たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[サッカー]キリンカップ雑感
こんにちは。

岡田監督のオレ流采配が注目されたキリンカップ、まずまずの成果はあがったんじゃないでしょうか。

特別選手を入れ替えたり、特別戦術を変更しているわけではないように見えましたが、選手の動きに迷いが少なくなり、なんだかオシム監督時代の日本代表を彷彿とさせる内容でした。基本的に目指している方向は違わないので、当然と言えば当然かな。

一番の注目は、岡田監督の特徴とでもいうべき守備ブロックの構築だったと思いますが、大きな変更は加えず、ダブルボランチの人選と動きに少し変化をつけた感じかな?今までは、潰し屋(鈴木選手)+パサー(中村憲選手)というような組み合わせでした。

この組み合わせは攻撃面では押し上げの正確性を産むなど効果はあるのですが、たまに意図しないボールの動きや、鈴木選手の裏をうまくつかれたりすると、途端にピンチに陥るというリスクと背中合わせでした。そこで、これから結果が求められる中で、どういう答えを出すのかと注目されたわけですが、長谷部選手の起用という実験を行っていたようです。

パサー枠に、ハードな守備ができてフリーランニングの労をいとわない長谷部選手が加わったことで、中盤が安定し、攻撃にも流動性が生まれていました。この前の親善試合で稲本選手をこのポジションで試したかったのかな?潰し屋さんは役割かわらずといったところですね。

受難はサイドバックだったように思います。加地選手の代表引退宣言で混沌としてきたサイドバック陣。阿部選手までサイドで試されていたのはびっくり。守備でもがちっと守れる選手を置きたいのでしょう。阿部選手は、今回長谷部選手が試されていたポジションで一回見てみたいなー。日本のジェラードと言える活躍をしそうな気がするのですが・・。

攻撃では、ひさしぶりに松井選手のプレーをダイジェクトではなく堪能できたのがうれしかった!最近ではドリブラーというカテゴライズになったらしいですが、足もとのうまさは健在ですね。簡単にボールを奪われない。代表にうまく定着すれば、大きな戦力になることを実証しました。

中村俊選手はいわずもがなの活躍。キープ力と展開力に優れる彼の存在は、日本代表のストロングポイントと言えるでしょう。パサーは問題なさそう。あとは攻撃に流動性を与える選手をどれくらい試せるかでしょうね。三都主選手とかもう呼ばれないのかなー。3トップの左サイドにうってつけのように感じますが。

あとFWは、1トップを選択するならば、巻選手では機能しないことがはっきりしました。真中に張るタイプのFWを1トップに置くと、中盤との距離が開きすぎ孤立していました。中盤にも問題があるのかもしれませんが・・。少なくとも巻選手は2トップで、近くにサポートする選手がいてこそ輝くタイプだと思います。

1トップならば、大久保選手のようにひとりでもつっかけられる選手か、高原選手や柳沢選手のように万能型のFWの方が今の日本代表にはフィットしそう。というのは、中盤から前線に飛び出すタイプの選手が多いから(山瀬選手みたいな)。玉田選手も、FW登録とは言っても下がり気味に動き回る役回りのように見えたし。

FWは、高原選手の復活に期待というところでしょうか。ジュニーニョ選手の帰化も気になりますねー。と、話がつきないのでこんなところで。

では!
[PR]
by lars.ff11 | 2008-06-02 00:24 | スポーツ