たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[アサルト]黒い男爵撃墜作戦(傭兵長)
ヴァージョンアップの度に新しいアサルトが追加されていき、いまや印章BCを上回る数があるんじゃないでしょうか?(正確に数えたわけではないですけど)

アサルトは印章BCと比べると、どちらかというと戦闘色が薄く、できるだけFFXIのシステムを使ってヴァリエーション豊かな遊びを志向しているように見えます。だから、色んなアサルトを体験してみたいなぁ。

ということで、最近ぼちぼち動き出しています。自分でシャウトして集めるという積極的なものではなく、PSPで遊びながらシャウトを待ち、それに混ぜてもらうという消極的なものですが~。ま、ぼちぼち!


○アサルト概要
・流星のごとく突如ペリキアに現れたインプの男爵「ブラックバロン」。我が軍は彼たった1人に翻弄され、79名もの将兵を失った。これ以上の犠牲は、我が軍の沽券に関わる。アサルト要員は、ただちに男爵を撃墜せよ。
・マップのどこかにいるBlack Baronを倒せばクリア。
・制限時間15分
・スタート&ゴール(I-8)
・出現する敵
Black Baron(インプ)x1
Periqia Pugil(魚) x 5


このアサルトは、ワープを繰り返して逃げまくるBlack Baronを倒すことが目的みたいです。逃げるボスを探し出して倒すあたり、ENM「猛進転進」に近いイメージなのかな。

Wikiなどのマップを見ればわかると思いますが、マップの周辺に小部屋が点在していて、いかにもBlack Baronが潜んでいそうです・・。そこを手分けして探せばいいわけですが、マップは北半分と南半分に分かれていて、一筋縄では行かないようになっています。

というのは、北と南をつなぐ中央部は、起伏に富んでいて通行しにくいのと、知覚感知見破りのPeriqia Pugilが徘徊しているのです。思った以上に道は狭いので、かわしながら行くのはちょっと難しいかもしれません。

ま、スリプルで簡単に寝ますし、HPも低いので倒していくのも悪くなさそうなんですが、制限時間が15分なんですよね。Black Baronを探して倒す時間を考えると、とても短い時間です。なので、なるべくPeriqia Pugilは避けて通り、からまれたら寝かしていく作戦が今回採用されました。



上のような内容を軽く打ち合わせしたあと、さっそく突入し、強化もそこそこにちりぢりに散ってBlack Baronを探します。探しやすい北半分にいることはないだろうと思ってましたので、北の捜索は他のメンバーにまかせて南部へ。

Periqia Pugilはあせらなければそんなに怖くないかな?プギル族はあまり動くほうではないので、動くまで気を揉みますが、端に寄った隙にパッシング。いつもはからまれやすい僕でも、ラクショーってやつ?フフw

思ったとおり南半分にBlack Baronがいて、近くにいた2人と一緒に戦闘開始。残る3人は後から駆けつければいいやと。で、逃げることを想定してペットをぶつけておいたのですが、そのまま倒しちゃいました・・ナニコレ(; ̄д ̄)

ほんとは、逃げまくるBlack Baronを限られた時間で捜索する焦燥感を楽しむアサルトなんだと思いますが、Black Baronがあまりに弱くて拍子抜けというか^^;少人数での攻略は難しそうですが、全員無理に南に行こうとせず、3人北、3人南など、チームを分けて戦うのが良さそうに感じました。

すっっっごく不完全燃焼感は残りましたが、ま・・まあ一応クリアしたんだし、つぎ行くぞー!(・・つづく)
[PR]
by lars.ff11 | 2007-07-03 00:25 | FF11 アサルト