たるたる日和
larsff11.exblog.jp

FF11 タルタルLiutoの活動記録などなど。リンクフリーです。
リンク集
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
村上春樹RSS
from 村上春樹が気になりませんか?
The Bee Gees
from A Day In The L..
日本代表ニュースをサーチ
from 最新情報サーチくん
バーレーン
from つばさの日記
バーレーン ハンド
from bookカバー
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
[サッカー]日本vsカタール
こんにちは。

日本代表がW杯最終予選を無敗のまま突破しましたね。

そんな圧倒的に強いように見えないのに、ちゃんと結果を残す代表。実力では上位とはいえ、楽な仕事ではないだろうと思いつつ、確かにこれじゃ予選で盛り上がりようがないなとも思うのでした。だって、だれもが格下と思う相手との試合を心待ちにすることはないだろうし、その相手にもたついたりしたら、喜びよりも苛立ちが先にたつだろうし。一観客の視点からでしかありませんけど、難しいですよね、こういうのって。

先日行なわれたカタール戦は、凡戦としか言いようがない試合で、カタール代表関係者以外は脱力感の漂う試合とでも言いましょうか・・。予選突破を決めたのだから、新戦力の発掘・定着を狙って大きくメンバーを変えてくるかと思いきや、そうでもなかったのが大きかったかも。キリンカップ第一戦(vsチリ)のような布陣だったら、別の感想も出てきただろうに。

今の日本代表は、なかなかに面白いサッカーを見せてくれるし、W杯前の合宿を目いっぱい取ってクラブチームのように連携を高めることができれば、強豪ひしめく中でもダークホースとなることは十分可能なポテンシャルを持っていると思います。

ただ、「代えの効かない選手」が多い気がするんですよね。今の代表において、DFの中澤選手とMFの遠藤選手なんて、オンリーワンに近い存在に見えます。この2選手もベテランの域。怪我をする可能性だって低くないはずです。なのに、バックアップがそろっているようにも見えない。

このカタール戦では、その遠藤選手の存在がいかに大きいかをまざまざと見せ付けられた試合でした。遠藤選手はキープ力と展開力もさることながら、バランスをとりつつパスコースを増やす動きが絶妙なのはいうまでもなく。この試合では、パスコースを消されて個人技で打開を図るシーンがあまりにも多かったので、余計そう感じました。

あと、左サイドの長友選手も、いつの間にか代表になくてはならない選手になっていたんですね。彼の思い切りの良い飛び出しが、いかにチームに躍動感を与えていたか。SBにMFの選手を起用することが多いですが、なんで駒野選手をもっと起用しないんでしょう。チーム事情はわからないけど、もったいないような・・。
[PR]
by lars.ff11 | 2009-06-11 22:07 | スポーツ