たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:FF11 印章BC他( 23 )
[印章BF]飛竜の眷族(魔法耐性修正後)
こんにちは。

しばらくの間、心にゆとりがない時期が続き、約束があるとき以外は意識してヴァナから離れていました。細かい事情はくだらないことなんですけどね。くだらないからこそ、いらいらするというか。難しいな。

どんなに忙しくても、心に余裕があればヴァナにログインできるはずなんですよ。24時間働きっぱなしというわけではないし、余暇時間がないと死んでしまいますから。でも、いらいらした状態でログインするのは良くないと思ってます。自分も面白くないし、周りにも迷惑かけるだろうし。

c0048329_23352865.jpg


ということで(?)、リハビリにさくっとバトルフィールド(以下BF)戦を楽しんできました!目的地は、かつて散々通いまくった「飛竜の眷族」。でも、BF内での魔法耐性強化があってからは行ってなかったので、結構新鮮な気持ちで臨むことができました。

それに、周囲で黒魔がLv75まで上がったよ~という声をちらほら聞いていて、黒PTにいくことがあったら誘ってください!と話していたこともあり、なら知り合いでちょっとした挑戦という感じで楽しめたらいいなと思いまして。

で、フレンドさん中心に声をかけていたら、予想以上にみんな乗り気で、いつ行くんですか?と聞かれたので、じゃ明日で・・と半ばその場の勢いで決めてしまいました。こんなアバウトでいいのかな~('∇')

〇作戦
1.バトルフィールドに入ったら魔法が届く位置まで進み、実際に魔法が届くかどうか確認して待機。
2.詠唱開始はヴァナディール時間で揃える。オーブ提供者以外の5人は、リーダーの指示した時間に、そろってサンダガIIIを詠唱。
3.オーブ提供者は精霊の印を展開し、サンダガIIIの着弾にあわせてスリプガIIを詠唱。
4.飛竜が眠りに落ちたら、さっきと同じ要領で全員揃ってブリザガIIIを詠唱。
5.生き残りがいたら始末して、フィニッシュ!
〇あたりドロップメモ
ウッドヴィルアクス シジュカクロスボウ 雲次 ダマスクインゴット ダマスク織物

メンバーは、僕、シャルさん、ヒガンさん、リチャさん、リチャさんのLSの方、カミさん、ずーさんの7人で入れ替わりながら戦います。全員、黒/白。作戦は上のとおりで、昔のものと変えていません。

どのくらい魔法耐性がついているかが気になるところですが、Webで調べたのと、魔法耐性の修正後に挑戦した方の体験談を総合すると、それほど昔と変わっていないみたいなので、とりあえず生き残ったら、誰か死ぬかもしれないけど、負けることはないだろうと。とりあえず、最初は僕のオーブで様子見を兼ねて突入!

c0048329_23431513.jpg
     ↑緊張の一瞬。スリプガII役は何度やってもドキドキします。

結果から言うと、昔とどこが変わったの?と思ってしまうほど、魔法耐性は大したことがなかったです。昔は4人とかでも楽勝でしたから、きちんと6人揃えなさい、ということなのかしらん。

生き残りもちらほら出ましたが、冷静に対処すれば崩れることはないレベルです。運悪くターゲットをとってしまった人がむやみに逃げ回らなければ、さくっと倒せると思います。なんだ、びびって損したよ・・。

7戦して、ウッドヴィルアクス、シジュカクロスボウ、雲次、ダマスクインゴット、ダマスク織物がそれぞれ1つずつドロップしました。ストラップが戦利品に追加されたので、武器枠がストラップに侵食(?)され、あたりの武器が出にくくなった観がありますね。

でも、7戦で1時間ちょっとという短時間で、さくっと遊べる間口の広さとリスクの低さを考えると、昔も今も獣神印章があまっているなら、おいしいBFであることは変わらないと思います。あたりはずれが激しいので、おもいっきりハズレをひいてしまうこともありますけどね(゜Д゜)

c0048329_23523832.jpg


僕は、雲次その他雑貨という中アタリというところで、合計15万ギルというところでした。このごろ、ギルが減る一方で不安を感じていただけに、ありがたい収入となりましたよ!

参加されたみなさま、おつかれさまでした!また、違ったBFにも挑戦してみたいですね!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-10-14 00:00 | FF11 印章BC他
[特BF]マーシナリキャンプ - Mercenary Camp
こんにちは。

LSメンバーで、イベント用特殊バトルフィールド(以下BF)の「マーシナリキャンプ」に行ってきました。このBFは、スクエニさんが開催したイベント(アルタナ祭り?)に参加した人だけがもらえるチケットを消費することにより、はじめて挑戦することができるみたいです。

チケットはゲーム内で調達できるものではないだけに、滅多に体験できないバトル。おのずと気合も入るというものです!

〇マーシナリキャンプ概要
・Lv60制限、サポートジョブなし、制限時間15分、経験値ロストなし
・突入すると、全員に自動でプロテスIVとシェルIVがかかる
・敵は五蛇将全員
・敵は横一列に並んでおり、攻撃した五蛇将のひとりが襲ってくる
・ガ系魔法で敵全員を巻き込むと、一斉に襲ってくる(そんなことしないか・・)
・五蛇将は、必ず固有WSとジョブに応じたSPアビリティを使用する
・戦闘中の六蛇将のHPが大きく減る、あるいは時間の経過によって、次の五蛇将が参戦してくる
・五蛇将について
Rughadjeen SP:インビンシブル WS:ビクトリービーコン(追加効果:フラッシュ)
Gadalar SP:魔力の泉 WS:サラマンダーフレイム(追加効果:ディア)
Najelith SP:イーグルアイ WS:タイフォニックアロー(追加効果:バインド)
Zazarg SP:百烈拳 WS:陰流砕巌衝(追加効果:石化)
Mihli SP:女神の祝福 WS:スカウリングバブル(追加効果:ディスペル)
・弱体調べ
スリプル・ララバイ→×
バインド・グラビデ→〇
サイレス→×
パライズ・スロウ・ブライン→〇

BFの場所は天輪の場、つまりデルクフの塔最上階、ですので、集合時間まで集まってきたメンバーとぼちぼち巨人狩りをしながらメンバーが集まるのを待ちます。

そういえば、パラースとかの出現方法変わったんですよねー?なんて話をしていたら、トリガーアイテムの角笛がポロリとドロップ。ひさしぶりにパラースさんに会えて懐かしかったり。

c0048329_10251273.jpg
     ↑落としたものはソックスでしたけどね(´ー`)

そんなこんなで全員が集まり、軽く作戦会議を行います。

編成は、ずーさん(忍)、ミニさん(忍)、ユリ嬢(青)、グレさん(青)、いまじんさん(赤)、僕(黒)という攻撃型。というのは、制限時間が15分と短いので順調にいってもギリギリということと、戦闘中の五蛇将のHPを削りきらないうちでも、時間で次の五蛇将が動き出してしまうというのがありました。一度崩れたらリカバリーは難しそうですが・・一気に沈める気合で。

