLvまで上げようか考え中です・・なんて、こんなこと何回も書いてますけど、毎回頓挫してます。めんどくさくなるというか、ほかの事に走るというか~。黒魔と詩人のサポジョブとしてもかなり有効ですし、グラビデが使えれば黒魔ソロの遊び方がかなり広がるので是非上げたいんですけど・・まあ、ぼちぼち行きますよ~。

ということで、赤魔用の装備を購入するために競売前で品物を吟味していると、アサルト「土竜作戦」のシャウトが聞こえてくるじゃないですか!早速のっちゃいました(´ω`*)


・・・・・・・


土竜作戦はアサルトに修正が入ったときに、一番大きな修正が加えられたところで、どんな風に変更が加えられたのか興味津々。噂では、岩の防御力が落ちた代わりにHPが2000から4000に引き上げられたとか。ふむむ~赤黒天国だったところに修正が入ったという感じでしょうか。編成はナ/戦 モ/忍 赤/黒 黒/白(僕)の4人組で臨みます。

う~ん、やってみた感じ、岩の防御力が落ちたのは間違いないけど、そこまで劇的に落ちたという感じではないですね。今まで0ダメージだったところが1ダメージになっていたり、WSで前よりもダメージが出るようになっているようには見えましたが・・。HPが倍になった分、以前よりもきつくなっていることは間違いなさそうです。

黒魔の仕事はひたすらバイオIIと精霊弱体~で、I系精霊で攻める。変わりません。暗黒スキルだけは300近いので最高クラスのバイオが撃てるのですが、INT150はとても無理なので、INT100ぎりぎりでブラッククロークでMP補給しながら精霊弱体を入れていきます。

いつもはソロに備えて最初の岩はMP消費控えめにいくのですが、ちょっと辛そうだったので、精霊全開で攻めます。赤さんがいたのもあるけど、黒魔ソロで北の岩を破壊した後、本隊に合流せずにゴール地点に行って欲しいと言うことだったので、余裕があったのです。黒魔ソロでいかにはやく本隊に合流するかって、黒魔のプライド(?)としてけっこうデリケートなとこでしたからね。

北の岩を適当に攻撃して行きますが、やっぱりHPが増量になった分攻めにくくなってます。本隊が2番目の岩を破壊したところで、4~5割削った程度だったので、どんなにがんばっても合流は無理そう。だったら、のんびりいくまでさ。

4人で食事して残り時間5分前後くらいだったので、前よりは確実に厳しくなっています。修正後は黒魔としてはかなり気楽な感じでした。かなり孤独な感じは否めませんけど・・(´ω`*)

野良なのに珍しく4連戦して、レベロスの戦績が4000ポイント稼げました。ふぅ・・なんだか美味しいバイトをした後のような気分です。ゲーム内労働ですよ、これは(!)戦績はうれしいけど、しばらくはおなか一杯なので土竜はいいです。。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-08-17 19:20 | FF11 アサルト
賢哲王暗殺作戦(上等兵・マムージャ)
リヴェーヌでひととおり遊んだ後、どこか行ったことのないアサルトに挑戦してみたいね、という話になり、賢哲王暗殺作戦に行くことになりました。上等兵アサルトはライアーフしかやったことがなかったので、どこでも新鮮です。

リヴェーヌから少し着替えて編成は、ぐれさん忍/戦、ひがんさん侍/狩、ずーさんシ/忍、しゃるさん赤/黒、ゆりすさん黒/白、僕詩/白の6人組となりました。

作戦概要
賢士階級を率いるマムージャ四天王のひとり賢哲王モラージャが、兵士激励のため訓練所を訪れるらしい。蕃国の頭脳である賢哲王を仕留めれば、敵の混乱は必至である。アサルト要員は密かに訓練所に潜入。王を暗殺せよ。
目標 
賢哲王Sagelord Molaal Jaの撃破
敵の編成
Sagelord Molaal Ja × 1
Mamool Ja Trainee × 14
Mamool Ja's Lizard × 5

c0048329_11331892.jpg賢哲王Sagelord Molaal Jaは名前だけは偉そうだけど、実はたいしたことがありません。マムーク兵のペットのトカゲさんよりも弱い(!)と思われます。HPはそれなりにありますが、攻撃力は低く、特殊能力もほとんど使ってこない。でも、とてつもなく逃げ足が速く、しかもしたたかです。逃げながら周囲のマムーク兵をリンクさせて攻撃させてくるのです。一度にリンクするマムーク兵は、初期状態だと4~5匹はいて、しかも、そこそこ強い。倒していると時間を取られてしまいます。

