たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[音楽]Be Here Now(Oasis)
久しぶりにオアシスに戻ってきました。ベスト盤(?)ストップ・ザ・クロックスでおなかがいっぱいになった後だったので、唯一ベスト盤に選曲がなかったこのアルバムを聴きこむことに。聴けば聴くほど、不運のアルバムだと思わざるを得ません。

というのは、とても良い曲がそろっており、アルバムの流れも良い、なによりもリアム・ギャラガーのボーカルはやっぱり良い!と再認識できる楽曲が目白押しなのです。といっても、すべての曲を書いたノエル・ギャラガーにとっては駄作らしく、正当な評価を受けられずに現在に至っています。

特筆すべきは、ノエルがボーカルを担当している楽曲が1つしかなことでしょう。ノエルの高音になると哀愁を帯びるような声はもちろん好きですが、オアシスの音楽を好きになったのは、リアムのとぼけてるんだけど力強いボーカルが気に入った(偉そう?)からです。

だから、いろんな種類の楽曲をリアムが歌い上げていく本作品はオアシスの作品としては異端ですけど、リアムボーカルファンとしてはうれしいアルバムです。ベスト盤に一曲も選ばれませんでしたが、良い歌ばかりなので一度は聴いてみてはいかがでしょう^^

○おきにいり

5. I Hope, I Think, I Know
オアシスらしい疾走感あふれる楽曲。それでいてメロディラインが耳に残る。これこそオアシスだぜー!

8. Don't Go Away
哀愁を帯びた個人的にはオアシス屈指の佳曲。こういう楽曲はノエルが歌うことが多いんですけど、リアムが歌うバラード系の曲もいいなぁ。

10. All Around the World
前作のシャンペン・スーパーノヴァを彷彿とさせる大作。とにかく淡々としたメロディーが続きますが、あきさせないメロディーラインの良さと、スケールの大きさを感じさせる楽曲です。このアルバムのベストトラック。
[PR]
by lars.ff11 | 2007-05-25 00:31 | 音楽&ゲーム