回復については、各自リレイズアイテムとハイポーションを持参し、薬品を併用しながら回復していけば回復が薄いのもカバーできるのではないか?と、薬品を大量に用意していきましたがどうなるか。なんせ、一回きりしか挑戦できないのですから!

c0048329_1036585.jpg


突入すると、いかにもお祭り的なノリのムービーが流れ、いつもと違う五蛇将がなんとも可笑しい。ムービーが終わると、階下に五蛇将が勢ぞろいしているのが見えます。おちゃらけムービーとちがって強そうだ・・。

時間も無いので、蘇生アイテムを使い突撃します。まずは、ガダラル!黒魔からたたくのは集団戦の基本ですが、ガ系魔法で途中参戦されると厄介なので一番先に倒してしまいます。HPはそれほどないようで、さくさく削れていきます。サラマンダーフレイムはきたっけ?というくらいの威力。さくっと倒しておしまい。

「畜生、畜生、畜生ッ!」と悔しがるガダラルさんを尻目に、次に襲ってきたのはザザーク。ガダラルよりもHPと防御力があるのか、削りのスピードが鈍ります。ただ、攻撃力は思ったほどではなく、百列拳もフツーにしのぐことができました。

僕の役目は、次の五蛇将が参戦してきたら大きな精霊をぶつけて倒しきること。Lv60では燃費と威力に問題がある(?)ウォータIIIくらいなもんですが、トドメにはこれで十分。思ったよりも次の五蛇将が参戦するペースが早いので、ちょっとターゲットを取ってもいいくらいの勢いで撃ちました。どさっと目の前で倒れるザザークさん。

アレ、これって楽勝?

c0048329_10465350.jpg
     ↑ここまでは楽勝ペース。ここまでは・・ね(;´д⊂)

続いてミリとの戦闘に入ります。このあたりでMPが残り少なくなってきていたので薬品で回復していると・・「ああ、もお~ッ!ボク、どうなっても知らないからねッ!」→スカウリングバブル発動→バタバタと倒れる前衛陣

えっ・・前の2人と全然威力が違うぞ!しかも、追加効果ディスペルでずーさんとグレさんのリレイズが消された模様。なんてこった・・リスキーダイスとレヴィのコンボか!?(byハンター×ハンター)ってくらいの命中率。これはヤバイ。ゾンビ作戦している時間はないぞ。

バタバタしつつも建て直しをはかっていると・・「消えなよッ!」の台詞とともに放たれるヘキサストライク。一撃で一人ずつ倒されていく。さらには、ケアルIVやケアルガIIIで回復しまくるミリ。削りが弱まっていたので瞬く間にHPが元通りに。そして・・。

「ミリ!バックアップするわ。」「あッ、おねえ。助かるよ~。」→時間経過によりナジュリス参戦。もうどうにでもしてくれ・・(;´д⊂)

c0048329_113286.jpg
     ↑この姿勢のまま制限時間オーバーに

途中までは楽勝ペースだったので、ミリに対する攻めに甘さがあったかもしれません。敗因を挙げるならば、回復が薄すぎたことかも。赤魔は次の五蛇将へのケア(グラビデ&バインド)で出払ってしまっているし、白魔さんがいたほうが安定したとは思います。

ただ、これは攻撃的な編成による速攻と天秤のようなもので、どちらが良いというわけではないんですよね。僕らは回復よりもスピードをとったわけで、ミリのスカウリングバブルで崩れた瞬間、勝敗は決したといえるでしょう。

もう一回入れないか試してみましたが、ダメでした。う~~、くやしー!

c0048329_10482689.jpg
     ↑ちょっと遠いけど、並んでるのが見えるかな?

でも、面白かった!

こんなに良くできているBFに挑戦できるのは一握りだけというのはもったいない気もしますが、スクエニさんはそれだけイベントを盛り上げたいのでしょう。そのうち何かしらのゲーム内のイベントでチケットが配られないかな~。ヒーローズやヒロインズといった特殊BFもやってみたいですよ。

このマーシナリキャンプで、名前と顔がいまいち一致しなかった五蛇将全員を覚えちゃいました。なんだか親しみもわいてきたので、五蛇将クエスト進めてみようかなー(*'-')
[PR]
by lars.ff11 | 2008-05-25 00:51 | FF11 印章BC他
[獣神99BC]真龍-勝利編-
こんにちは。

北京オリンピックも間近に迫ったこの時期に四川省で大地震が発生して、ニュースは地震一色ですね。次第に生々しい映像も公開されるようになってきて・・亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、一人でも多くの方が元の生活に戻れますよう願っています。

c0048329_2345979.jpg

さて、ヴァナでチョコボの宝探しでもしようかな~とタロンギを走っていたところ、ラリさんから、「神99BCいかない?」と誘われました。どこー?と聞くとギデアスとのことで、さらにラリさんのリンバスLSとサルベージLSの合同イベントみたい。

僕は、よほど真龍BCに縁があるようです。LSイベントとも。奇妙な縁を感じつつ、一路ギデアスへ。

〇今回の作戦
・編成 ナ狩+後衛(赤赤詩詩召白白黒黒黒黒黒)(12人)
  ↑間違ってるかも・・ 
・開幕ブレスに本隊が巻き込まれないように、ナイト一人が特攻し開幕する。
・後衛も含めて全員で、真龍の前脚に乗っかる形を取る。
・後衛は常にストンスキンに注意する。切れていたら最優先でかけなおすこと。
・範囲攻撃を食らったら、余裕のある人がケアルガを唱えること。
・飛ぶ前は、スタンを散らしつつ、精霊控えめで削っていく。
・飛行形態に入ったら、連続魔スタン×2の間に精霊全開。
・それでも落ちない場合は、黒魔もスタンを散らしながら削る。
・地面に落としたら、序盤と同じようにゆっくり削っておしまい。

このまえ18人で苦戦しましたけど、開幕で崩れなければ十分余裕を持って倒せるレベルだと感じましたが、12人で挑むのは僕にとって未知の領域です。どうやって戦うのか興味津々。

ラリさんの指示した作戦案は、シンプルかつ合理的なものでした。ポイントは、後衛の立ち位置も前衛と同じく真龍の足元としたところです。

真龍の前方範囲攻撃はともかく、周囲を幅広く攻撃する範囲攻撃は、ちょっとやそっと離れていても食らってしまうくらい範囲が広い。ならば、真龍の向きを安定させ、後衛が散らばることによる回復のバラツキを防ぐのが上策。詩人の詩もかけやすいし、ケアルガによる範囲回復も使えます。

僕もちょうど似たことを考えていて、後衛が散らばることのデメリットを解消するには、ブレスなどの前方範囲を受けない程度の場所で、一塊になったほうがいいだろうと。結局、作戦を練っていくと同じようなところにいきつくのかもしれません。

c0048329_05814.jpg
     ↑衰弱中に安全地帯に逃げようとしてひとり死ぬ・・の図

戦闘は実に安定していました。飛行形態中の連続魔スタンの威力がすばらしく、ほとんどなにもさせずに地面に叩き落していたのが大きかったというのと、ストンスキンを切らさなければ後衛も十分前線で戦えることが、全体の安定感を生んでいるように見えました。

詩人さんも、バラ&バラを聴かせるために走り回る手間がなくなった分、回復にも手が回るようになり、それが細かいケアにつながっていた点も見逃せません。全員で両脚に乗っかる作戦は成功と言えるんじゃないでしょうか!

