たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
FB3 WYオランダ戦 2005年6月11日
ついにワールドユースが開幕しました。日本の初戦の相手は開催国のオランダ。残念ながら2-1で負けてしまいましたが、可能性を感じさせる良い試合でした。

序盤は、一気呵成に攻撃を仕掛けてくるオランダに防戦一方の苦しい展開が続きました。オランダは優勝候補の名に恥じず、高いテクニックとフィジカルを駆使し、シンプルなサッカーを展開してきました。

特にLWGの7番キンシー・オウス・アベリーはすごかった。あの5人抜きドリブルは・・・!!アーセナルは、さすが良い選手を抱えています。

序盤から一方的な展開でしたが、日本はオランダに何もかもが劣っていたわけではありません。日本がオランダに対して明らかに劣っていた点は、筋力だけだと思います。それが大きな差となってしまうのは、この年代では仕方がないかな。

ディフェンスでは、腕力にかなりの差がありました。腕の差し合いであれだけ負けてしまうとボールキープは難しい。そうなると、無理をして止めようとするから、危険な位置でファウルも取られやすい・・

オフェンスでは、日本の選手がドリブル中にマイナスのセンタリングをあげるのに四苦八苦していたのに対し、オランダの選手は軽く脚を振っただけで糸を引くようなクロスが上がる。あんたら、ほんとに19歳!?ってくらい凄かった(´д`)

そのほかの、テクニックや戦術眼などは同等というか勝っている部分も多かったです。日本選手のしなやかなボールタッチは、ヨーロッパの選手にまねのできない味があります(´∀`)

選手では、やはり平山が目立っていました。前回WYではさほどインパクトはうけませんでしたが、今回は存在感が際立っていました。あのハイボールへの強さ、キープ時の懐の深さ、冷静なフィニッシュなど、やはり非凡なものがあります。平山がちょっと触るだけで、なんでもないロングボールがチャンスに変わる。そんなシーンがたくさんありました。

他にも、高いテクニックとパスセンスを持ち合わせた本田と水野、強い気持ちと粘り強さを見せた増島と中村など、楽しみな選手はいっぱいいます。負けたとはいえ、日本は良いチームでした。ぜひ予選突破していただき、一試合でも多く観戦したいものです^^



最後に苦言ですが、あの試合の実況はどうかと思います。

あっさり2点取られた場面は確かに絶望的でしたが、まだ試合は4分の1しか終わっていませんでした。それなのに予選突破には得失点差がどうとか、グループ3位でも決勝トーナメントにいける可能性があるとか・・予選の3試合目ならわかるが、初戦(しかも前半)で話す内容ではない。

WY世代は守備が総じて甘く、ぽろっと点が入ることもあります。それを期待しても良かったと思います。後半はオランダより日本のペースだったわけですから^^


WC予選、WY、コンフェデ・・6月はサッカーの月かも(´∀`)
(人気ブログランキング投票&ランキングに飛びます。よければクリックお願いします!)
[PR]
by lars.ff11 | 2005-06-11 18:52 | スポーツ