そこで、こちらも対応をはっきりさせておく必要があります。基本的には下のような流れになると思います。
1.賢哲王を無視してしばらくマムーク兵の殲滅に集中する
2.ある程度の殲滅が終わったら賢哲王を攻撃する
3.逃げた先によってリンクが発生するが、寝かしで対処する

実にシンプルな作戦ですけど、1.のマムーク兵をどれくらい殲滅するかは少し意見が分かれるところです。北部の大きな広場全域を殲滅するのか、時間を計って10分間だけ殲滅をするのか、賢哲王のいる場所までだけを殲滅するのか。初回の突入では、時間切れで失敗していたので、この辺はつめておかないと痛い目に遭うことはよくわかってます。さて、どうするか。

結局、「賢哲王のいる場所までだけを殲滅する」案を採用し、2戦目に臨みます。ここでしとめてやるぜ。
c0048329_117558.jpg

北の大広場に出るまでにいる3体のマムーク兵はリンクすることがないのでスルーして、大広場に出てからマムーク兵を次々倒していく。6匹程度倒したところで、ターゲットの賢哲王に攻撃をしかけます・・が、一割ほど削ったところでワームアップしてとんずらされてしまいました。

逃げ際にスタンを一撃入れるも、お構いなしに逃げていく。あっというまに視界から消えていきます・・速い!しかも、上の通路を通ったり、障害物を一周してたりと芸が細かい!サポ狩人の広域サーチで全部筒抜けでしたが・・w 広域サーチがなかった初回は賢哲王を探すのに時間を食ってしまいましたから、広域サーチはとても有効でした。

何回か逃げられながら賢哲王の行動を観察していましたが、MAPに書き込んだ場所、北と南の広場に落ち着くケースと、元いた場所に戻ってくるケースが確認できました(もっとあるかもしれないけど)。ニクイことに、とんずらが終わっても周辺を周回してるんですよね。リンクをもっと増やそうというのか。

賢哲王追跡は4人で行ってもらって、僕はゆりすさんと2人でリンクしたマムーク兵の寝かしにあたっていました。マムーク兵の殲滅が行き届かなかった南部の広場からリンクしたマムーク兵が中心です。獣タイプが多くて、ペットのトカゲを連れているのが面倒でした。トカゲがひょこっと起きてきても、大切な達ララをこんなやつに使うわけにはいかないし、しばらく殴られて他の敵がおきてくるか様子をみなければ・・って攻撃がかなりイタイ。

こういう乱戦では詠唱の長いストンスキンとブリンクは使えないし、苦しかったです。黒魔のゆりすさんは殴られると詠唱が中断してしまうので、僕が矢面に立たないと。幸いというか、睡眠耐性はつかない模様で、全ての敵が一発で寝てくれたので、しのぎきることができました。少し思ったのですが、ペットのトカゲだけでも始末してから賢哲王を追ってもいいかも。ペットが減るだけでずいぶん違うから。次来ることがあったら試してみようかな。

残り5分の表示が出て、苦しいか・・?という思いが頭をかすめたとき、「賢哲王がデジョンしていった!」の声が!寝かせている敵を全部放置してゴール地点の洞穴へ向かいます。すぐに箱を開けて、敵が追ってこないうちに脱出!ハイポーション+3が流れちゃったけど、命の方が大事~。

唯一の戦利品???ボックスは黒鉄鉱でした!ボックスはハズレばっかなので、全然期待してなかっただけに、PT内にどよめきがっ。ロット勝負の結果、僕が勝っちゃいました、えへ。最近、金策できてなかったから、すこしうれしい。

緊迫感と賢哲王のズル賢さが面白いアサルトで、とても楽しめました。また、他の新しいアサルトに挑戦してみたいものです^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-08-08 00:33 | FF11 アサルト
黙想のないライアーフ
上等アサルト「ライアーフ」では、各部屋に出現する3匹のチゴーを一掃するために黙想WSが重要とされていますし、実際に本職の侍さんの黙想があるとかなり楽です。じゃ、他の前衛は要らないの?ってなったときに、そうでもないんじゃないかなと、ずっと思ってました。

それはチゴーのポップの仕方。部屋に入ると一度に3匹出現するのではなくて、1匹ずつチゴーの範囲に入ったら出現するという仕組みですよね。あれを利用して普通に戦えないかなって。LSのぐれさん(忍/戦)ずーさん(シ/忍)僕(黒/白)の3人でいってきました。

部屋に一人入り、一歩一歩部屋の奥に忍び足をするかのように進んでいきます。まさに忍者の技です・・FFでは忍者ってなんかパワフルですけど。短いけどじりじりした時間を経て、チゴーがポップ。すぐ、部屋の外に出て戦闘体制に入ります。