1戦目を死者1人でさくっと勝利した後、連続魔スタンを使い切った人は他のジョブに着替えて、別のジョブから連続魔スタン要員をジョブチェンジで確保するあたりは、長い間一緒に戦っているメンバーの強みですね。

結局、2戦目も死者1人(僕です!)で完勝し、回線落ちした某詩人さんをのんびり待つ余裕まで見せながら終了。黒帯アイテムを破格の友達価格で譲ったり終始和やかな雰囲気でした。

僕も、申し訳ないことに幽霊部員となってしまっているサルベージLSと、オメガ戦の手伝いや僕がやっていたリンバスLSと共通メンバーの多いリンバスLSの両方に少しずつですけど関わっているだけに、実に気楽にできました。戦闘中にPT会話したりして、そういうほうがただ戦うよりも楽しいですよね!

しがないタルですが、よければまた誘ってください!オメガやアルテマのお手伝いも時間があえば馳せ参じますので(*'-')v
[PR]
by lars.ff11 | 2008-05-20 00:34 | FF11 印章BC他
[獣神99BC]真龍
こんにちは。

最近カンパニエで白魔の経験値をコツコツ稼いでいます。保険稼ぎはあまり燃えない質なので、黒魔の経験値はそんなにいらないんですよ。だったら白魔をじりじり育てるのにカンパニエを利用してみようかなって。

そんなこんなで白魔としてテキトーな格好して歩き回っているのですが、Lv56という微妙なお年頃なので、アーティファクト(AF)が恋しくなってきました。宝のカギはいくつも収納にストックしてあるので、ぼちぼち宝箱を見つけていこうと思います(*'-')

・・ってなわけで、まずはクロ巣の白魔AF脚だ!ってことでクロ巣に向かってチョコボで駆けていると、LS会話でずーさんが獣神99BCのお手伝いを募集しているじゃないですかー。話を聞くと、後衛を募集していて特に黒魔を並べたいようでした。

ヘタレでも一応黒魔の端くれなので、「人が足りなかったら、いつでも声かけてくださいー!22時30分が限界ですけど。」と言ってみたら、すぐさま「よろしくお願いします^^」とかえってきて、獣神99BC「真龍」に初挑戦することになったのでした(*'-')

〇「真龍 - Early Bird Catches the Wyrm」BC概要
・レベル制限:Lv制限無し 制限時間:30分 制限人数:18人
・敵はWyrm1匹。
・WyrmはほとんどBC中央部から動かない。
・Wyrmから離れすぎると引き寄せられる。死体でもおかまいなし!
・ある程度削るとWyrmは飛行形態へ。この飛行形態をどうのりきるかがポイント。
・Wyrmの飛行形態は、一定のダメージを与えることで地面に落とすことが可能。
・着地の際にはもちろんタッチダウン(範囲ダメージ)が来る。
・もちろん後ろに立つとフレイルがくるヨ!前衛でも即死級だヨ!

〇今回の作戦
・編成 ナ赤忍+前衛+赤詩召白+黒たくさん(記憶おぼろげ・・) 
・開幕ブレスに本隊が巻き込まれないように、スタンで開幕する。
・スタンの間にナイトが突入し、挑発でWyrmの向きを変え、本隊が突入。
・ナイトがメイン盾、サブに赤魔と忍者が入る形を取る。
・スタンを散らしつつ、精霊控えめで削っていく。
・飛行形態に入ったら、スタンの順番どおりに間断なくスタンを入れつつ精霊全開。
・地面に落としたら、一気にたたみかけてトドメ。
・連戦を意識してか、連続魔スタンを作戦には組み込まない方針。

もともと、裏LSのイベントの一環だったようで、裏LSのLPをいただきLS会話に加わります。が・・お手伝いで来たはずなんだけど、18人以上いるような気がしますよー!「人足りてるみたいですね^^」とエールを残してログアウトしていく裏LSの方々。

少々いたたまれない気分になりましたが、いまさら「やっぱいいです^^;」と言い出すのも、雰囲気的にいかがなものかと思うし、こういうのってほんとタイミングですよね。腹を決めて着々と準備します。保険は7000以上あるという、僕的にはめずらしい(?)状態だったのですが、黒魔はたくさん死ぬというウワサですし、蘇生の髪飾りの新品を用意しておきました。

同じお手伝い組の中でもかなりの経験者であるいまじんさんに色々教わりながら、バルガの舞台を目指します。教えていただいた内容は、調べていたこととほとんど符号するので、エレメンさんの記事をもう一度読み直しながら、どうやって動こうか自分なりにシュミレート。

大半が裏LSのメンバーということで、たぶん細かい戦術の説明はないだろうと思っていたので、足を引っ張るマネだけは避けたかったのです。はじめてのBCだし、僕はたいてい初体験のBCで失敗をやらかすので^^;

c0048329_23572832.jpg
     ↑突入1分前の図。この後惨劇がっ(;´д⊂)

作戦どおり、開幕はスタンから始まりました。サークル内に入って挑発するナイトさん。しかし、Wyrmの体の位置が完全に変わりきらないところで、ぶっはーーーー!とブレス攻撃がきてしまい、サークルに突入しようと待機していた本隊を直撃。後衛を中心として半分以上のメンバーが即死。

スタン2番目の僕があと0.5秒早くスタンを決めていれば・・。悔やんでも悔やみきれません。言い訳ですけど、こんなに早くブレス攻撃が来るなんて、予想をはるかに越えたスピードでした。

いきなり強烈な先制パンチをもらってしまい崩れかかりますが、そこは歴戦の方々。じりじり削りながら立て直していきます。僕はというと、リレイズで起き上がった途端に範囲攻撃を受けて死亡。レイズをもらって、リレイズ詠唱中にまたもや即死^^;

起き上がるタイミングはちゃんとはかってるつもりなのになー・・なぜかコロリと死んでしまう悪循環。周りの人がレイズしてくれるのがだんだん申し訳なくなってきました・・。5回目の復活で、かろうじてサークルから入り口方面に抜けることに成功し、ここで衰弱待ち。

