たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[白62>63]歌パニエに学ぶ
こんにちは。

周囲でもボナンザの話題が結構ありまして、いままでで一番即物的(?)だったけど最も盛り上がったイベントだったかもしれません。シンプル・イズ・ザ・ベストってやつかな??マーブルを140個買った猛者は、倉庫でミテラテさまばかりが当たって悲しんでおりました。なむー。

c0048329_2392987.jpg
     ↑NPCと獣人軍の対決を死体で見物。NPCってめちゃくちゃ詠唱が速い。

さて、今日も元気にカンパニエです。とりあえずサルタバルタ奪還を見届けてから、ちょっと別のことをやりたいと思ってます。ウィンダス水の区に攻め込まれてようが、サルタバルタにカンパニエマークがついたら、走って馳せ参じてます。敵があまりにも強大で、拠点の前でマゴマゴしてることもありますけどね(⊃д⊂)

カンパニエの改革案なんですけど!モンスターへのファーストアタックにボーナスをつけてみてはどうでしょうか。最初に敵対行動を行うことは勇気がいるし、ボーナスがつけば強くなった敵軍にも果敢に攻める機運が生まれると思うのですが・・どうかな?今は尻馬に乗ってたほうが死ににくくて楽チンだし。

c0048329_23221475.jpg
     ↑歌いながら壁をたたく!

カンパニエにおいて、魔法とは別枠で経験値が稼げる詩人の詩で経験値を稼ぐことを「歌パニエ」っていうみたい。どなたが造られたのかわかりませんが、よくできた造語ですね。

歌パニエは、カンパニエ審査官の近くで歌を歌い続け、適度なタイミングで審査を受けることで、低レベルや戦闘に向かないジョブのレベル上げにも効果があるようです。サポ詩人でも気軽に歌えるから、これは確かに良いかも。

で、白魔はサポートジョブをそれほど選ばないところがよいところなわけで、さっそくサポ詩人を試してみることにしました。ヒマになったら歌う。弱体魔法がキャップになったら弱体歌に切り替える。それだけでも、もらえる経験値が明らかに増えていることを実感できます。すばらしきかな、歌パニエ(流行の常として、修正されないでほしいものです)!

一番嬉しいのが、地味な壁たたきの最中も歌を歌ってられることかな。Lvがそれほど高くない白魔の攻撃だとほとんどダメージを与えられないので、実質、オートアタックが1ターンにつき5pで上限200(40回)、雷杖持ってクリティカル10pを狙うくらい。

そこに弱体魔法を思いついたときに撃ち込んだりしていたのですが、ここに歌を交えるとヴァリエーションが増えてお得な気がします。ということで、せっせとサポ詩人で歌を歌い続けていたら、Lv63になれました。あこがれのプロテスIV解禁ですよー。

消費MPは多いけど、ばんばんNPCにかけて自軍を強化してまわろうかなあ(*'-')b
[PR]
by lars.ff11 | 2008-07-08 23:44 | FF11 日記/雑録