たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[アサルト]クラボエール男爵警護(ルジャワン・上等傭兵)
いつものように、ぼけーっと本を読みつつ白門で座っていると、「クラボエール男爵警護」の募集シャウトが!行きたかったけれど行ったことのないアサルトでしたので、即乗っちゃいました。

○クラボエール男爵警護概要
ルジャワンの永久凍土より発見された、氷漬けの毛長マーリドを調査するため、世界的に高名な動物学者クラボエール男爵が調査に来られる。アサルト要員は男爵を警護。我が国の威信にかけて無事に現場まで送り届けよ。
・スタート(F-6)&ゴール(I-8)
・出現するモンスター
Frozen Bones(骨) × 8
Gelid Bhoot(青オバケ) × 7
・弱体調べ
Frozen Bones
 スリプル △
 ララバイ ○
 バインド ○
 スタン ○
Gelid Bhoot
 全種 ○

NPCに骨&オバケ・・なんか古墳の護衛クエストを思い出させる内容です。でも、シャウト主さんのお話だと、もう6回も失敗しているとか・・。かなりの難関な予感です。その難関に、Wikiで推奨されている編成をとらずに、集まったメンバーで作戦を組もうというシャウト主さんの心意気(?)には頭が下がります。今度こそクリアしようぜ!

編成はモ詩黒黒詩白。白魔さんがクラボエール男爵につき、モンクさんが骨とタイマン勝負をして数を減らし、他のメンバーがサポートする、というのが当初の作戦でした。突入したことないから良くわからないけれど、問題は骨っこの強さだよなぁ・・スリプルとおるだろうか。



突入すると、少しはなれたところに男爵が立っています。軽く強化して近づくと、さっさと走り出します。この男爵さんは操作不能で、地図以外は眼中にないというような挙動。もう少し、群がる骨っこさん達にも気を配ってください;;

骨っこさん達は、一体一体はそれほど強くはありません。ただ、黒魔のスリプルが通らないのと、強力なガ系魔法を操ることから、複数になると少々手を焼きます。これが道を進むごとに増えていくのだから・・。

モンクさんのガチ勝負ですが、一匹に敵対行動をとったために、他の骨がリンク状態になり、一斉にガ系魔法を詠唱。寝かしにはいるも、ことごとくレジストされる。モンクさん逃げるが逃げ切れず、ガ系の雨をうけて即死。黒魔2人組、そのまま遁走・・という悲惨な末路

中盤くらいからマラソンになるとは思ってましたけど、まさか序盤からマラソンを強いられるとは。前途多難なスタートになってしまいました。



クラボエール男爵は、こちらから操作ができないという難点はありますが、護衛クエストで一緒になるNPCとは比べ物にならないツワモノです。とにかくHP量が半端ではなく、2~3のガ系魔法を食らっても死なないほどです(レジストまでしてる!)。Wikiで、敵対行動を一切とらずに、男爵へのケアルシャワーを行う作戦が推奨されているのも納得。

しかし、5~8匹の骨の攻撃を受けても耐えられるほどでもないです(そりゃ人間だしね・・)。走っているときはいいのですが、途中で地図を確認するという余裕を見せてくれるので、そこをどうするか、護衛役としては困るところです。

で、自然と採られたのが、ひとりずつ敵対行動を行い、できるだけ敵を反対方向にひきつける!という、必死の時間稼ぎ作戦。次々と、「自分はここで」とその場に踏みとどまり倒れていく仲間達。うおー、君らの死は無駄にはしないっ。



残り3人になったところで、ついに僕の出番(?)。「ここはまかせろ!」と言いつつ(←言ってみたかった)、群がる骨に印スリプガIIを食らわせて、遅れてやってきたオバケにスリプルIIを撃ち込みます。良く寝るオバケはともかくとして、問題は寝ない骨だよなぁ・・。

ガ系魔法は逃げればいいとしても、袋叩きにされたら死は決定的です。ならば・・逃げるまでよ。印を入れたのにハーフレジされたのか、あるいは遅れてきた違う骨なのか、2~3の骨が近づいてくるのが見えます。バインドをいれて逃げ、スタンを入れて逃げ。

クラボエール組の方も、詩人のシャウト主さんが死亡され苦しそう。いったいいつまで続くのか・・と絶望的な気分になってきたところで、クラボエール男爵デジョン>ゴール出現!ここまで必死に護衛したのにひとりでデジョンなんて、ヒドイ;;と思いつつ、最後まで生き残った白魔さんがタッチダウーーン!



アサルトとしては非常に面白かったです。次に来ることがあれば、骨の殲滅チーム(前衛2+α)と、男爵護衛チームできっちり役割分担するのが良さそう。モンクさんのソロで骨は勝てそうで下ので、もう一人つけて安定度を増せば、それなりのスピードで戦うことができるはず。

あとは、護衛役に詩人2人いてもおもしろそう。ララバイ入れてもすぐにおきてきてしまうようですが、2人いて、ナイチンゲールなども駆使すれば、十分凌ぎきれると思うんですよね。1回きりのクリア目的ならば、ソウルボイスを展開しても良し。正直、黒魔には厳しいアサルトだと思います。

さ、次はどんなアサルトにいこうかな^^

○「クラボエール男爵警護」感想
1.おもしろさ ☆☆☆☆★
2.もういちど ☆★★★★
3.せんせき ☆★★★★
※1.=そのときどれくらい楽しめたか。2.=もう一度行きたいと思ったか。3.=戦績稼ぎに使えそうか

[PR]
by lars.ff11 | 2007-07-07 23:12 | FF11 アサルト