ふっふっふ、ここからが真骨頂だぜ!と思いきや、Wyrmに誰か追われてきたのか、Wyrmがサークル入り口まで進出してきて、ぶっはーー!とブレス攻撃。通路で衰弱待ちをしていたメンバーとともに地に伏します。またもや衰弱状態に逆戻り。

しかし、地道に衰弱待ちをして、何度目か忘れてしまった復活!精霊の印を展開してバーストIIをきめてやるぜー!しかし、詠唱中に範囲攻撃に巻き込まれ、またもや即死。今日はとことんついていないようです・・。

c0048329_0125439.jpg


ここですでにLvは74に落ちていました。ということは、ナシラ脚&足、ロケイシャスピアスを装備することができなくなったのはもちろん、一番痛いのがサンダーIVとバーストIIが使えなくなったしまったことです。

火と氷に耐性を持つWyrmさんですから、サンダー系が一番のダメージソースだったわけで、これで燃費の悪いサンダガIIIしかなくなってしまいました。こうなると攻撃力が半減してしまったも同然。こうなったら、衰弱待ちをして攻撃に復帰するのではなく、ケアルタンクとして貢献するまでだー!

しかし、回復の要さんたちもやられており、ナイトさんを支えきれずに死なせてしまい、続いて盾ユニットが崩壊したことでジ・エンド。あと0.5割くらいだったのに・・くやしい!!!

c0048329_0223850.jpg


最初に崩壊しかけながらも勝利寸前までいけていたので次は勝てそうな雰囲気であったこともありましたが、なにより自分のふがいなさが悔しくて、このまま終われないという気持ちでした。

でも、時間は夜の12時を過ぎつつあり、もう一戦いったら1時をまわるかもしれません。次の日に影響を出してまで遊ぶのはやりすぎだろうと抑えて、この日は待機していた方に交代してもらってお先に失礼したのでした。勝利の瞬間を見てみたかったなぁー。

次の日ずーさんに聞いたところ、その後は勝利を重ねて3勝し、念願の黒帯アイテムもドロップしたそうです。入手された方、おめでとうございます!次は勝利の瞬間に立ち会ってみたいものですね。しかし、こういう大きな戦いはエキサイトしてしまいますなー。気づいたら経験値10000ロストしてましたから!10000って!

カンパニエで、ちょっとずつとりもどそ(´з`)y-~
[PR]
by lars.ff11 | 2008-05-08 00:46 | FF11 印章BC他
[獣神99BC]動く島
いまじんさん主催の獣神印章BC戦に参加してきました。

ただでさえ重いフルアライアンスの戦いを最大8回も連戦する(!)というこの企画、いまじんさんが主催じゃなかったらのってなかったかも。未体験のBCを体験してみたいのが半分、お手伝い半分という感じでした。



集合時間に集合場所に行ってみると、前に所属していた裏LSの面々がたくさん。裏LSの活動時間後に、まず人集めを行ったのか、一緒に行こうぜ!と話が盛り上がったのかどちらかなんだろうな、とわかるようなメンバーでした。なんか懐かしい空気を吸った気がします。

共同企画人(?)のぶら兄さんが1時間待っても登場せず、仕方なく野良シャウトとフレンド拉致を駆使ししてようやくフルアライアンス(18人)が集まったのは、集合時間から1時間半後。これから8連戦もするってのに、ずいぶんとゆるやかなー。

こういうのんびりした、時間の概念が違うかのような(?)運用は、僕の所属LSのイベント進行にありがちなもので、これまた懐かしい感じがしました。そういえば、LSのイベントごとに参加したのって、ずいぶん久しぶりのような気がします。



さてさて、このBCで戦う敵はでっかい亀(アダマンタス族)が一匹です。ほんとにでっかくて、ワールンのサークルに入る前の通路からすでにその偉容を拝むことができます。戦闘場所が、水のはってあるフィールドだったら、もっと雰囲気出たかもね^^

この亀の特徴は、こんな感じです。

①総HPはおよそ46000~45000といわれている。
②与えたダメージの蓄積によって、首を出したり、ひっこめたりする。
③頭をひっこめている時に強力なリジェネがかかる。
④攻撃力はそれほどなく、怖いのはブリザガIVくらい。
⑤つまり、このBC最大の敵は制限時間(30分)だ!
弱体調べ
スリプル ×
スタン ×
グラビデ ○
バインド ○
サイレス △
バイオなどのスリップ系 ○

とにかく硬くて、巧みに回復する亀を、いかに効率よく削っていくかが勝敗の分かれ目となる、そういう雰囲気は伝わったでしょうか。

頭をひっこめているときのリジェネは、リジェネというよりケアルVを連発しているような印象です。HPが膨大な敵なのに肉眼で確認できるほどの回復力。このリジェネをなんとかしなければ攻略はままなりません。

そこで、戦術のおおまかなイメージとしては、「亀がなるべく頭を出している状態を保ち、頭をひっこめた時に、瞬間的な火力をたたきこみ頭を引っ張り出す」というものになるのは自然な流れでしょう。

この「瞬間的な火力」がミソで、MPを代償にして火力を自由に操ることができる黒魔の出番というわけです。黒PT(黒魔18人組)での精霊乱射が最も素早く効率的らしいのですが、今回は盾とMBを用いたマラソン戦術が採用された模様です。

○編成は、ナ侍モ赤赤召黒黒黒黒黒黒黒黒黒黒黒黒。
①ナイトさんがマラソンランナーとなり、カメの頭が出ている状態のときにサークルを周回する。
②侍さん&モンクさんのTPがたまり次第、精霊を撃ち込んで頭を引っ込める。
③侍さん&モンクさんの闇連携にあわせてMBブリザガIIIorフリーズII。
④これで頭が出てこない場合は、さらに精霊で押す。反対に、精霊の途中で頭が出てきたら、精霊を中断すること。
⑤頭が出てきたら、再びマラソンしつつTPをためる。黒魔チームはヒーリングに入り、MPが一定のレベルまで回復次第②に戻る。
※赤魔は弱体を常に入れ続けること(特にサイレスは重要)。
※頭の出し入れは報告役がきっちり報告すること。
あとはこの繰り返し!