チゴーは黒魔の弱体でも普通に通ってました。パライズ・スロウを入れればかなり楽だし、スタンで空蝉張替をサポートできる。じっくり戦いながらTPを貯めていきます。途中でクリティカルが出てチゴーが消滅したら、また新しいのを連れてくる感じで、のんびりとですが部屋を攻略していきます。普通にクリア可能みたい。


でも、危険なシーンもありました。

部屋の真前にフォモルが徘徊していたりして、中で戦わざるを得なかった場合に厳しいことになりやすかったです。中で戦っていると、いつの間にか次のチゴーが出現してたりして混戦になりやすいんですよね。チゴーは部屋の中でじっとしているわけではなくて、見えないけど動き回っているのかもしれない。こちらが動かなくても、新しいのがからんできましたから。

あと、チゴーは一匹ずつポップしていくとは限らず、2匹まとめてポップすることもありました。そのへんバラツキがあるので、寝かし役はストンスキン・ブリンクをきっちり張った上で、スリプルを用意して待っているのがよさそうです。

結論:黙想がなくても、前衛2+後衛1で「ライアーフ」は十分攻略可能!ま、明日のヴァージョンアップで少人数突入は修正されちゃうけどね( ´∀`)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-07-25 00:39 | FF11 アサルト
ライアーフ捜索作戦(上等兵・ペリキア)
ペリキアのポイントを貯めるのにもっとも適していると評判のライアーフに行ってきました。海猫護衛のシャウトやっているときでも、「ライアーフの分チケットとっておきたい」と言われることが多くて、ずっと気になってたんです。

23時にログインという遅めの時間でしたが、なんか自分の中で勢いがあり(?)、アルザビにいたLSの方に声かけまくってさっそく行ってみることにしました。

編成:ぐれさん(忍)ひがんさん(侍)しゃるさん(赤)僕(黒)

海猫党の隠れ家を探していた、我が軍の調査隊との交信が途絶えた。アサルト要員は現地をくまなく捜索し、調査隊の消息を追え。特に隊員のひとりライアーフは、風蛇将の弟、唯一の肉親である。発見に努めよ。
作戦戦績:3000

c0048329_1556331.jpg
作戦の内容は一言で言ってしまうと、マップ内に存在する5個の部屋から3人のNPCを救出することです。

「5」と「3」で数字が違っているように、2つハズレが混じっています。NPCは部屋の片隅にかがみこんだ(ヒーリングの)姿勢で佇んでいるのですが、あたりだとそのままNPCとの会話、ハズレだとフォモルとの戦闘になります。

このフォモルとの戦闘を回避する方法は有名で、ハズレは必ず東を向いているのです。だから、東を向いていたらほっておいて次の部屋に進めば言いという間抜けなところも。唯一一番東の部屋ではアタリも東を向いているので、そっと近づいてフードの中の顔をこっそり見ましょう。目が赤く光ってたらフォモルさんです(*´Д`*)

NPCの捜索はそんな感じで行っていくのですが、NPCがいる部屋にはいるとトラップとして(?)3匹のチゴーが襲ってきます。手数の多さと攻撃力の高さを併せ持った厄介な敵です。そのうえチゴーとは思えないほどHPがある!これは戦う前に予想外で、WS一発で沈むくらいのHPじゃなかったのか・・と混乱しましたが、HPが少ないんじゃなくて、WSを受けると消える特性を持っているのです。普通に戦うと強いので要注意。範囲WSで一気にしとめるのがセオリーですが、必中WSサイクロンで攻めると良いみたい。スキル低くても必中~!

WSで全部巻き込めないと面倒なので、誰かタフな人につっこんでもらう>スリプガで寝かす>範囲WSで沈める・・という流れが一般的みたいです。WSのTP確保にはあまり敵がいないエリアと言うこともあり、黙想が使えるジョブが最適ですね。チゴーを殴りながらTP貯めてもいいようになっているみたいだけど、回避はかなり高かったです。無理というほどじゃないけど、少し手間取るように見えましたよ。

個人的にこのアサルト最大の強敵は、通路をうろうろしているフォモルさん達です。恐ろしい堅さで倒すのに時間がかかるのはもちろんですが、インスニ見破りという特性を持つので、回り道をしたり工夫する必要があります。一回インスニした状態でフォモルの周りをぐるぐる回ったから見破りは間違いないです(そんなことばかりしてるから時間が足りなくなる^^;)。グラビデで引き回せばタゲが切れるという噂でしたが、なかなか切れませんね~。通路自体に敵は少ないので、グラビデなくてもマラソンしてしのぐことはできましたが・・なるべく係わり合いになりたくない方々です。

