たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[野球]WBC閉幕!
日本の優勝というこれ以上ない結果で閉幕したWBC2006。最大の殊勲者はなんといっても王監督とチーム作りをサポートした人たちでしょう。

巨人と中日の非協力的な姿勢(!)は極端な例ですけど、WBCへの温度差が各球団・選手でかなりある中で、よくここまでのチームを作り上げたものだと、その途方もない労力と先見の明に敬意を表さずにはいられません。


・・・・・・・


各ポジションのメンバーリストを眺めているだけで、その苦労が容易にわかるというもの。日本代表とはいっても、開幕前の重要な時期に召集するからには、どんなに優れた選手でもベンチに座りっぱなしということは避けたい。これはもはや政治の世界だと思う。

千葉ロッテとソフトバンクの選手配置はその最たる例でしょう。千葉ロッテは勢いはあるけどまだまだ若手で、戦力を計算しつつ使いやすい。ソフトバンクは王監督が作り上げたチームなので、いくらかの融通は利く。

つまり、この2チームの選手を保険的に2番手に配置することで、チームとしての層の厚さを実現している(松中選手と西岡選手は別格)。そういう意図というか苦心が至るところに見られます。

また、日本人メジャーリーガーの参加をどれくらい期待していたかも推し量れる。結局不参加だった松井秀選手と井口選手への期待度は王監督の中でも格差があったと思う。松井秀選手はフィフティ-フィフティーくらいに考えていたらしいのは、多村選手をレフトに配置していることからもなんとなくわかる。でも、井口選手は・・

ポジションをざっと見たときにショートの層が薄いことにすぐ気づきますよね。宮本選手を追加招集したくらいですからー。王監督の井口選手に対する信頼はかなりのものだったんじゃないか。それを断らざるを得なかった事情と、裏切られた気持ちをこらえたいきさつというのは、表に出なかったけど・・胸が詰まります。


・・・・・・・


政治色が濃い野手の選考とは別に、投手陣は充実していましたね。短期決戦という側面からも当然の編成だったと思います。これだけの一線級のピッチャーが次々出てきたら容易には打ち崩せませんし。実際の試合もロースコアが多くて、優れたピッチャーを擁したチームの優位というものは国際舞台でかなりのものです。

個人的に注目していたのは、誰が見てもすごい松坂投手や総合力と抜群のキレを持つ上原投手ではなくて、サブマリン渡辺投手でした。渡辺投手ってほんと日本的なピッチャーだと思いませんか。その日本的なピッチャーの第一人者の力は国際舞台でどれほどのものだろうとワクワクしてました。

日本的投手といえば、少し前にオリックスで活躍していた星野投手や、千葉のジョニーこと黒木投手も見てみたかったんですけど!あの時代にWBCがあったらな~と、渡辺投手の快投を見ながら思いました。

MVPに松坂投手が選ばれたとおり、日本の投手陣は大会随一でした。最高の投手陣の中から選んだら松坂投手になったというだけで、あのMVPは日本投手陣への敬意の表れでしょう。


・・・・・・・


何だかんだいって一次リーグから決勝戦までの8試合を(ライブ・見れなかったらビデオで)見ましたけど、どれも野球の面白さが凝縮された試合ばかりでした。特に、緊迫の糸を一刀両断した福留選手のホームランがあった準決勝韓国戦と、試合の風向きが危うく両チームを行き来していた決勝キューバ戦は最高に面白かった!

韓国戦はうちのばあさんの70歳のお祝い中でしたけど、チェックだけは欠かしませんでしたよ。テレビつけさせてもらって、お酒つぎながら横目で観戦してましたw

運営的に問題があったのはテレビで散々いわれている通りだと思います。アメリカ戦の誤審もそうですが、韓国と8試合中3試合も戦う組み分けなどは、今後変えていかなければならないでしょう。正直、日本のWBC2006は韓国との戦いだったと言い切ってもそれほど間違ってはいないのだから・・もっと他のチームも見てみたかったな。

誤審については、スゴイミスですけどあれは仕方ないと思う。誤審誤審言う前に、アレックス・ロドリゲスの勝負強さを賞賛すべき。あそこで打つとは・・さすがメジャーのトッププレイヤーです。オーラが違いましたね。


・・・・・・・


イチロー選手はマリナーズの試合を衛星で結構見てたけど、今大会ほど「人間」イチローがクローズアップされた大会はなかったと思う。野球に対する熱い思いとか、さすが野球史に黄金文字で刻まれることが確実な選手は違いますね。インタビューとか試合を離れて、すっごく面白かった。

他にも、松中選手の韓国戦で見せたヘッドスライディング後のこぶしを二塁ベースにたたきつけたシーンも感動的だった。韓国の選手は日本のベンチにガッツポーズしたりボールぶつけたり敵意むき出しだったけど、選手として人間として格が違いますね。格好良すぎです。

挑発的だった韓国の選手は、あのシーンを見て恥じ入ってるんじゃないでしょうか。まあ、あのヘッドスライディングは、申し訳ないけど、トドが氷の上を滑っているようなユーモラスさがありましたけどw

あと個人的に残念だったのが、日本が誇る天才打者の高橋慶選手を見れなかったことですよ!今の日本プロ野球界で「天才」のふたつ名を名乗っていいのは彼しかいないと思います。あのシェアな打撃が国際舞台でも見たかった~。次の大会(続けばね!)にはトップフォームで参加するのは難しいだろうから・・観客としてもったいない気持ちでいっぱいです。


ああ、気づいたら長文に・・それくらい面白かったです(´ω`*)
[PR]
by lars.ff11 | 2006-03-21 20:56 | スポーツ