亀の特性を踏まえた上での洗練された戦術と言えます。ちょっとジョブを選ぶところが残念な所ではありますが、これが決まれば決定的な攻撃力をもたない亀にまけることはないでしょう。

フリーズIIのMBは案外簡単で、700超のダメージが出ていました。ハーフレジかなとも思いましたが、フルダメージを与えていた人もいなかったので、素直に魔法ダメージカット50%がついていると考えた方がいいかもしれません。それ以外は、氷系で攻撃すればレジストも少なく、安定してダメージを与えられます。まさに黒魔バンザイBC。

戦闘していて負ける気がしなかったです。全員が慣れないうちはバタバタしましたが、慣れてくると戦闘時間も短くなっていき、最後は12分ちょっとで撃破。このメンバーを集められれば、ほぼ勝利は手中にしたといえるでしょう。黒魔を2人削って16人でも勝てるんじゃないでしょうか。



というのは、戦闘中に中身の僕が他のことをやっていても勝ててしまったから・・。

戦闘に突入したあたりで、弟が「部屋にゴキブリが出た!!!」と僕の部屋にやってきて、「退治してくれ」と言います。弟は大の虫嫌いなのです。二十歳のくせに・・。「みりゃわかるだろ、戦闘中なんだよ~」と突き放すと、「弟よりゲームをとるのか;;」などと食い下がってくるので、仕方なくゴキブリ退治をすることに。

ほうきでゴキブリをはたくと、「俺の部屋でつぶすな!」と本気で怒るのでアホらしくなりつつ、とりあえずミッションコンプリート。紙袋にほうきではたき入れて、庭に放しました。奴(ゴキブリ)も運が良ければ生き残るんじゃない?

そんなことやってて、急いで戻ってきたらまだ戦闘中で、黒魔PTの中で僕のMPだけ有り余っている状態に少々バツの悪さを感じつつ、知らん顔で戦闘に戻ったのでした。はぁ~。中の人のHPが減っちゃったよぅ。



神亀BCをやった感想ですが、初めてのBCなのでなかなか楽しめました!でも、4戦目くらいからだんだんきつくなってきて、なんで苦しみながらゲームをやっているんだろう?なんて思ったり思わなかったり。ひさしぶりに、こんなに長時間FF11をプレイしたような気がします。

なんせ、午後0時開始で最終的に終わったのは午後6時でしたから。戦闘に時間がかかったというのはありますけど、全体的にみんなのんびりしているんですよね。FFXIってそういえばこんなゲームでもあったたような気もしますー。

何かの合間にゆったりみんなで遊ぶというような・・?そのあたりは予想していたというか、PSPを用意していたので、時間が空いたときにはPSP「ファイナルファンタジータクティクス獅子戦争」をやってました。それにしても長かった^^;



最後は、夕食を食べに行く約束をしていたので、最終戦が終わってから、さっさと帰ってしまいました。ごめんなさい。戦利品の分配があったみたいだけど、最初からお手伝いさんロット枠?をロットする気なんかなかったし。

と思っていたら、しっかり僕の分配まで考えてくれていたみたいで、カミさんからアイテムが送られてきました。送られてきたHQスーパーエーテルは自分で飲もうかなw

まとめ役のいまじんさん、参加されたみなさま、ほんとにおつかれさまでした!
[PR]
by lars.ff11 | 2007-06-27 00:00 | FF11 印章BC他
獣神30BC 会議は踊る
今週の土曜日の集まりは、行ったことのないBCに行ってみようシリーズで、「会議は踊る」に挑戦することにしました。

最近リンバスLSをやっているせいか、所属LSの枠を飛び越えて親しい人に声をかけて遊ぶということが多くなってきました。つきあいが広がるというのは、遊びの幅が広がることはもちろん、ヴァナ生活が豊かになっていく感じがして嬉しいです^^

今回のメンバーは、りちゃさん(忍)、ひがんさん(侍)、ぶらっどさん(暗)、なるさん(赤)、ずーさん(白)、僕(黒)の6人組。ほんとは7~8人くらい誘って、編成に幅を持たせるのも面白そうだと思いましたが、BCの入口と出口が遠いことで有名なバルガの舞台なので、参加人数を絞らざるを得なかったのが少し残念。

アトルガンエリアのBCみたいに連戦しやすい構造になってるとか、プロマシアエリアのBCみたいに、出口が数種類選べると遊びやすいんですけどね~。そろそろ旧エリアのテコ入れにとりかかってくれないかなあ。

○会議は踊るメモ
・最初に横並びで並んでいるKing of Cups(白)、King of Batons(黒)、King of Swords(ナ)、King of Coins(赤)、4体のキングのどれかを釣ると、他のキングは消える。
・残ったキングは、Queen of Cups(白)、Queen of Batons(黒)、2体のクイーンを召還する(クイーンのジョブは白と黒以外確認されていない)
・上記のように少し変則的だが、キング1体とクイーン2体と戦うことになる。
・弱体調べ
パライズ→○
スロウ→○
ブライン→○
バイオII→○
ディスペル→○
サイレス→×
スリプル→×
バインド→ハイパー化
グラビデ→ハイパー化
※ハイパー化とは、ガーディアンが超強化される現象を指すらしい。つまりは、移動阻害系の魔法を使うと異常なくらい強くなるということ。

普通3体敵が出てきた場合、2体をマラソンなりガチなりでかわしておいて、残りのメンバーで1体を集中攻撃するのがセオリーですよね。実際、クイーン黒>キングナイト>クイーン白という順番でマラソンを駆使して倒すのが一般的な模様。

でも、webを調べていて気になる情報がありました。「クイーン黒&白はこちらから近づかなければ、自ら近づいてくることはない」という、なんだか信頼できるんだかできないんだかわからないような内容ですが・・これを試してみることに!


・・・・・・・


4体のキングのうち、僕達はナイトを選択することに。これまた未確認なのですが、「黒・赤は2Hアビリティ発動中に魔法を阻止することができない」というのです。ほんとかなぁ~と思いつつ、もしそうでなくても、正統派のジョブであるナイトの方が小技を駆使する後衛系ジョブよりも戦いやすいと判断しました。

釣り役は白魔のずーさん。キング(ナイト)にディアIIを入れて戦闘開始です。僕も前線に出て様子を見ていたのですが、キングのネームが赤になると、すーっと他のキングが消えていくところなんかは、フェ・インのオバケBCに近い感覚です。

その後、一呼吸置いてクイーンを2体召還。これはヘイト連動ですので、ずーさんに襲い掛かります。それを確認したら、忍者りちゃさんがキングを挑発で釣り、通路で5人の集中砲火を浴びせます。

c0048329_2315494.jpgが・・これが滅茶苦茶に強い!ナイトというと守備的なイメージがあるのですが、このキングは、通常攻撃に物理攻撃力ダウンが付加されているばかりでなく、ダブルアタックの発生率が高く、ディールアウト(前方範囲ダメージ)、メッタ打ち(3回攻撃)を巧妙に織り交ぜ空蝉をはがして、重い一撃を食らわせてきます。イギラ装備の黒魔で250~280のダメージ。かなり重いです。

最初ということもあり、なんだかバタバタしているうちに、次々と討ち取られてしまいました・・。5対1の状況を作りながら情けないというか、敵があっぱれというか。白魔のずーさんは、クイーン2体を相手に余裕を持ってキープしていただけに悔しい敗北でした。