「うあーフォモルだ!」「レーダーにフォモル!」なんて話しながら洞窟の中を行ったりきたり。何気に楽しかったですw慣れればもう少しスマートにクリアできそうですけど、こういうバタバタも面白いね^^

戦績ポイントもたくさん手に入って満足です。また行きましょう!
[PR]
by lars.ff11 | 2006-07-13 00:31 | FF11 アサルト
いつもの土竜と上等兵
白門でぼけーっとしていると、「土竜アサルトに4人でいきませんか~?」という声がっ。最近シャウトする気力がなくてチケットあまり気味だったので、渡りに船です^^

編成は戦戦黒黒でした。土竜で戦士さんと組むことってあまりなかったのですが、戦士さんはかなり削り強いですね。スピードと一撃の重さを兼ね揃えている上に、WS「アーマーブレイク」が効果的に決まっていました。アーマーブレイクが決まると、そこから効果終了まで前衛の削りダメージが+1されます。通常の削りが5ダメージ程度ということを考えると、かなりの強化。

まあ、4人で土竜アサルトはかなり余裕があるので、それがなくても楽勝なんですけど!4人土竜はやっぱりいいなー。アサルト自体は黙々と岩を叩いているだけなので、本当に黙々と叩いていたら面白くないです。少し余裕があって、チャットできるから面白いというか。

その上、一回につき戦績1000ポイント。今戦績8000ポイントの首装備が200万で即売れであることを考えると・・一回につき25万ほどの換金率。いやっ、僕はイギトクラッコーを手に入れるんだっ、と思いつつ競売所の在庫をチェックするのでした~イマガウリドキダψ(`∇´)ψ

2人の戦士さん達はフレだったのかな?仲の良い感じでした。PT全体も感じが良くて、調子に乗って2戦目もご一緒させていただきました。1戦予定だったので、途中でメロンジュースが尽きてしまい、かわりに絞っていただくことに(スキルないのに材料だけは持って歩いてる・・)。メロンジュースくらい自分で絞れるようにしておこうかなと思いつつ、誰かに合成依頼する時のやりとりは結構好き。

アサルトは上等兵前で止まってます。オーディンの足跡を探すらしいのですが、アトルガンエリア全域に散っている(しかも移動するらしい)ので、骨が折れそう。情報募集です~なんてコメント書いてみたけど、なんか他人本願だなぁ。

そのうち、ひとつずつまわってみようかな、と思ってます。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-21 22:47 | FF11 アサルト
祝ペリキア10000ポイント!
海猫護衛のシャウトをしていてよく思うのは、このアサルトが初めての方にどれくらい説明をしたらいいかなあってことです。

何回もやっているベテランの方も一緒に説明を聞いているわけで、できれば短くしてあげたいけど、初めての人におざなりな説明だけってのは酷な気がするんです。よほどWEBなんかで調べている人でなければ、何が起きているのかわからないままクリアしちゃうんじゃないかな?

何も知らないままだと、海猫アサルトって、ただの殲滅戦ですから~そうなると、味も素っ気もありません。だから、最低限どういうことをやりたいのかを理解してもらえるような説明を毎回心がけているつもりです。説明がくどいって意見もありますけど!


・・・・・・・


海猫のシャウトをしたり、タイミングよくシャウトにのれたり、LSの方につきあってもらったり・・ついに戦績10000ポイントを突破しました。すでにイギト装備している人がちらほらいる中で大げさですけど、イギト胴まであと半分、半分なんです!


詩詠唱時間-10%を実感できるときがくるのか~。
アサルトは貧乏人に夢を与えてくれます。


上等の人口が増えてきたので、そろそろ上等アサルトの「ライアーフ」も視野に入れて動いていきたいですね。先を急ぎすぎると作業になっちゃうし、自分なりにアクセント入れつつポイント稼いでいるつもりなんですけど、ああ待ち遠しい^^


・・・・・・・


実は他の場所の方が戦績ポイント貯まってたりします。黒魔はレベロスの土竜、詩人はイルルシのラミアというように、育てているジョブが得意な場所の戦績はやはり貯まりやすいです。両方とも3人でクリア可能ですけど、僕は4人組が好きです。あせった感じがしないし、のんびりチャットする余裕もありますし^^ 

アサルトの戦績が場所ごとに計算されるのって、最初変だと思ってました。でも、全ての場所共通だと、稼げるところしかいなかくなるから面白くないよね。ペリキア優先と言いつつ、他の戦績もバランスよく貯まってきているのを見ると、改めてそう思います。

