たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ドイツW杯の日本代表
世はすでにオシムジャパン一色ですね。会長の超タイミングの良い「失言」から始まった次への動き。人選は最高に近いと思うけど、敗因をうやむやにしてしまおうとするのは良くないなぁ・・。





僕は今大会の日本代表はけっこう好きでした。ポジティブにみてます。なぜなら日本の現段階での実力をそのまま観ることができたから(皮肉じゃないよ)。各国が腕によりをかけてすばらしい料理を出品している中で、日本代表は焼き魚に塩を振りかけて「さあ、お食べ」と言ったような感じ。素材が全てでした。色々策を弄したトルシエの時代には見えにくかったことがよく見えた。勝つことができるチームではなかったけれど、あれはまさに日本代表だった。負けっぷりも含めてね。

逆にネガティブな要素としては、ほぼ全ての試合で「走り負け」してたこと。フランスW杯のときも日韓W杯のときもここまで走らない日本代表ではありませんでした。明らかにグロッキーになっている相手をあざ笑うかのように走り続け、ポジショニングの未熟さを運動量でカバーするようなところがありました。でも、今回は相手よりも先に足が止まってしまっていました。あれは気持ちの問題だけなのかな?チームのコンディショニングの問題があったんじゃないかと思う。オーストラリア戦で逆転されたのも、クロアチア戦でトドメをさせなかったのも、足が止まっていたことがかなり影響しているので、その辺明らかにして欲しいですね~。

その上、リスクを侵すプレーが極端に少なかったのも残念。ディフェンダーはボール奪ったらピッチの外に蹴りだすシーンが目立ったし、果敢なオーバーラップなんてまったくと言っていいほどなかった。ただ単にパス出して終わり・・それで崩せるほど日本は強くない。中国で行われたアジアカップのバーレーン戦で、ロスタイムギリギリに奇跡の同点ダイビングヘッドを決めたのは誰でしたか・・DF中澤選手じゃないですか。そういうプレーが皆無に等しかったのが、「日本代表はこんなものじゃなかった」というもやもや感につながっているんでしょう。

さらに言えば、各局面での戦術的な読みや変化が足りなかったと思う。オーストラリア戦の中盤以降、オーストラリアは前に人数をかけて攻めてきていたのに、ボールを奪っても同じように中盤でつなごうとした。あそこでFWにどかんとロングパスを出し続ければまったく違ったと思うけど・・。相手は2人しか残ってなかったし、柳沢選手はサイドに流れてボールキープするのが抜群にうまい選手ですし、そういったよさをもっと使ってあげればよかったのに。決定力不足というけど、決定的なチャンス自体がほとんどなかった。あれは、中盤でパス回しをすることにこだわりすぎたことが少なからず影響してると思う。

その日本代表と正反対だったのが初戦であたったオーストラリア代表だったのは皮肉です。ほんとに泥臭くていつも全力で持てる力すべてを出し切って戦っていました。あれはヒディング監督の手腕が大きいのかもしれないけど、ああいう戦いを日本代表が見せてくれたら嬉しいですね^^
[PR]
by lars.ff11 | 2006-07-17 16:13 | スポーツ