○敗戦から学んだ修正点
・クイーンに白魔は何もしないで白ネームを保つことで、他の後衛からの支援を受けやすくする作戦だったが、これよりもフラッシュ等を入れて積極的に赤ネームにした方がキープしやすい。
・クイーンは情報通り近づいてはこない。白魔ひとりだけで2体のキープは楽勝。
・キングについては、ディールアウト(前方範囲ダメージ)を他の前衛ももらうことでHP回復の負担が大きくなっていたので、忍者以外の前衛は後ろに回ること。
・キングが使うシャッフル(範囲ディスペル)でリレイズをはがされたら、その旨伝えること。
・キングが使うダブルダウン(遠隔ダメージ+ヘイトリセット)でターゲットがふらつくので、後衛は注意すること。
・キングはナイトなのに意外と魔法を多用することから、危なくなったりインビン状態になったときには、入口方面へマラソンが有効
・暗黒のアルケインサークルは、それなりに有効。1戦闘につき、2~3回はひるんでくれます。

クイーンのターゲット維持が容易なことが判明したので、残るは激しいキングの攻撃をかいくぐり、ヤツにトドメをさすことのみ!気合も新たにBCへ進む・・。

相変わらずキングの攻撃は激しい・・。しかし、こちらも歴戦の冒険者の集まり。敵の能力を見切れば、あとは適応するのみ。削りはスムーズかつ迅速になり、MP消費も緩やかになっていきました。

それにしても、このBCはサブ盾か詩人がいると、ぐっと楽になる場所かもしれません。ほとんど忍者が死んでしまえば、そこで戦線の維持が難しくなるわけですから。忍者りちゃさんも神経を尖らせつつ奮戦し続けます。


・・・・・・・


激戦の末キングを打ち倒し、クイーンの殲滅に入ります。すると・・唖然とするほどヨワイ!キングが圧倒的に強くて、クイーンが付属品であることが肌で実感できました。精霊のとおりもよく、負ける気がしません。ここはホントにキング戦がポイントなんだなぁ。

c0048329_23153578.jpgドロップアイテムは、前評判どおり、必ずオリハルコンがドロップしました。オリハルコン2個ということも2回ほど。意外だったのは、このBCの代名詞とでも言うべきトランプクラウンがあまりドロップしなかったことです。毎回出ると思ったのになー。ExRare潜在武器は、権藤鎮教(両手槍)が2本でて、希望者のひがんさんとりちゃさんにいきわたったのが嬉しかった。僕の欲しかったダイセクターは出ませんでした。残念!

何回も死にながら、新しいBCを攻略していくのは楽しいです。ぜひ次回もご一緒したいですね!(僕の印章はつきかかっていますが;;)参加してくれたみなさま、おつかれさまでした^^

○対戦成績
6戦4勝2敗
××○○○○

[PR]
by lars.ff11 | 2006-11-19 23:23 | FF11 印章BC他
獣人60BC 第11軍団独立支隊
じわりじわりと獣人印章が貯まってきて、ついに60枚になったので、BC祭を企画してみました。行き先は、行ったことがない場所で、そこそこドロップ品が良いところで、交通の便が良くて・・なんて贅沢(!)なことを考えつつ、宣託の間「第11軍団独立支隊」に決めました。

トルク取りは弱体トルクも出る怨念洞方面のBCに偏りがちで砂漠方面は来たことがなかったし、ドロップ品もダマスク織物・各種トルクとまあまあ、BCの入口と出口が近くて連戦しやすい、と3拍子揃ってたのが大きかったです。

人集めも順調に進み、当日には、グレさん(忍)、ロゼさん(戦)、ヒガンさん(侍)、ブラッドさん(詩)、ナルさん(赤)、シャルさん(黒)、僕(黒)、と7人が顔をそろえました。ウィークデイにちょこちょこ遊びつつ、そのときログインしてた人にTellを送って週末何かやる!というのは、僕のヴァナライフの定番になりつつある今日この頃です^^

○第11軍団独立支隊メモ

ムーンオーブ(獣人印章60枚) 
宣託の間:6人用BC

概要:4匹のアンティカ族NMと戦う正統派BC。各NMはそれぞれのジョブの2Hアビリティを展開してきます。

敵データ:
Retiarius XI-XIX(黒魔)
Hoplomashus XI-XXVI(ナイト) レジストスリプルを持つ
Secutor XI-XXXII(戦士) マイティストライクで事故の可能性アリ
Centurio XI-I(狩人)

各2Hアビリティとアンティカ固有技以外は使わない模様。
倒す順番は、上からR>H>S>Cを推奨。

弱体調べ:
サイレス=印なしで通る
バインド=印なしで通る
スリプル=印なしで通る、ほぼレジなし
ララバイ=印なしで通る、ほぼレジなし

エレメンさんの情報では、「スリプルとララバイは半レジストされる」ようなデータになっていましたが、レジストされる気配すらなく、黒魔のスリプル2もスパスパとおってました。あれ~って感じです。せっかく詩人は打たれ強いブラッドさんにお願いしたのに(´ ▽`).。o

寝かしが十二分に効果を発揮することがわかれば、こちらの独壇場!後衛の構成は詩赤黒とすべて寝かしを持つジョブ編成だったので、6戦して6勝&死人0という安定ぶりでした。

また、アンティカ自体もHPが低いのか、とてもモロくて、開幕スリプガIIをいれてから次の敵が起きてくる前に簡単に最初に戦う黒魔アンティカを撃破して次のナイトに行けます。ロゼさんのランページとヒガンさんの雪風が600~800当たっていたので、アンティカのHPがガスガス削れていきます。ナニコレ、ヨワスギルヨw

正直、60制限印章BC最弱と思われていたお魚BCの「潜行特務隊」と同レベルくらいの難易度に感じました。「こんなの3人でも勝てるw」なんて強気な発言が飛び出すほど、PTの雰囲気はノリノリ。宣託の間がすぐに連戦の効く場所柄ということも相まって、ガンガン戦い6戦して11時ちょっとすぎには終わってしまいましたよ。

戦闘時間6~7分。移動時間を含めた要準備時間2~3分。BCを攻略してやるぞー!と意気込んで乗り込むよりも、LSなんかで気楽に遊ぶのに適したBCのように思えました^^


・・・・・・・


気になるドロップは・・6人中3人があたり的ドロップ(80~70万前後)でした。ダマスク織物のドロップがなかったのは残念だな~。最初の2人にアタリが続き、このままアタリ続けるのか~~?なんて雰囲気でしたけど、どうやら途中で「パリーンの呪い」(!)にかかってしまった模様。売れないパリーングトルクを含むゴミドロップばかりに・・(ノД`)

面白かったのは(!)、前回の模倣魔戦でもハズレを引いた人がはずれて、アタリを引いていた人が今回も当たっていたことです。バイオリズムの問題なのか、リアルラックの問題なのか、それとも・・。ちなみに、僕は珍しくアタリでした(´ω`*)

