たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[サッカー]クラブW杯簡単な回想
こんにちは。

クラブW杯の浦和レッズvsACミラン戦は、Jのチームが伝説といってもいい赤黒の縦じまユニフォーム(アウェー仕様でしたが)と親善試合ではない、タイトルへの挑戦権をかけた戦いが繰り広げられました。

まさかこんな時がくるなんて・・という興奮をもって試合を観ていましたが、TVでみていると案外空席が多いことに気付きました。ちくしょー、こんな大事な仕事の詰まる時期じゃなければ絶対に観にいったのに~!(特に決勝戦)

世界の壁は厚かったというつもりはありませんけど、オシム監督の常々言っていたことをシンプルに実践していた、ACミランというチームの総合力はとんでもないレベルですね。欧州CLではカウンター型のチームに見えましたが、まさかあそこまで圧倒的なポゼッション能力を示されるとは・・。

「日本はテクニックは良いけれど、劣っているのはフィジカルだ」というのが、ほとんどウソだというのが良くわかる試合でしたね。やはり、ああいったシンプルなプレーができるくらいのテクニックが試合を決定付けるのだと思います。

目に付いたところでは、密集でのキープ力、前線にボールを運ぶ動き、一気に加速するチェンジ・オブ・ペース・・タメ息がもれてしまいます。アンブロジーニなんてあまりうまい選手という評価はされていないのですが、やはりうまかった。そして、極めつけはカカのドリブル。あれだけバイタルエリア(ゴール手前のエリア)を縦横無尽に動き回られてはどうしようもないですよ・・。

試合のすぐ後だと、主観ばりばりの文章になりそうだったので間を置いてみましたが、なんだか間を置きすぎて、つきはなした文になっちゃったな~^^;浦和は、アジアチャンピオンにふさわしい、良いチームでした。これだけは間違いないです!
[PR]
by lars.ff11 | 2007-12-18 00:35 | スポーツ