たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[サッカー]日本代表vsバーレーン
W杯アジア3次予選の山場、アウェーでのバーレーン戦は、相手は格下なのに負けるべくして負けた、そんな試合でした。何度TVのスイッチを消そうとしたことかヽ(`Д´)ノ

いままで日本代表は、実力が拮抗している相手よりも、格下と目されるチームとの対戦で苦労を重ねてきました。それが、格下は格下でも、しっかりとした組織と技術、強力なFWを擁するチームならなおさら苦しむのは自明の理。バーレーンが実像よりも嫌な相手に映るのは、そういった理由からだと思います。

さらに、岡田体制になってから、なぜか怪我人や不調者が続出し、満足な布陣をしけなかったのも、この試合を困難なものにさせた要因かもしれません。中盤でハードな守備をこなしつつ、前線への力強い攻め上がりが期待できた稲本選手の離脱は残念です。

一方、バーレーンは予想以上に良いチームでした。前回のアジア最終予選で対戦したとき、後半終盤にまさかの自殺点を献上して泣きながらピッチを去った10番のサルミーン選手は精悍さを増し、9番のA.フバイル選手は難しいヘッドをゴールに結びつけて結果を出しました。試合後の監督の「ホームでは勝てる」という言葉に、誰も(?)根拠を感じなかったのも無理はありません。



僕なりに一番大きな敗因と感じられたのは、日本DF陣の不安定さです。中澤選手を中心とし、阿部選手、今野選手で組むなんとも不思議な3バックは、試合を通して実に不安定でした。本職がボランチである選手をDFに起用したのは、正確なフィードからのビルドアップを期待してでしょうが、この試合のようにロングボールの蹴りあいとなってしまうと、脆弱さばかりが前に出てしまった観があります。

一発で体を入れ替えられたり、マークしている選手への詰めがあまかったり、危ない!というシーンは山ほどありました。極めつけは失点のシーンですよね。これなら、阿部選手をボランチで起用し、代わりに本職のDFを起用したほうが良かったのでは?と誰もが思うところでしょう。

これでは、川崎のジュニーニョ選手が帰化して日本代表入りしても、旧態依然としたサッカーの中で埋没するだけかもしれません。見ていて気分が重くなるような試合でした。やってる選手はなおさらでしょう・・チーム内の雰囲気が険悪にならなければいいけれど。

それでも今後の奮起に期待しちゃうんですけどね・・(*'-')
[PR]
by lars.ff11 | 2008-03-30 03:13 | スポーツ