それにしても、行った事のないBCに挑戦するというのは楽しいし、親しい仲間で集まって遊ぶのもまた楽しかったです。BC祭を飽きがこない程度の間隔でまた企画しますので、よければどなたか一緒にいきましょう^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-11-05 13:07 | FF11 印章BC他
獣人60BC 死生の苦輪
LSのグレさんに誘われて、フェ・インまでオバケ退治に行ってきました。

お手軽な金策BCとして有名な場所ですけど、僕はこれが初めてだったりします。LSで何回か攻略しているのですが、なかなかタイミングがあわなくて。それで、今回は自分の印章は貯まってなかったけど、是非戦ってみたくて参加してみました。神印章ならいっぱいあるんだけどなー・・人印章はどうも貯まりにくいです。

○死生の苦輪メモ

ムーンオーブ(獣人印章60枚) 
ク・ビアの闘技場:3人用BC

概要:4匹のオバケから一匹を選択すると、他のオバケは消える。選んだオバケを倒すとクリア。

敵データ:
Shredded Samson 弱点:斬 耐性:打 ガII系魔法使用
 日本語名:寸断されたサムソン
Mauled Murdock 弱点:打 耐性:斬突
 日本語名:大槌で打たれたマードック
Annihilated Anthony 弱点:魔 耐性:斬突
 日本語名:殲滅されたアンソニー
Punctured Percy 弱点:突 耐性:打
 日本語名:刺されたパーシー

S以外は、祟る(強力な呪いの効果)とスリプガIIとオバケの特殊攻撃のみ。
(上記情報はほぼeLeMeN様からのもの)

日本語名からなんとなく弱点が想像できる様になっていますが、僕達は、ユリさん(忍/戦)、グレさん(青/忍)、僕(詩/白)という編成だったので、「斬」が弱点のSオバケを選択。

オバケはフィールドの大部屋にSMAPの順番で並んでいて、一匹釣ると、他はす~っと消えてしまいます。並び順が某有名グループの名前になっているのは製作者のシャレなのかなぁ?w

c0048329_23221720.jpgスリプガ対策に毒薬を、祟る対策に聖水を用意していきましたが、使う機会はほとんどなかったです。ほんと淡々としている感じ。たまにガII系魔法が飛んでくるのですが、即死する威力ではありませんし、タゲを取らないように回復すればOK。あとは、淡々とアイススパイクをフィナーレで消して、詩をかけなおしていくだけで戦闘が終わってしまいました。あら、あっけない。

SSはタルタル小隊奮闘の図。タルタルがんばってます。青AFフル装備のグレさんに会った時に、「あやしい人はっけん!」なんて言っちゃダメですよ、ユリさん(´ω`*)


・・・・・・・


戦利品は、ここでのアタリアイテムであるエルシヴイヤリング(耳 防1 回避+5 Lv60~ All Jobs)がドロップしていましたが、このBCでは青魔はあまり役に立たない・・とヘコんでるグレさんの方が印象的でした。青魔お得意のヘッドバットを何発くり出してもオバケの詠唱をとめることはできませんでしたからね。青魔としてはつらいところかもしれません!

僕は戦えただけで満足だったのですが、グレさんが何かさしあげたいと言ってくれたので、絹布をもらうことにしました。オバケのつかってた絹布か~まぁ、競売に流しちゃえば関係ないけど^^

シビレルような戦闘を楽しみたい方にはちょっとぬるいBCですが、LSなんかで気楽に遊びがてら金策するには良いBCに感じました。これは人気出るわけですね^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-10-08 23:28 | FF11 印章BC他
プークの幻影
LSの方に誘われて、新規に追加されたバトルフィールド戦に行ってきました。

c0048329_9585668.jpg「翡翠廟」って遠いのかなぁと漠然と思ってましたけど、マムージャ監視哨にワープして、そこからバフラウに抜けたマップ最北端(洞窟状になっているところ)から行くことができました。かなり近いです。道中、レベリングPTが一杯いて敵も枯れ気味だったので安全~。編成は、ぐれさん忍/戦 ゆりさん暗/忍 リーダー赤/黒 カツさん黒/白 ずーさんandわいさん白/黒 僕詩/白のLS7人組。白魔は入れ替えで行くみたい。

○Lv75制限
○エリア:翡翠廟
○黒の書をトレードして入室(戦績3000点で交換)
○敵情報
敵はプーク一匹。HPはそれなりにあるが、それほど強くない。
範囲攻撃はそこそこ強力。
ボレアースマントという特殊技で、Phantom Pukを5体を呼び出す。
Phantom Pukは30秒ほどで消滅する。
Phantom Pukはスリプル系は受け付けず(印も×)、ララバイのみ有効。
特殊技:ホワイトウインドを使用することで、睡眠解除されることも。
幻影の攻撃力は、イギト装備の詩人で120~150。結構重い。

敵の情報で目をひくのは、やはり幻影を5体召還する「ボレアースマント」。エレメンの書き込みでも、「詩人がしっかりしていれば楽勝」というのが多くて、なんだか責任重大・・。ちょっとびびり入りながら突入したのですが、かなり難易度的には低いと感じました。印章BCの方が全然歯ごたえがありますね。

c0048329_9592684.jpg注目のボレアースマントは、ボスのプークを中心に円を描くように幻影が出現します。達ララバイを用意して、出現した瞬間にボスに撃ち込めば全然楽勝です。幻影が動いた時のことを考えて、幻影を中心に達ララバイをしてみましたが、こちらは幻影の展開によって何匹かもれてしまうこともありました。メリーのホルンじゃなくて、ナースメイドハープを持ってくればよかった・・と軽く後悔しながらも、特別問題なく戦闘は進んでいきます。ホワイトウインドにはスタン警戒という話だったし、僕自身もナイチンゲール(詠唱・リキャスト半分)を用意して待ってたから、怖くはなかった。

マンボ×2>戦闘開始>達ララ警戒>ボレアースに達ララ>後衛にバラ×2>達ララ警戒>ボレアースに達ララ>前衛にマンボ×2・・(以下繰り返し)。この間にもエレジーいれたり回復入れたりバエアロラいれたりしてましたが、ほんとーーーーに淡々としてます。これを6戦もすると開始が遅かったのもあり、眠気が・・。

こういうときに破滅はやってくるもの。後衛がタゲを取ってしまって、そこにボレアースが!幻影が一斉に後衛に向かいます。走っていって達ララを入れるも、展開が悪くて2匹しか巻き込めない・・リキャストを待っているうちに次々と倒されていくPTの面々・・。こういうときのナイチンゲールじゃないか!あせってて忘れてたよ・・ダメダメです・・結局最後の回だけ負けてしまいました(´ω`;)

6戦5勝1敗で龍の爪とベヒーモスの角がドロップしたのは4回にのぼりました。これは暴落の予感~。一般人にもHNMドロップ素材で作られる装備がいきわたる日が来るのでしょうか。

