たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[サッカー]日本2-2ボスニア
試合としてはすごく面白かったです。
ひさびさに緊迫した試合でしたから。

日本代表の不安を数え上げたらきりがないけど、
僕はジーコじゃないんで、本大会が楽しめればいいや~。


・・・・・・・


三都主選手のまずい守備はあらためて挙げるまでもないかもしれませんが、
本大会であの守備をさらしたら、たぶん日本は3戦全敗で終わるでしょう。

三都主選手は守備に追われるあまり、肝心の攻撃力にもかげりがでてますし、
4バックの左としては落第だと思います。3バックの左ウイングバックが適任。

4バックの左は中田浩選手が適任だと思いますけど、テストしないかな~。


・・・・・・・


宮本選手はストッパーというよりもスィーパーに近いプレースタイルなので、
どうしても4バックの中央をやると、脆さが露呈してしまう。

特にバルバレスへのくさびの縦パスを簡単に通しすぎでした。
取りにいけないから、ディレイ(遅らせるプレー)が精一杯で、
その結果いいように展開されてしまっていた。

3バックの中央としてはすばらしいけど、4バックでも同じとは限らないよね。
4バックなら、宮本選手より坪井選手の方が安定するでしょう。


・・・・・・・


中田英選手の中盤の守備はやはり危ういと言うべきか。

所属チームのアラーダイス監督も、ほとんど守備のことしか言ってないですし。
パスコースを消しているだけで、相手からボールを奪うシーンはほとんどなかった。

日本代表は他のチームと比べてディフェンスの能力が低いので、
中盤のプレスが効かなくなるとズタズタにされてしまう弱点をはらんでいる。

タイトな戦いを強いられる場面では、彼の高めのポジショニングは弱点となりえる。
守備面だけを見れば、もっとコンパクトにDF陣と連携できる選手を置いたほうがいい。

もっとも中田英選手のディフェンス能力が向上する可能性も大きいのだけど。
イングランドスタイルが身につけば、ひょっとして。


・・・・・・・


ここまでほとんどディフェンスのことしか書いてないですけど、
この試合ではっきりしたのが「チームとしてのボール奪取能力の低さ」だからです。
(いままでも薄々感じてたけど、今回は酷かった)

相手からボールをなかなか奪えないから、次第に押し込まれて苦しい場面が増える。
セットプレーは身長の問題もあるから、ジリ貧になるのは目に見えている。
本大会でもかならず突かれるポイントでしょう。

まあ、ジーコ監督はそれを見越してオプションを試しているんだろうけどね。
本大会はまず間違いなく3バックでスタートすると思います。
状況に応じて4バックに移行する形が基本になるでしょう。

それがはっきりした試合でした。


・・・・・・・


攻撃面では、やはり中村選手と中田英選手が中心なるのは間違いない。
中村選手のキープ力と突破力。中田英選手のチェンジオブペース。
やはり日本の中盤はレベルが高いです。

小笠原選手もすばらしい選手ですが、彼は悪い流れに埋没する悪癖がある。
とにかくプレーが早いので、キープしてペースを落とすべきところで落とさない。
そこが良いところでもあるので、チームとの相性なんですけどね・・

少なくとも、今の日本代表の中盤には、シンプルなつなぎとキープ力が必要です。
ジーコジャパンはそういうチームなんだから、仕方がない。


・・・・・・・


フォワードは、クサビのパスをあまりキープできないところに課題があった。
ゴールゲッターではないんだけど、チームにパワーをプラスする選手が欲しいところ。
昔の鈴木選手のような・・

巻選手が一番それに近いと思うんだけど、今回試されなくて残念!
スルーパスばかりだと攻撃が早くなりすぎてしまい、押上げが十分にできない。
クサビのパスと併用できると良いんですけどね。


・・・・・・・


はっ・・いつの間にか熱く語ってしまった。
なんだかんだいって期待しちゃいますよ。どうしても。

サッカーってやっぱ奥が深いですね~さよなら、さよなら。
[PR]
by lars.ff11 | 2006-03-02 01:03 | スポーツ