レベロスは・・首装備に変えてお金にしちゃおうか・・高いうちに・・なんて誘惑と戦ってます。イギトクラッコーの方が遠いかもしれませんw



[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-15 00:19 | FF11 アサルト
いろいろな海猫護衛の形
もはやアサルト=海猫と化している今日この頃。

自分でシャウトしたり、他の人のシャウトに乗ったり、LSの方と行ったり。形は変わるけどやってることは一緒。ずーーっと同じだと飽きてしまうので、適当に他のこと(ENMとか)を混ぜながらやってます。

と言っても、お手伝いなんかで他のアサルトに行くことも多いし、道をまっすぐ歩いているわけではないんですけどね。その過程も楽しんでます^^


CASE1  5人で海猫ってどうかな?

最近、シャウトでギリギリの人数制限をつけることが多くなりましたよね。よさそうなシャウトだな~と思っても乗りにくかったり、入ってみてもなんだか感じが悪いことが多くて、ちょっと少人数シャウトに用心するようになってしまいました(特にレベロス3人組)。全部が全部そうじゃないとは思うけど・・なんか、合わないものを感じてしまうのは僕だけだろうか。

ポイントたくさんもらえるのは嬉しいのだけど、できれば楽しみながらポイント貯めたいので、ギリギリ+1人くらいが丁度いいのではないかと思ってます。で、海猫。ここは殲滅速度が試されるので、各自ハイポを用意した前衛3人組に後衛一人がNPCを操作する形ならば、4人で十分にクリアできる手ごたえを感じています。反対に6人で行くと10分以上余ってしまうので、ちょっともったいない気がする。ということは、5人で行くのが適正かもしれない。

シャウトでは、希望の人数がすんなり揃うことはまずない。集まりが悪かったり、集まりすぎて断らざるを得なかったり。だから、シャウト募集ではなかなか5人でクリアを試す機会は少ないです。となると、LSの方が暇なとき(ビシージの後とか)にお願いするのがいいかな~などと機会をうかがってました。

集まったのは、ミニさん(忍/戦) カゲさん(戦/忍) リーダー(獣/忍) アークさん(赤/黒) 僕(黒/白)の5人。削りも強い前衛3人が揃っていることに加えて全員空蝉弐が使えます。今までの経験と頂いた助言からして、これ以上ない編成と言えます。

結果は、5分残してクリア。ちょっとコース取りが敵の多いところばかり進んだから、もう少しタイム短縮できると思う。5人でクリアは十分いけるなぁ。でも、もらえるポイントの増加分がちょびっとなので、素直に6人で気楽にやったほうが僕にはあっているかもと思いました(逆もどり)。


CASE2  盾なしPTってどうかな?

シャウトしていると、理想の編成になることは稀です。反応してくれた方を全員招き入れると盾のいないPTになることもあります。絶対的な盾がいないPTってどんな感じかな?PTには楽勝だよ~~なんて言いながら、実は無事にクリアできるか興味津々でした。

編成は、侍/戦 シ/忍 モ/忍 赤/黒 詩/白 黒/白。僕は黒魔で参戦。詩人さんがいらしたので、ミンネ×ミンネで防御を強化してもらうことにしました。さて、どうなるか。

序盤のカニ部屋戦では、盾がいない弱点がでてしまいました。カニがたくさん動いている中で、それぞれがバラバラの敵に殴りかかってしまったのです。これは、ターゲッターを決めておかなかった僕のミスですね。普通盾さんがターゲッターをやりますので、前衛の方が混乱してしまったのです。

最初は少しグタグタになりましたが、勢いを盛り返し、カニを軽く殲滅していく。やはり削り能力はかなり高い。守るより攻めろ!かな。詩人さんの詩も、ミンネからメヌエット(攻撃UP)に変わってるしw その選択、正解です!

続く、魚戦は攻撃力が若干カニより高かったものの、モロいので脅威は感じず、カエルも思ったより苦戦はしませんでした。侍さんで100超のダメージでしたが、良い具合にモンクさんやシーフさんにタゲを移しながら戦っていたので、被害はそれほどでも。やはり削り速度が速いので、そんなに攻撃食らわないんですよね。

結局10分以上残してクリア!盾なしも、案外良いかも?


(他の形は別の機会に続きます!)



↑ランキング復帰してみました。まあまあよく書けてるな~と思ったら押してやってください。ひとつの目安にさせていただきます(´ ▽`).。o
[PR]
by lars.ff11 | 2006-06-06 23:55 | FF11 アサルト