(感想と改善策)
・後衛はなるべくタゲをとらないように静かに攻めたほうがいい
・できれば、盾ができる人が2人欲しいところ
・詩人さん眠いとかいってないで、落ち着いてください(´ω`;)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-08-19 10:05 | FF11 印章BC他
獣神30BC 模倣魔
ひさしぶりにみんなで印章BCをしたくなったので、さっそく行ってきました!
場所は前回外人さんのお手伝いとして戦った模倣魔。

言葉がストレートに通じる仲間と声を出し合いながら戦ったら面白そう~
と思ったのがきっかけといえばきっかけかなぁ。

思い立ったら吉日ということで、LSやフレ達にTellを駆使して約束をとりつけていき、
当日には良編成の7人がそろうことになりました。ちょっとがんばったよ。

(編成)ナor忍竜シ(サポ暗)白黒詩 僕は詩人で参加



BC概要
○敵はOsschaart(アーリマン族)一体。制限時間30分。
○定期的に「ひきよせ」から「あやつる」を行う。
 順番は、オーブ提供者>リーダーが誘った順>最初に戻る~
 あやつり時間は30秒くらい。何周もするイメージ。
○残り体力50%前後で、そのとき操っている人のSPアビリティを使用する。
○攻撃力は、前衛で被ダメ100~150程度。どちらかというと魔法多目。
○注意すべき攻撃
 ガIII系精霊・・スタンで確実に止めればOK
 古代魔法・・盾が蝉持ちなら放置OK
 催眠術・・人知れず寝ているので、声のかけ合いが大切
 アイズオンミー・・盾役の事故死多し
 バインドウェーブ・・無害だけど意外とうざいです
○弱体調べ
 スリプル×
 ララバイ○
 サイレス△・・印なしで半分はレジ。だけど、入る!
 他はすぱすぱ入ります。


今回の戦術
○持ち物は、食事と蘇生系アイテム。あとは自由。
○開幕の釣り役は、オーブ提供者が直接殴りに行く。
 そのままあやつられて戻ってこよう~ガ系がいきなりきたら逃げよう。
○戦闘位置は通路で。ゾンビ作戦も視野に入れます。 
○スタンの順番は特別決めない。
 一応、黒魔がメインスタン役となり前衛スタン持ちがサブ。
 あやつられたりリキャスト待ちだったり、なるべく声を出して知らせよう。
○あやつられた人はあやつられたことを知らせる。
 前衛があやつられたら寝かす。後衛は無害のため放置で。
 寝かしは詩人がメインとなり、黒と白がサブ。
○あやつられたのが切れても寝てたり、催眠術をくらった人はその旨知らせる。
 白魔を中心としたケアルワークで乗り切ろう。



このバトルフィールドの面白いところは、次々あやつられていくところ。
だれだれがいない!だれだれが寝ている!という状況が常にあるので、
声のかけあいというかチームワークが重要になると思います。

なので、「声をだす」というところを強調してみました。
戦闘中も、いろんな連絡したり、操られている人が状況を説明したり、
工夫というかその人となりがにじみ出ているようで面白かったです^^



前回外人さんと一緒に戦ったときの経験をたくさん生かさせていただきました。
まず、持ち物は蘇生アイテム(エンチャント系)をもってくることを徹底しました。

これは、事故死が起きた場合レイズIIIに使用するMPが後々ボディーブロー
のようにじわじわ効いてくることが多かったためです。

初めにリレイズしておけば、レイズに使う時間もMPも省くことができるし、
裏の意味(?)として、崩れた場合、レイズIIIだけではなくてレイズIIでもいいよ
という意思表示でもありましたー。

魅了の状況やスタンのリキャストにより、運不運で全滅してしまうこともあるんです。
そのために、死んだときの対処は注意していました。時間もあるしね。



ぶっちぎりで怖いガIII系精霊は、スタンで止めることはもちろんですけど、
案外サイレスも通っちゃうのには拍子抜けしました。

事前情報を自分なりに調べた結果、スタンに思考の重点が行ってしまって、
サイレスは頭の外でした。すぐ切れましたけど、かなり有効でした!



敵のSPアビリティは運良くそれほど脅威ではありませんでした。
戦闘中1回しか使ってこないわけだから、当然かもしれないけど。

女神の祝福で全回復したときには、なんか笑えましたw
ソウルボイスを使った途端詩ばかりになって、これって弱くなったんじゃ?w

唯一、忍者の微塵だけが怖かったのですが、運良く来ませんでした。
忍者のグレさんを誘うときも、そのことを本人は気にされていましたけど、
別にロシアンルーレットがあたって負けたっていいじゃないかと思う。
唯一、自分のせいで負けたと思うのはつらいだろうけど・・

微塵一発だけで総崩れになることはないし、野良ならともかく気楽にいこう。
忍モ赤といった強力なSPアビを持つジョブもどんどん参加できるBCだと思いますよ!
そういったジョブは1~2に抑える編成なら十二分にいけます。

盾としてナイトと忍者は一長一短。ここではほぼ同列でしょう。



戦績は6戦5勝1時間きれ(○×○○○○)でした。
ゾンビ作戦の時間配分を甘く見積もっていて、あともうちょいで時間切れになって
しまったのは残念でした。ずーさんごめん(´A`。)
(負けた後、外で待っている人に5分ごとに時間を教えてもらうことにした)

あとは戦闘を重ねるごとに安定の度合いが増し、特に最後の戦闘では、
ナイトのデュクさんが「アタッカーとして参加して遊びたい」ということでしたので、
ナイトアタッカーで遊んだり、かなり余裕ができました。

ナイトアタッカーについては「課題は多いw」とのことです。デュクさんらしいや。



気になるドロップは、全員風魔まじりのはずれなしでした。
僕は、風魔・デュランダル・アダマンインゴ・白金鉱ってとこでした。

ここは風魔のドロップ率がかなり高いのとほぼ毎回アダマンインゴが出るので、
金策としてはかなり有名なのもありましたけど、はずれがなくて良かった。

途中リチャさんがデストロイヤーが欲しいということでしたので、オーブ提供者の
了解を得て差し上げることになりました。欲しいと思う人に使ってもらったほうがいいし、
リンバスでもお世話になってるしね^^

それにしても、模倣魔はモンクに厳しいバトルフィールドなので、デストが欲しくても
なかなかいけないという人は結構多いかも。

この潜在武器ですけど、シャウトで欲しい人は差し上げます~っていうのもなにか違うし、
サチコメに書いている人を探して声をかけるくらいしかないんですよね。

欲しい人に簡単にあげることができたら良いなと思います。
僕もダイセクター(片手剣)欲しいですしー。



ひさしぶりに、じっくりバトルフィールドを堪能した日でした。
他にも行きたいバトルフィールドたくさんあるので、よければまた行きましょう(´ω`*)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-03-12 12:46 | FF11 印章BC他